秋のG1シリーズはじまるよー。
中山競馬場芝1200メートル。来週から東京競馬場に移るので、これが中山最終週となります。
毎年、内枠有利なんですが、今年は特に先週のオールカマーが人気馬全部ふっとばして1〜3馬番の決着となったようにその傾向が強いのは踏まえておくべきでしょう。
ペースはスプリントG1にも関わらず、あまりハイペースにならずに平均で進む傾向が強い模様。なんで前崩れはあまり起こらず、4角時点で前目につけておける、或いはまくってこれている馬でないとちょいとしんどいかもしれない。

人気筆頭は前走セントウルSを快勝したメイケイエール。重賞2連勝で挑むことになり、前走の完璧な勝ちっぷりはついに気性難を克服して本格化へと至ったのか、と評判。
実績としても重賞6勝は現役最多。彼女の戦歴はもう物語と言っていいほどで、ここでG1を取ることが約束されているような流れなんですよね。まあ、王道通りにいかないのもまた競馬なんですが。王道のように堂々とした物語になるのもまた競馬なんで、さてどうなるか。
個人的にはここを足がかりにエールちゃんには三階級制覇目指してほしいんだが。

2番人気は3歳牝馬にしてスプリンターのスペシャリストへの道を歩みつつあるナムラクレア。いや、マイルもいけるとは思うんですけどね。切れ味鮮やかな走りっぷりが短距離のスペシャリストっぽくてカッコいいんですよ。
前走の北九州記念は3着ながら、仕掛けどころで前が塞がったにも関わらず一旦ブレーキかかったところから再加速して、馬群を縫ってきての猛追だったので、負けて強しの内容でした。
アストンマーチャン以来の3歳牝馬によるスプリントG1を目指して、いざ。今年怪我からの復活だけでなく、重賞戦線で暴れまくっている浜中騎手の久々のG1勝利も見たい所。


3番人気は急遽参戦、シュネルマイスター。いや、直前まで彼が出るとは知らなかったんですけどー!? 3歳ではNHKマイルCを勝って最強世代のマイル担当としてソングラインと火花散らす戦いを繰り広げるシュネルが、スプリント路線へと堂々の殴り込み。いや、おたく今まで1200とか走ってないじゃん!? 新馬戦で札幌1500走ったのが一番短いのよ!?
ちゃんと1200戦を想定しての調教を組んだらしいけど、果たして初めての電撃6ハロン戦がどうなるか。走ってみないとわからんぞ!?

4番人気はテイエムスパーダ。最内枠の1番というのが人気に影響しているのは否めないと思うけれど、このレースではこの馬が逃げると目される。他に逃げ馬いないしね。
前走は他の馬と競り合ってめちゃくちゃ飛ばして、レース自体をかなりのハイペースにしてしまっての7着。このスプリンターズはあまり早くならない傾向ですけれど、うまく脚を溜められたらCBC賞の再現も在り得るでしょう。レッドスパーダの数少ない落とし子としても応援してあげたい。


5番人気は今年の春のスプリント王者。高松宮記念1着のナランフレグ。前走安田記念は9着ですけど、元々生粋の1000直か1200スプリントのスペシャリストですからね。にも関わらず33.1で差してきてるんだから立派。ただ、この中山コースで後方一気はさすがにしんどい面もあるかもしれない。高松宮記念を勝ってるのに人気この位置というのはそれもあるのかもしれない。

同率五番人気でタイセイビジョン。リステッドだけど重賞並みにメンバーが揃う春雷S。そしてCBC賞、北九州記念を三連続2着と惜しい競馬を続けてきた馬です。この馬も後方からの競馬がメイン戦術ですねえ。どんな状況からでもとにかく確実に足伸ばしてくるので、前有利と言えどこの馬が全頭なできっても不思議はないんですよねえ。

4番人気のテイエムスパーダで、14:00現在で15倍です。シュネルマイスターが8倍ですから、ほぼメイケイエールとナムラクレアの一騎打ちの様相を呈しています。
さあ、メイケイエール念願のG1制覇なるか。