痛恨!! いや、もう悔しい! 寝落ちしちゃって、レース見られなかったんですよぉ!
目がさめてみれば、結果だけ先に惨敗とだけ知ってしまって。
へこむ。色んな意味でへこむ。
いやー……今年はオルフェーブル以来かというくらい期待してたんですよ。タイトルホルダーはそれくらい強いと思っていたから。だけど、この雨でしょう? 馬場ぐちゃぐちゃでさぁ、あれはしんどいわぁ。
本気で期待していた分、自分でも意外なほど落ち込んでしまいました。いやー、マジで期待してたんだなあ、と自分でもびっくりするくらいガクーーとなってしまって、これ書く気力もへたってしまっていました。
寝て起きてちと回復しましたけど。今まで負けても、あーー残念、くらいできっぱり諦められてたんですけどねえ。このへこみっぷりはこれもオルフェーブル以来かも。あ〜〜〜。

まー、これだけ馬場ぐちゃぐちゃになってしまうと、もうジャンルが違うというのもそうだよなー、とは思うんですよね。ただ、まーこの雨はしゃあないとしても、欧州の芝に合わせてどうこうというのはねえ。日本でこの芝再現しても仕方ないでしょうし、血統から改変していくというのもそれ日本で走れなくなるよってなもんで。ダート馬連れてくって言ってもねえ。ダート馬だからそれが合うかどうかわからないし。
気軽にお試しで連れていけるような経費じゃないですからねえ。
エントシャイデン、また今年もフォア賞で最下位人気ながら3着と頑張ったんですってね。なんでか合うのか、エントシャイデン。
結局、凱旋門賞に勝つって目標はさあ、欧州用に魔改造するんじゃなくて、日本でも強くて欧州でも勝って、という異種目だろうと関係ねえわぁ、て勝ってしまう強さを求めてしまうんですよ。
そういう問答無用さを、期待してるんだわ、きっと。そういう意味ではやっぱりオルフェーブルが一番近かったんでしょうねえ。あの馬、ほんとどうかしてたもん。

心配なのは、あれだけしんどい馬場走って馬にダメージないかどうか。無事に走りきって今は異常なくても、疲れ残っちゃう場合もありますしね。タイトルホルダー、ステイフーリッシュ、ドウデュース、ディープボンド、みんなこれから日本帰ってくる旅程もありますからねえ……あれ? 日本帰ってこないのもいるっけか?

ともあれお疲れ様でした。残念でしたけどねえ。
勝ったアルピニスタ。次走はBCターフかもしかしたらジャパンカップも考えているらしいけど、今年はブリーダーズカップターフ出走予定の日本馬はいないのかー。去年はラヴズオンリーユーがいたんだけどなあ。