【最低ランクの冒険者、勇者少女を育てる 1 〜俺って数合わせのおっさんじゃなかったか?〜】  農民ヤズー/桑島黎音 HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
ただの数合わせだったおっさんが実は最強!!
隠れた英雄が真の勇者を育てる最強育成ファンタジー!!

異世界と繋がりダンジョンが生まれた地球。 30歳を越えても最低ランクの冴えない冒険者・伊上浩介は、勇者候補の少女・瑞樹の女子高生チームに数合わせとして加わることに。
すると、彼女たちの予想に反し、積み上げた経験による伊上の無双ぶりが瑞樹たちを驚愕させる事態に!! 実は伊上こそ、どんな最凶最悪のダンジョンからも生還し続けてきた『伝説の冒険者』だった!! 伊上はその実力を認めた瑞樹たちに頼み込まれ、教官として冒険者の戦い方を教えることになって――

「お前らが死なないように、できる限りのことを教えてやるさ」

生存特化の冒険者が才能S級女子高生を育てる最強勇者育成譚!!


表紙の見た目だと普通に異世界モノのように見えたのだけれど、これ現代の地球を舞台にした話だったのか。
地球上にダンジョンが発生するようになってしまった世界。それと同時に人類の中に生まれだした覚醒者たちには、ダンジョン攻略へと従事が義務付けられるようになる。
先天的に覚醒する子もそれはそれで大変だけれど、大人になってから後天的に覚醒して、ダンジョン攻略行けと言われるのもこれ大変だわなあ。
一応、大人でも促成とはいえ一年間学校叩き込んで最低限の教育受けられるのはまだマシかもしれないけれど。それだけまだ社会に余裕があるって事なんだろう。本気で余裕なくなると、半年、三ヶ月、一ヶ月、三週間と促成教習は泥縄的にぞんざいになっていくからなあ。
年季明けで30超えるとなると、社会復帰も大変なんてものじゃないだろう。幸いにして、冒険者やっていれば最低ランクでもそこそこちゃんと稼げるって所だろうか。食うや食わずのその日暮らし、になっていないあたり、何気にこのダンジョン攻略事業の社会体制はそれなりにしっかり整えられているのかもしれない。実際福利厚生はかなり手厚いみたいだし。
年季明けのおっさんたちが、未練も残さず終わった終わったと冒険者を引退するのは、年季明け後の再就職がちゃんと見込まれているからだろう。これがないと、冒険者やめても食っていけなくて結局冒険者稼業続けていきたい、となる人が無視できない数になってくるだろうしなあ。

しかし、主人公の伊上浩介は年齢35歳。5年のダンジョン攻略が義務付けられているそうなので、ほぼ三十路の頃からこの稼業を、まあ同年代のおっさんたちとやってきたみたいだけど……30までは会社員やってたということなの? ……会社員って、ヤクザのフロント企業とかアングラ系の芸能事務所とかじゃないでしょうね。というのも、やたらと態度悪いんですよ。初対面の一回りも歳下の女子高生たちに対して、ひねたガキみたいな態度なんですよね。いや、良い歳した大人がとるような態度じゃないだろう、と。相手の女の子瑞樹は頼み事をしてきた側とはいえしっかり礼をつくしているのに。
全然大人というかおっさんにも見えないチンピラみたいな、半グレがそのまま芸能事務所のえらいさんに収まって所属タレント相手にしてるみたいなスレた喋り方で、気心の知れた仲間内ならそういう遠慮のない失礼とか考えない喋りはいいかもしれないけど、初対面の相手に臆面もなくそういう態度取っちゃうのってダサいなあ、と思うばかりで。
どうも、これが素みたいで別に彼女たちにキツく当たっているという訳でもないみたいなのが、むしろちょっとねえ、という感じで。無愛想って言っても、もうちょっとものの言い方ってものがあるでしょうし、ほんと社会人だったんだろうか。
まあ印象はよくありませんでしたね。

とはいえ、その実力の方はベテランに見合うだけの経験値の蓄積を抱え持つ勝つよりも生き残る事に活路を見出したクレバーな人材なわけでして。
才能は溢れんばかりで努力も出来る誠実さもある、でも経験不足で知識ばかり詰め込まれてダンジョン探索には素人な女子高生たちには、値千金の実地の経験を与えてくれる教師役としては最高の人物でもありました。
どんな相手からも生き残るために、手段は選ばない……というよりも小細工だの卑怯だのと言われてますけれど、丁寧に慎重に準備を欠かさずと奇抜さじゃなくて地道で地味な作業や考え方の繰り返し、というあたりが堅実で頼もしくもありました。気心さえ知れたら、面倒見も悪くないし付き合いづらい相手でもないというのはわかるんでしょうけれど……それでもそこまでなかなか行かんでしょう、これ。
チームで一人特級とランクが抜け出ている瑞樹を引き抜こうとしてくる同じ学校のお嬢様も、あんな家の権力振りかざして脅しかけてくるような見識の持ち主のわりに、あっさり心いれかえるのはいやそんな簡単に心入れ替わらんやろう、と思っちゃいますけど。あれを脅してるだけで本当に実行するつもりはなかった、とか思ってる時点で対して反省してなさそうにも見えてしまうんだけど、それで良しとされちゃうんだろうか。ちょっと人としての振る舞いに疑問を感じてしまうキャラクターが多いな、とは思いましたねえ。