とかく今回は2強対決が謳われる2022年【天皇賞(春)】
普段行われる京都競馬場が、現在改装中のために去年に引き続き阪神競馬場開催となっている特殊仕様。
阪神のレースの中でも1周目外回り、2周目内回りと入れ替わるのはこの3200のレースだけで、普段の阪神開催では3200って行われないんですよね。なのでレース傾向に関しては本当にわからない。それこそ、去年の阪神開催の天皇賞・春と、あとどこかで一回特別競走あたりで走ったかな、くらいしか実績がないんですよね。
それだけ未知のレースと言っていいでしょう。

そんな中でずば抜けた戦績で人気を掻っ攫っているのが、去年の天皇賞春の2着にして有馬記念もクロノジェネシスを抜いての2着、阪神大賞典を二年連続制覇しているディープボンドと、変幻自在の逃げで去年の菊花賞を奪取し、古馬になった今年も阪神開催の日経賞で万全でないにも関わらず勝利を収めたタイトルホルダー。この2頭が中心となると見られています。
まあ今回は他の参戦馬にG1馬が存在していない、という手薄さもあるんですけどね。というか、ディープボンドですらもまだG1馬じゃないですし。
だからこそ、ディープボンドもここで1つ目のタイトルを、と意気込んでいるわけですけれど。
実際、去年の二着時とくらべても馬の充実度が全然違うんですよね。去年の秋に海外遠征して帰ってきてから、本格化したんじゃないかってくらいに雰囲気も出てきて、もはやG1いくつも取ってるんじゃないかと思ってしまうくらうの風格を漂わせるようになっています。
だからこそ、菊花賞馬であるタイトルホルダーではなく、プボくんことディープボンドの方こそが受けて立つチャンピオンであり、古馬になったばかりのタイトルホルダーが若駒代表最強世代の名にかけて挑戦する、みたいな構図になってってるんですよねえ。

今回はディープボンドの和田竜二騎手が、ミッキーロケット以来の久々のG1タイトルを奪取するか、或いは横山兄弟の兄である横山和生騎手が弟に続いてG1を初めて勝つか、という騎手側から見ても非常に興味深いレースとなっております。

とはいえ、こういう二強対決なんて言われている時こそ伏兵が飛び込んでくることも多いわけで……いや嘘です、3強対決なんかと比べると結構2頭で決まったりする事は多いんですけれど。
でもまあ油断は出来ません。今回は2頭とも図抜けていると言っても、戦績においてはまだまだ未成熟であることですし、何よりブポくんもタイトルホルダーも大外枠16番、18番に入ってしまったわけですしね。
まあ、去年のコース解説で福永ジョッキーはそこまで外枠不利ってわけじゃないかもしれない、と言ってはりましたけれど。スタートから外回りコースに入るのでコーナーまで直線はそこそこありますしね。ただ二頭とも前に行きたい馬だけに有利ではないのは確かなのですけれど。
ともあれ、不安要素は幾つもあります。
とはいえ、他の馬が一枚落ちるというのも確かでありまして。
3番手評価であるテーオーロイヤルはタイトルホルダーと同じ強い世代であり、4連勝で前走ダイヤモンドSという長距離重賞を制してきた馬であり、阪神での戦績も長いところで3勝している事から実績も十分。なのですが、何しろ重賞を勝ったのが前走はじめて。それより前は1勝クラスから駆け上がっってきた馬ですしね。勢いはあるのですが、軽い斤量で走っていたのもありまして、前まで54キロ背負っていたのが、今回いきなり58キロですからね。いきなり4キロ増で3200を走るというのは結構負担でありましょう。
長距離レースは騎手の腕も問われるところで、鞍上がそもそもG1レースに乗る事も滅多にない菱田くんというのも不安要素。まあここでG1騎手になりたいですよね。

んで他の馬たちに至っては近年ではG2、G3で連対まではしているものの、重賞勝ってもいない面々でなかなかつらいところ。いつも見るメンツではあるんですけどねえ。勝ち負けまでになると、さてどうだろう。
騎手側から見ても、ルメールは今回が初G1どころか初重賞参戦というハーツイストワールで流石に分が悪いですし。
天皇賞・春を勝ちまくってる春天マスターである武豊も、今回乗るのはハヤヤッコ。前走日経賞で掲示板には載ったものの、近年ずっとダートを主戦場としていた馬ですからさてどうなのか。
川田はこのレースこれまであんまり良いところなく、実績残せていないんですよね。

姉弟対決となるタイトルホルダーの姉にして、OP馬としては最軽量体重になるのかな。小っちゃなお姉ちゃんことメロディーレーンもさすがにG1では勝ち味は薄いでしょう。
ここは二強に逆らい難い、という話になっているのもわからなくはないんですよね。
さて、この二強対決に割って入る馬が果たしているのか。ブポくんがついにG1タイトルを取るのか、それとも横山兄が初G1を制覇して、タイトルホルダーを兄弟にG1を獲らせた馬にするのか。
明日のレース、楽しみです。