前回の今月前半の新刊オススメ記事はこちら。



 【わたしはあなたの涙になりたい】 四季大雅(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W
全身が塩に変わって崩れていく奇病「塩化病」。その病で母親を亡くした少年・三枝八雲は、小学校の音楽室でひとりの少女と出会った。

美しく天才的なピアノ奏者であるその少女の名は、五十嵐揺月。鍵盤に触れる繊細なその指でいじめっ子の鼻を掴みひねり上げ、母親の過剰な期待に応えるべく人知れず努力する。さまざまな揺月の姿を誰よりも近いところから見ていた八雲は、我知らず彼女に心惹かれていく。

小学校を卒業し、ますます美しく魅力的に成長した揺月は、人々の崇拝と恋慕の対象となっていった。高校に進学する頃、すでにプロのピアニストとして活躍していた揺月はイタリアへと留学してしまう。世界を舞台にする揺月と、何者でもない自分との間にある圧倒的な差を痛感した八雲は、やがて小説を書き始める。

揺月との再会はある日唐突に訪れた――その再会が、自分の運命を大きく変えるものになることをその時の彼は知る由もなかった。

これは、涙で始まり、涙で終わる物語。

第16回小学館ライトノベル大賞にて、最高賞である大賞を受賞。
ゲスト審査員を務めたアニメ監督・磯光雄氏は、「審査なんかとんでもない。美しい物語をありがとう」と、本作へ最大級の賛辞を送った。
ガガガ文庫の新人賞である小学館ライトノベル大賞の大賞受賞作品。もうライトノベル通り越して一般文芸のジャンルなんじゃないのか、と思えるほどすでに雰囲気を感じているわけですが。メディアワークス文庫とかで、こういうタイトルとか空気感の作品よく見るんですよね。
ともあれ、大賞受賞作品です。一見はまずもってしておきたい。


【衛くんと愛が重たい少女たち】 鶴城 東(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W
小さくて、細くて、色が白くて、気が弱くて…本当はもっと男っぽくなりたい僕・森崎衛。日曜の朝は必ず、姉の凛に女装させられて写真を撮られて「可愛い。愛してる」とか言われてSNSに投稿させられる。つらい。僕が想いを伝えられないうちに彼氏を作ってしまった幼馴染の瑞希。なのになぜか思わせぶりな目つきで僕に身体を寄せてくる。つらい。そんな僕の前に、従妹の京子がアイドルの仕事を突然やめて東京から帰ってきた。「つきあおう」って…何言い出すの??何のつもり??

人生がつらすぎる衛くんは、愛が重たすぎる少女たちに包囲されている!そして、その包囲網はものすごい速さで狭くなりつつある!!これは、愛が重たい少女たちによる仁義なき恋の戦いの物語。
ヤンデレと愛が重たいのはまた別物です、多分……きっと。
【クラスメイトが使い魔になりまして】の作者さんの2つ目となる新シリーズ。いや、考えてみたら前作のヒロインたちもあれ相当に重たい女ばっかりだったぞw
そういう意味でも直球で重たさをテーマにしたラブコメはいろんな所にえぐり込んできそうで面白そう。


【異世界サ活 ~サウナでととのったらダンジョンだ!~】 持崎湯葉(ダッシュエックス文庫)

Amazon Kindle
自宅にサウナを置くほどのサウナ好き・高虎。しかし、好き故にサウナ内で指示厨『ロジハラサウナー』に変貌する奇人であった。
そんなある日、女騎士のベルが突如として高虎の自宅サウナ内に現れる。高虎が驚いて外に出ると、そこは異世界。
なんとサウナごと転移していた様子。
ベルは暑い中で我慢するだけの謎文化『サウナ』に戸惑うが、高虎のロジハラにより、サウナで『尽くしマゾ』の本質が刺激され、身も心もサウナの虜になってしまった。
さらに魔石をサウナストーンにして『ととのう』ことで、特殊能力が発現! ダンジョン攻略をすることになり!?
ロジハラサウナー男と尽くしマゾ女騎士たちがおりなす、サウナファンタジーコメディ開幕!!
こちらは前作【パパ活JKの弱みを握ったので、犬の散歩をお願いしてみた。】で私の腹筋を崩壊させてくれやがった作者さんのまた新しいシリーズがようやく来ましたよw
この人の描くヒロインのあの濃ゆくぶっ飛んだキャラクターはほんと面白いので、楽しみなんですよねえ。「尽くしマゾ」女騎士ってなんだよ、その属性。そして今流行りっている……のか? なんかちょっと前からなんで今がピークなのかすでにピーク通り越し始めてるのか微妙なところだと思うのだけれど、サウナがライトノベル界隈にも入り込んできましたよ。


【TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す 6 〜ヘンダーソン氏の福音を〜】 Schuld(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W
門出の先に、理不尽な試練(クソシナリオ)が待ち受ける!?

