前回、10月前半の記事はこちら。

そして今月後半の新刊注目作品がこちら。
ちょっと少なめかも。ガガガ文庫追えてない作品が多いので、頑張って崩していかないと。
【負けヒロインが多すぎる!】は特にいみぎむるさんの素敵過ぎるジャケットと相まって早く読まないとと焦っているのですが。


【放課後の迷宮冒険者(ダンジョンダイバー) 2 〜日本と異世界を行き来できるようになった僕はレベルアップに勤しみます〜】 樋辻臥命(GCN文庫)

Amazon B☆W
――たまには肩の力を抜いて
異世界行ってもいいんじゃない?

「アキラの世界に行ってみたい」――耳長族のスクレールからの要望を受けたアキラ。
お世話になっている紫父神アメイシスさまに友人を日本に連れていって良いかと相談したところ、
「いいよー」とゆるーくOKが。

早速スクレールを連れて日本へGO! なのだけれど、そこで彼女が“ある存在”に心奪われてしまい……!?
樋辻臥命&かれいのコンビで贈る「ゆるふわ異世界冒険譚」、待望の第2巻が登場!
何の崇高な使命も神様からの依頼もなく、ついでに意識高い系自己目標や野心高い系目標もなく、本気でただただ楽しく時間を過ごしたいだけで放課後にキャンプに来る感覚で異世界でのダンジョン探訪。そんなユルユルの冒険譚、第二弾……って、遊びに行くだけじゃなくて、遊びに来ちゃうの? 神様ほんとゆるゆるだね!?
一応、本人は放課後にふらっとゲームセンターに寄りましょうか、的なまではゆるくなく、ガチで山登りとかキャンプとか装備準備整えて行きますよー、的な本気で遊ぶつもりではあるので、一番油類の神様なんじゃないだろうかw


【信者ゼロの女神サマと始める異世界攻略 10. 救世の英雄と魔の支配〈上〉】 大崎アイル(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W
伝説の勇者を救うため――魔が闊歩する千年前へ!

太陽の女神からの神託を受け、千年前へと時を渡った高月マコト。
大魔王から世界を救うため、救世主アベルを始めとする伝説の勇者パーティーのメンバーに協力を求めることに。
しかしアベルには、史実で語られていない秘密があるようで……?
さらにメンバーを探している最中、千年前における女神ノアの唯一の信者・魔王カインに襲撃される。
一切の攻撃を無効化するカインを前に窮地に立たされたマコトだったが――かつてノアから教えられた攻略法を駆使し……!?
「……なぜ、貴様がその名を知っている」
世界の命運を背負う少年と女神の異世界攻略ファンタジー、波乱の第10弾。
もうすでに表紙の段階で大賢者さま居るじゃん! いや、居てくれないと困るわけですけれど。千年前にすでに実存しているヒロインはいないわけですしね。前巻のラストにマコトが助けた幼気な女の子、大賢者さまの前身かな、と思ったんですが、これは違いそうだなあ。


【望まぬ不死の冒険者 11】 丘野 優(オーバーラップノベルス)

Amazon Kindle B☆W
不死者、《刺客》と交戦する。

王都でオーグリーと臨時パーティーを組んだレントとロレーヌは、村娘フェリシーの助けを得て順調に依頼を消化していく。
最後の依頼を終え、村へ戻ろうとした矢先、老人と遭遇。
不審に思ったレントが声をかけたその瞬間、突如として老人の襲撃を受け、吹き飛ばされてしまう。
それは、《ゴブリン》と《セイレーン》の次に派遣された第三の刺客だった。
応戦するロレーヌとオーグリーに《分化》して復活したレントも加わり、巨大化した腕をふるう老人を相手に奮戦を続ける。
だが、さらに老人は全身を巨大化する『巨人』の姿で襲いかかってきて……!?
巨体に打ち勝つべく、三人は一計を案じることに。
眼前に迫る『死』にレントが取る手は――!?
強大な魔物と戦い、多くの謎を解き、そして強くなる。
死してもなお遙かなる神銀級を目指す、不死者レントの『冒険』、第11弾――!
ほわー!? いや、まさかのアニメ化決定であります。好きな作品なだけに嬉しくはあるんですけれど、なんでこの作品!?という意外性は多分にありましたなあ。
同じオーバーラップ界隈でも目立つ作品は少なくないだけに。結構売上も人気の作品だったのか? ともあれ、アニメ化となると結構面白そうというか愉快そうな展開な作品なだけに楽しみではあります。しかし、ジジイ度高い表紙だな、今回。