前回の記事です。

世間はゴールデンウィークの真っ最中からはじまるこの5月。自分? 連休とかそんなの……ふふ、なにそれ美味しいの?(涙
休みある人はガンガン本を読みましょう。自分もなるべく読む、頑張る。

以下に今月上半期の新刊から、注目作品をピックアップします。





【英雄と賢者の転生婚 1〜かつての好敵手と婚約して最強夫婦になりました〜】 藤木わしろ(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W DMM
物理最強×魔法最強による夫婦無双ファンタジー!!

物理最強の青年英雄レイドと魔法最強の美少女賢者エルリア。
敵対国の好敵手として戦い続けた二人だったが、エルリアの突然の死によりその関係は幕を閉じた……そして、千年後。 魔法至上世界で魔法は使えないが前世の物理最強能力を保持して転生したレイドは、同じく転生していたエルリアと再会し――

「ねぇ、レイド――わたしと結婚して欲しい」「…………は?」

千年の時を超えて無自覚イチャイチャ最強夫婦となった二人は、どちらが強いか決着をつけるべく王立魔法学院へ通うことに!?
前世でライバルだった二人が生まれ変わって再会した時、敵同士であったが故に告げられなかった想いをこの新しい時代で遂げる、というシチュエーションはよくある悲劇とちょうど真逆のハッピーエンド、いやエンドじゃなくてこれからはじまるんだけれど、こういうドラマティックなラブストーリーはいいですなあ。ってか、本気でイチャイチャしすぎじゃないですかね、この二人?



【田中家、転生する。4】 猪口(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W DMM
お米……ではなく皇国のため、 魔物だらけの地へ 楽しい(?)家族旅行!

帰還したメルサよりもたらされた皇国を襲う危機――魔物オワタの侵食。
後1年で滅びる和食……ではなく皇国を救うため、夏休み中に皇国へ家族旅行に出発!
全てのオワタを伐採しようと、魔物だらけの繁殖地へ乗り込む一家。
秘密兵器は猫と虫。
一国が諦めた大災害も、一家にかかればお気軽キャンプに大変身!? 転生一家の異世界奮闘記、第四弾!
一家揃って異世界に転生してしまった田中家の異世界ライフ第四巻。何気にちょっと気を抜くと魔物災害によって国が滅びてしまいそうな危ういハードな世界観なのだけれど、辺境伯家に揃って生まれ変わってしまった元田中家の面々のバイタリティ溢れた能天気さが、ダークもハードも吹き飛ばしてしまうこの勢い、全然衰えないまま実に楽しい。



【百花宮のお掃除係 6 転生した新米宮女、後宮のお悩み解決します。】 黒辺 あゆみ(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W DMM
正月に向け忙しく働いていた雨妹は、踊り子や楽師などの宮妓が生活する教坊区画の掃除と調査依頼を受ける。最近その区画に急に人が寄りつかなくなってしまった原因を探ってほしいと言われては、野次馬根性と好奇心が隠せない! さっそく探偵気分で乗り込んだものの、後宮を大混乱させる激ヤバな品を発見!? さらに、その危険物を持ち込んだと自首したのは、雨妹が知り合ったばかりの、悲しそうな目をした琵琶師で……。名探偵・雨妹、天才琵琶師を救えるか!?
いつ名探偵になったんだ、この娘w
この雨妹もいわゆる転生エンジョイ勢で、ひたすらこの後宮での生活を思う存分楽しみまくり、堪能しまくっているのだが、彼女の好奇心と野次馬根性は意外と物事を好転させ、その明るさは悪い方へと転がりそうだった人の暗黒面をもひっくり返してくれるので、物語自体が明るいんですなあ。
今回も、誰かの運命を明るい方へと変えてくれるのでしょうか。


【わたし、二番目の彼女でいいから。3】 西 条陽(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W DMM
桐島くんを二人で共有しよ? 加速する歪な三角関係が堕ちる先は……。

「ねえ、私たちで桐島くんを共有するの、ダメかな……?」

俺は今、橘さんと付き合いながら、早坂さんとも付き合っている。
共有のルール。それは互いに抜け駆けしないこと。「一番目」になれない方が傷つくなら、それは優しい関係とすら言えるだろう。
たとえそれが、歪で、甘美な延命措置に過ぎないとしても。

だけど……。

二番目でよかったはずなのに。
それでも一番目になりたくて。

互いにエスカレートする好意と行為。
その果てに、俺らの関係はやがて軋みを上げ始め……。

もがいて、すがりついて、大事だった何かを摩耗させながら。

どこまでも深みに堕ちていく。
インモラル系ラブストーリーの作品の中でも、今一番泥沼で粘土の高い感情が火花を散らす三角関係修羅場ものが、この本作。
二番目でいいから、と言いながら決して二番目では我慢できない。理性と正気を止めることの出来ない愛で削っていくじわりじわりとした狂気が色んな意味でたまりません。


【学園の聖女が俺の隣で黒魔術をしています】 和泉弐式(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W DMM
青春に必要なのは、呪いなのかもしれない……!

なにが青春だ。どいつもこいつも、恋だの部活だの遊びだの、楽しそうにしやがって。
俺には友達もいない。恋人もいない。部活にだって入ってない。青春なんて無縁だ。
だけど、それのなにが悪いんだ!?
そんなくだらないものをありがたがっている奴らも、俺を見下すような奴らも、全員くそだっ。

そう思っていた。彼女に出会うまでは。

誰もいない昇降口。壊れた下駄箱。汚れた階段。床が抜けそうな木張りの廊下。
そんな古びた旧校舎の三階の一番奥に、秘密の部屋があった。
黒い三角帽子とローブを身に着けた冥先輩は、床に魔方陣を描き、黒魔術で人を呪うことに余念がない。耳にかかる艷やかな髪をかきあげ、海のように澄んだ大きな瞳で、はにかみながら彼女は俺に言う。
「呪っちゃうからね」
空が青く澄みわたり、桜舞う春。
入学したばかりの高校で出会った彼女の笑顔を、大人になった今も俺は忘れられない。

聖女と崇められる先輩と出会ったことで、かけがえのない青春を送ることになる、ある高校生の物語――。
【VS!!】や【セブンサーガ】など、読み応えある良作を送り出していた和泉弐式さんの最新作。この人も考えてみればベテランの領域に入ってるんだなあ。そんなに作品数は数が出していないのですけれど、最近はメディアワークス文庫の方で書いてたんですよね。それが久々に電撃文庫に戻っての青春モノ。期待してしまいます。