中京競馬場 芝1200メートル

いやあ……メイケイエール強かった。今まで才能だけで走っていた感のあるエールだけど(それでも重賞5勝してるんだからとんでもないんだが)、折り合って噛み合うとここまでの強さを発揮するのか。
メイケイエール、圧巻のレコード勝ち。
中京競馬場開幕週ということで、馬場もキレイで時計が出やすいとはいえ、凄い強い勝ち方でした。
確かに今回は調教段階から充実一途の話も聞こえていましたし、精神面での成長も著しいんじゃないかって事でしたけれど。
前回の東京競馬場の京王杯スプリングカップ。1400メートルで見事に勝ったものの、鞍上の池添騎手がレース後の勝利者インタビューでボロボロの姿を見せたように、レース中のコントロールには全身全霊を傾けないといけなかった風情が見えてたんですよね。
今回は前走よりも短い1200メートル。前に他馬がいるとどうしても頑張って抜きに行きたがり、実際に抜いてしまうとそこで気を抜いてしまうがために、とにかく直線でギア上げるまで前に他馬を置いておくために必死で行きたがるのを抑えないといけないのが、このメイケイエールちゃんでした。
1200だと、抑えておく時間が短くて済むので騎手も馬もスタミナ消耗少なくて済むんですよね。中京の1200は直線が長いこともあって、純然たるスプリンターが苦戦しがちでむしろマイルを得意とする馬の方が走りやすい、という傾向もあるみたいで、その意味でもメイケイエールにはピッタリのレースでありました。
メイケイエール、これは彼女を語る上で何回も繰り返し言及されていることですけれど、その跳びの大きさなどの走り方や体型などから、本来はマイル以上の距離のほうが適性なんじゃないか、って言われてるんですよね。本来なら1200とかは彼女にとっては短すぎる、と。
ただ、その気性からして1600は騎手が持たない、という話を前走である意味池添騎手が実際に体現してしまったわけですな。1400で死にかけてたわけですし。
その本来、適正距離じゃないと言われるこの1200メートルで……圧巻のレコード勝ちである。

いや、今回完全に折り合いついてたんですよ。道中、殆ど行きたがる素振りを見せなかった。勝利騎手インタビューでも、池添くんまだまだ余裕ありましたしね。
そして直線に入ってゴーサインが出たら、一完歩ごとの伸び方が他馬と全然違うんですよ。他の馬を置き去りにしての、2馬身半差の完勝でした。いやー、これは文句なしに強い勝ち方でした。
これなら、スプリンターズステークスも……初のG1勝利も現実味を帯びてきたんじゃないでしょうか。

今回、メイケイエールと二強を形成していたのが、前回安田記念を勝ったG1ホース。ソングライン。
実は主戦騎手は池添くんだったのですけれど、今回はメイケイエールを選んだわけで。まあメイケイエールは今のところ池添くんでないと無理、てな感じですしねえ。
ソングラインは今回が初のスプリント。サウジでの海外レース「1351TS」で1351メートルという短い距離で勝っていますけれど、主戦場はマイルだったんですよね。
中京の1200はマイル型の馬向き、とはいっても流石に今回はレコード決着も相まってスピードが早すぎました。
ソングラインはこのあと海外遠征も控えているので、仕上げも6、7割くらいの加減だったみたいですし、5着は順当だったかもしれません。
2着は今年に入って大敗が続いていたファストフォース。ただ出来栄えはここ数レース抜群だったみたいなので、ようやくギアが噛み合ってきたのかもしれません。
3着のサンライズオネストも調教が相当良かったみたいなので、今回は特に調子の良い馬がその通りの成績を残した、調子の良い馬が勝つ夏競馬の色を濃く残したレースだったんじゃないでしょうか。
まだまだ熱いですしね。

さても、知名度優先のアイドルホース(写真集も出て大人気。でも重賞5勝してたんだから名前だけじゃないんだよ)が、そろそろ本格的に名馬としての道を歩みだしたレースになったかもしれません。
……いや、これだけ道中抑えられるなら、マイルだって行けるんじゃ、という夢見ちゃうよ?