【異世界サ活 ~サウナでととのったらダンジョンだ!~】 持崎 湯葉/かれい ダッシュエックス文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
自宅にサウナを置くほどのサウナ好き・高虎。しかし、好き故にサウナ内で指示厨『ロジハラサウナー』に変貌する奇人であった。
そんなある日、女騎士のベルが突如として高虎の自宅サウナ内に現れる。高虎が驚いて外に出ると、そこは異世界。
なんとサウナごと転移していた様子。
ベルは暑い中で我慢するだけの謎文化『サウナ』に戸惑うが、高虎のロジハラにより、サウナで『尽くしマゾ』の本質が刺激され、身も心もサウナの虜になってしまった。
さらに魔石をサウナストーンにして『ととのう』ことで、特殊能力が発現! ダンジョン攻略をすることになり!?
ロジハラサウナー男と尽くしマゾ女騎士たちがおりなす、サウナファンタジーコメディ開幕!!


尽くしマゾというマゾヒズムの新境地の開拓に戦慄する。
いや、説明されたけどよくわからないよ! 自分に与えられる被虐による快感だけではなく、相手が加虐を与える事で快楽を得ている事に対して奉仕や尽くす感覚を得ることで更に快楽がいや増す、というのが尽くしマゾと呼ばれるアレらしいが、これ与えられる加虐の内容によっては結構えげつないことになりそうなので、この尽くしマゾエルフの新しい扉が開かれたのが、高虎に対してだったのは幸いだったのかもしれない。
サウナに入ると、理性が吹っ飛んで無闇矢鱈にサウナに関して指示しまくる指示厨。しかも、徹底して追い込んで追い込んで我慢の限界ギリギリを突破させようとするやばい人なのだが、少なくともサウナで我慢させる、という方向でしか責めてこないからなあ。
ただ、この二人が噛み合ってしまいサウナの中で繰り広げられる光景は、もう物凄いの一言しか出て来ないくらいやべえのだが。なんか書いてる時に作者の人脳汁ドパドパ出てたんじゃないか、というくら文章からもトリップしているのがにじみ出てくるかのようなアレなSMシーンだったんだが。
SMプレイしてる自覚がまったくない高虎はともかくとして、エルフのベルの方は完全にプレイの自覚ありますよねw
それだけ深い深淵の快楽を得た先に、さらに体を冷やして外気浴をすることで「ととのう」という究極点へと至るのだから、そりゃベルさんハマりますわー。ベルの場合だけ最初から最後まで快楽しかないじゃないw

この異世界でサウナをするというのが意外とよく考えられていて、魔石と呼ばれる異世界側ではいまいち使い勝手が悪くて持て余されているダンジョンからの発掘物をサウナストーンとして使うことで、魔石の種類ごとに効果の違うバフ(石の種類によってはデバフ)がかかるんですね。
その得られた強化を使って、ダンジョン攻略していこうという話になってます。
けっこう、面倒くさい気もするし、ととのった後ってなんか浸っている状態だからそこからダンジョンに挑むぜー、という気分にならないんじゃない、というのは当人たちも言ってますけれど。
とはいえ、面倒という事はこの人たちに関しては絶対ないんですよね。なんだったら、ダンジョン攻略よりもサウナの方がメインというくらいハマっちゃってるもんなあ。
いや、元の世界にいる半身不随の妹を治すために賢者の石を手に入れようとしている高虎をはじめ、ベルをはじめとしてパーティーメンバーはダンジョン攻略に関して他の金儲け目当ての連中よりもはるかに強い目的意識と覚悟を胸に宿して戦っている……はずなんだが、わりとけっこうその強い目的忘れてるだろ!? 新しいサウナストーン手に入れてサウナするのが主目的にすり替わってるときがわりとあるだろう!?
四人メンバーのうち、3人は変態と奇人なので、残る割合的に常識人なエウフェリアがかなり可哀そうなポディションなんだが、自分から選んで入っちゃったからなあ。入っちゃってから、本気でやべえパーティーに入っちゃった、と青くなってたけど、まあ仕方ない仕方ない。
それに高虎はサウナに入ってる時だけは狂人と化してますけれど、ソレ以外のときは非常によく気が回って気遣い上手。仕事も出来るし体も鍛えていて頭の回転も早い、という頼りがいあるタイプなんですよね。
唯一の欠点である、サウナに入ると狂人と化す、というのも責められると絶頂するベルという凹凸ピッタリハマっちゃうほどの相性の良い相手と出会っちゃったので、喜ぶ相手がいるならもうそれは欠点じゃないでしょうし。
この巻のラストバトルは、絵面だけ見ると凄く間抜けというか、一瞬でも気を抜けば瞬殺されそうな強敵相手に、場面の端っこの方で一瞬どころじゃない気の抜きっぷりをして安らいでる人らがいる絵面とか、思い描くだけで面白いんですけどw
強烈な個性を持つキャラクターたちに、底抜けのコメディさせるとちょっとどころじゃないとびっきりの愉快な笑いを提供してくれることに関しては、作者の持崎湯葉さんは前作含めて大きな信頼を寄せているのですけれど、期待している以上になかなかイっちゃってるキャラクター揃いで、あっちこっちで吹き出し、笑い、のオンパレードの楽しいギャグコメディでした。このテンポの良さは、ほんと素晴らしいなあ。
これ一回だけでは勿体ないですので、一発ネタで終わらずに是非に続いてほしいものです。
サウナって経験ないんですけど、最近ほんとあちこちで話題にあがってるなあ。