栄達させられたアグリッピナに巻き込まれ、側仕えとして激務の日々を送っていたデータマンチ転生者エーリヒ。
数々の修羅場を乗り越えた彼は、ついに丁稚の立場から解放されることに!
エリザやミカ、ツェツィーリア達としばしの別れを惜しみながら、エーリヒは冒険者となるべく帝都を旅立つのだった。
ひとまず故郷を目指す中、ひょんなことから知り合った馬肢人の少女ディードリヒ。
高い戦闘能力を持ちながらも戦士としての心構えが未熟な彼女をもったいなく思ったエーリヒは、しばらく彼女と同道することを決めるが……?
ヘンダーソンスケール行方不明のデータマンチ冒険譚、ドタバタ珍道中な第6幕!
もはやウェブ版連載からの大幅加筆という体裁すら取らなくなって、ほぼほぼ書き下ろしだという話の新作である。だいたい表紙を飾る馬娘さんはどちらさんだよ!? 前巻のムカデ娘さんも知らぬ存ぜぬのウェブ版未登場新キャラでしたけれど、今回も引き続き完全新キャラじゃないですかー。
そして、相変わらず人外ばっかり表紙を飾るシリーズである。純人間種が飾ったことないんじゃないの? そもそも、登場キャラクターに純粋な人間のヒロインとか居ません、と言われると、あ、はいとしか言いようがないのですが。


【八城くんのおひとり様講座 After】 どぜう丸(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W
ぼっちとリア充、それぞれが旅する秋の鎌倉

「なあ八城。寅野さんと一緒に俺たちの班に入らないか?」
校外学習で古都鎌倉に行くことになった俺・八城重明は、リア充のリーダー格である羽鳥くんからそんな提案を受けた。
現地では別行動で良いという彼の言葉に甘え、俺とヌエこと寅野つぐみさんはリア充グループと一緒に鎌倉へと向かう。
鎌倉にてガールフレンドであるヌエとの時間、そしてひとりの時間を満喫する俺。
一方で“ぼっち術”を覚えたリア充グループのメンバーもそれぞれの思惑で行動しており、俺とヌエもいつの間にか巻き込まれて……!?
ぼっちの達人とリア充たちが紡ぐ最先端の青春ラブコメ、アフターストーリー登場!
これねー、ある意味前巻の第一巻って表紙絵詐欺だったですよねえ。なので、これが言わば真ですか?
敢えて2巻と巻数打たずに「After」と銘打っているのは続きはこれでおしまいという意味なのか。続けるの難しそうなお話だっただけに、納得ではあるのだけど。それに、しっかりと八城くんの恋愛模様を見たかったというのもあるのでありがたいのは間違いなく。一巻では見事に迷彩掛けられてたからなあ。


【手札が多めのビクトリア 1】 守雨(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W
凄腕元工作員、夢に見た「普通(しあわせ)」な人生を楽しみます!

各国で工作員が暗躍する時代、とある国――ハグル王国の工作員クロエは、類まれなる変装技術と体術で、難しい任務さえも次々と完遂する日々を送っていた。
しかし、上司の裏切りをきっかけに彼女は組織から忽然と姿を消してしまう。なぜならクロエは、隣国アシュベリー王国の一般市民ビクトリアとして、夢に見ていた「普通(しあわせ)」な人生をやり直す計画を立てていたのだ。
そんなビクトリアはセカンドライフ初日にとある少女を保護したことで、想定外だが幸せなスタートを切り、多くの人々と関わっていく。
新天地で彼女は歴史学者の助手・語学の先生・凶悪犯の脱獄補助と、工作員時代に培った経験と才能を活かして大活躍!!
一方でビクトリアの強さに興味を持つ第二王子や組織の追っ手など、手札が多い彼女に対して迫る影も多く――!?
アクションと心あたたまるビクトリアの人生修復物語、ここに開幕!!
これちょっとだけ試し読みを読んでみたんですけれど、思ってたのと違ってビクトリアさん……結構大人の女性だぞ!?
いやてっきりまだ10代の女学生で逃亡先の新たな人生でも学生やるのかな、くらいに思っていたのですが、ガッツリと20代後半の女性でした。なので、いわゆる「普通(幸せ)」な人生というのも少女のそれじゃなくて、自立した大人の女性としてのソレなんですよね。これは面白そう。