春のスプリント王決定戦!!

事前の人気はレシステンシア。去年のスプリンターズステークス2着。そして暮れの香港スプリントでこれも2着。と、勝鞍こそなかったものの、スプリントG1を連続2着は実績として大きいですし、去年のこのレースでも2着でしたしね。
てか、桜花賞・NHKマイルカップと、貫禄のシルバーホルダーになってしまっていて、そろそろ阪神ジュベナイルフィリーズ以来のG1の2勝目をみんな期待していたんじゃないでしょうか。

2番人気はメイケイエール。気性難で勝ち負け以前にまずちゃんとレースを走るかどうかが問われるレースを続けていた彼女ですが、厩舎の努力と池添騎手というやんちゃな馬を扱わせたらピカイチというこれ以上ないパートナーを得て、前走シルクロードSで覚醒。ちゃんと走ればちゃんと強いという所を見せつけてくれたお陰の2番人気だったのでしょう。
決して人気だけが先走ってのこの位置ではなかったはず。

そして3番人気は21年クラシック世代でハナを切ってG1朝日杯を勝ちながら、その後マイル路線に進み善戦しながらも勝ち星をあげられなかったものの、前走阪神カップでほぼ一年ぶりに勝利を遂げたグレナディアガーズ。資質なら並み居る綺羅星のごとき同期生たちにも負けない逸材だっただけに、復活の勝利は再び彼に脚光を浴びさせるに十分だったでしょう。
いやでも、マイルじゃなくてスプリント路線まで短くしてくる?

これは四番人気のサリオスも同様で……いや、前から思っているのですけれど、気性の問題でスプリント戦へと舵を切ったエールちゃん、個人的にはスピードやスタミナの適性からすると、むしろマイル以上伸びた方が合ってるんじゃないのかな、とも思ってるんですよね。
と、個人的に、あれ? 1200の方に行くの? と、思う馬たちが上位にいたのも確か。

グレナディアガーズはどうなんだろう。フランケル産駒でスプリント行った馬は知らないけどなあ。お母ちゃんがスプリント戦線でG1取ってる馬なのか。そう考えると、適性はあっても不思議はないのか。実際1400は完勝してるわけですしね。
でも、サリオスはさすがに短いでしょう。マイルどころか中距離の方がいいんじゃないの?

ともあれ、オーシャンSやシルクロードS、阪急杯などなど各短距離路線から現スプリント戦線の猛者たちが集まった高松宮記念。
前日の雨もあって、馬場状況はあまり良くなかったようで。
むしろ、内側の方から乾いてきていたの? だいたい馬場が荒れると、内側からダメになっていくものなんですが、中京競馬場ちょっと不思議な馬場してますよね。
レース後のコメントを見ても、外側の馬場は相当ダメだったらしく、何人もの騎手が今回は外だめ、と言及しているのが印象的でした。

レースはいつも前目に位置取りするけれど、逃げた事はなかったはずのレシステンシアが勇躍トップに躍り出て突っ走る。これは、内側の良い馬場を通りたかったという意図なんだろうか。
それにしても、レシステンシアが無茶苦茶ハイペースで走ったために、とんでもない消耗戦になった模様。これ、息入れるタイミングなかったんじゃないだろうか。実際、見てても最初から最後まで前場全力疾走、という感じで馬場が稍重どころか重馬場判定だったかなりの荒れ馬場だった事を考えると、とてつもない過酷なレースだったんじゃないでしょうか。いや、お疲れ様でした。

さすがにこれは、レシステンシアもバテますわ。脚色一杯、いやむしろゴール前まで粘ってたあたりにこの馬の強さを感じます。それで6着。
勝ったのは後方内側でひっそりと脚をためて、最後に爆発させたナランフレグ。丸田騎手が、人馬に厩舎に牧場に馬主に至るまでみんなG1初戴冠というおめでとうな大勝利!
丸田くん、若手若手と思ってたらもういい加減中堅もいいところになってましたもんねえ。男泣きの大歓喜の丸田騎手には拍手拍手でありました。
てか、ナランフレグが8番人気というのはさすがに過小評価ですよ。去年の暮れからの充実っぷりは目を引くものがありましたし、単勝人気はともかく連ではかなり買われてたんじゃないんですか?
シルクロード、オーシャンの走りっぷりを見てたら、全然フロックではないですよ。実力は間違いなくある馬でした。それでも、今回は内の良い馬場を鋭く突いた騎乗が光ったんじゃないでしょうか。
2着はロータスランド。この馬も近走で重賞二勝してるんだから、弱い馬じゃありませんよ。
でも、3着のキルロード。こいつはさすがに予想外。ブービー人気の単勝225.8の穴馬が、まさかあわやというところまで頑張ったんだから、これはお見事というほかなく。普段はG1どころか重賞に乗ることも稀な菊沢騎手、でも惜しかったなあ。あそこまで接戦になったのなら惜しいと思っちゃいますよね。

4着はトゥラヴェスーラ。この馬も久々の阪急杯で2着に入り、いい感じで来ていたのですけれど、道中で鼻出血していたらしく、これなかったらワンチャンあったかも?

そして5着が大外からまくりあげてきたメイケイエールが、レシステンシアを躱して掲示板になんとか乗った。外の馬場、全然ダメで外側走っていた馬が軒並み伸びなかった中で、一頭だけ猛追してきたのは、これかなり強い競馬したと言えるんじゃないだろうか。枠番17番で外々回らなきゃいけなかったのもハンデ大きかったですしねえ。
折り合いもちゃんとついていたみたいで、マジでコントロール効く大人になってきたんだなあ。今回は残念でしたけれど、まだまだこれから期待できそうな内容でありました。
これだけ折り合いついているなら、もっかいマイル路線いかないものかしら。