2歳オープン 東京競馬場芝1600メートル。

新馬の重賞としては初めてとなるクラシックの舞台での重賞競走。これまでは札幌、函館、新潟、小倉とG1のない競馬場での重賞ばかりでしたからね。
三連休3日連続開催初日となります。まあ、三連休関係なく仕事だったので、直接は見られていないのですが。

圧倒的一番人気だったのは、ルメール騎乗のノッキングポイント。まだ一戦一勝ながら新馬戦が余裕残して圧巻の差脚を見せての快勝。将来のG1での活躍を想起させられる勝ち方で、まあ人気も当然だったでしょう。
お母さんはフローラS勝ち馬のチェッキーノ。オークスでも2番人気で2着となった逸材でした。名前が印象的だったので覚えてます。ただオークスの跡、怪我したんだっけか。長期休養を挟んで2戦しましたが、活躍叶わず繁殖入り。初仔がこのノッキングポイントとなります。初年度産駒からいい馬出して、良いお母さんになってくれればいいのですが。

ところがどっこい、勝ったのは2番人気のドルチェモア。凱旋門賞帰りの横山和生騎手騎乗。
この馬、お母さんがアユサンなんですよね。桜花賞馬の。懐かしい!
アユサンも、桜花賞を7番人気で勝ったあと、オークスは4着に入ったものの、長期休養に入って復帰後泣かず飛ばす。すぐに繁殖入でした。これまでの産駒は未勝利は何とか突破できたのだけど……という馬が続いていたのですが、ここで重賞馬を送り出せたのは良かったなあ。
これで、歴代桜花賞馬、アパパネから4代続けて重賞勝ち産駒を出してるんですね。優秀だ。

レースは1番のグラニットが見事な大逃げをキメて、直線に入ったところで10馬身差をつけてしまいました。さすがに最後はバテたものの、ゴールまで逃げ込むには十分なおつり……と見えたんですが、残り200からドルチェモアが他馬を置き去りにしての猛追。ゴール前で躱しての1着。
小気味の良い脚の回転力でグングンと飛んできて、これは痛快な勝ち方でありました。