ああ、この間4月9日の阪神牝馬ステークスで入場のときに、壁蹴っちゃってそれで怪我しちゃったんですよね。かなり痛そうで、地面に脚付きたくないみたいな感じになってたからこりゃアカンと思ってましたけれど、引退まで行っちゃったか。
ディープインパクトと三冠牝馬アパパネの娘ということで大きく注目され、またその血統に見合うだけの実績を秋華賞を取ることで見せてくれた良い馬でしたが、まだ勝てるもっと勝てると思わせてくれる強い馬だっただけに残念です。
今週のヴィクトリアマイルに参加してたら、もっと盛り上がってたのになあ。
とはいえ、牝馬なんでね、繁殖で頑張ってほしいものですが。
アパパネはキングカメハメハの娘ですから、ディープとキンカメが血統に入ってるんですよね。なに付けるんだろう。


ウマ娘、最近新キャラクターの発表が多くて幸せです。一時期は全然新規参入がなくて閉塞感出てたもんなあ。
とはいえ、アプリの方は時間がなくてもう全然プレイ出来ていないのですけれど、それでも新キャラが発表となるとテンションあがりますわ。
タニノギムレットとシンボリクリスエスが発表になった時は飛び上がりましたしね。
史実では親子関係にあるウマ娘は少なくないですけれど、ギムレットとウオッカくらい見た目寄せてきたのは初めてなんじゃないでしょうか。親子というイメージも強く前に出してる感じですし。
ルドルフとテイオーもわりと似せてはいますけれど、ここまでじゃなかったもんなあ。

コパノリッキー、実際の競走馬としてはそりゃもうJpn1含めてG1を11勝と勝ちまくった馬ですけれど、実際に走る馬を見てた時はそこまで強い印象はなかったんですよね。
フェブラリーステークス連覇など実績十分にも関わらず、当時そこまで強く見えなかったのはそれだけ負ける時は見せ場なく負けていたからでしょう。負ける時は掲示板外すどころか一桁着順も満たせない場合も珍しくなかったですからね。
だから、単勝人気も安定して一番人気ばかりとはならなかったはず。そのわりに忘れた頃に勝つんだから色んな意味でたまりませんでしたw