ピンハーーイ!!

いや失礼。秋華賞の前の10Rで好きな馬が勝ったものでして。
秋華賞の前のレースというのはこれ伝統的に秋華賞の出走が抽選ハズレやらで叶わなかった出る馬が多くて、これまでもレイパパレやジェラルディーナなどの名だたる馬たちが勝ってきたレースなんですよね。
ピンハイもまた、一勝馬ながらチューリップ賞2着。桜花賞5着。オークス4着と好走を続けてきた馬でした。馬体重が一際小さい400キロ前後という馬格で一生懸命走る姿がまたカワイカッコいい馬だったんですよ。特にオークスは位置取りの関係で4着になりましたが、状況次第では上位三頭と順位がひっくり返っていてもおかしくない脚を見せてくれただけに、期待大だったんですよね。
ところが、出走に関わってくる本賞金が足りなくて、なくなくの出走断念だったわけです。
そして悔しい思いを晴らすかのような10レース西宮ステークスでの快勝で、見事堂々のオープン入り。ミッキーアイル産駒としても頑張って重賞戦線暴れまわってほしいです。
しかし、ミッキーアイル産駒はメイケイエールといい、ナムラクレアといい、走る姿がなんか一生懸命さが伝わってくる馬たちが多くて、ついつい応援してしまうなあ……。


と、では本番秋華賞ですよーー。

三歳牝馬限定戦。阪神競馬場芝2000メートル。牝馬三冠最後のレースであります。

人気は優駿牝馬(オークス)にて上位を分け合った三頭が、そのままこの秋華賞でも1番から3番人気と相成りました。
三冠ロードを一直線。後方一気の猛脚を以てクラシックをなできってきた地上の☆スターズオンアース。
小柄な馬体に流水のごとき名刀の切れ味。夏を経て20キロものパンプアップでパワーも充填のナミュール。
かつて一世を風靡した薔薇の一族の末裔。曾祖母ロゼカラー。祖母ローズバドが叶えられなかった秋の冠を狙い定めるスタニングローズ。

実のところ桜花賞が始まるまではメインストリームから外れた脇役見当だったスターズオンアース。それを桜花賞で覆し、なおもフロック扱いのオークスでその強さを知らしめ、堂々の三冠挑戦……のはずだったのですが、レース後に両足の骨折が判明。幸いにして軽度の症状だったのでそのまま秋華賞直行という形での出走が叶ったのですが。
やはり怪我も怪我であり、経過も心配されて、また一度叩いた方がいいタイプでもあることで、その強さに誰も疑いを抱かせないだけの証明をしたにも関わらず、今度はその証明した強さを発揮できるかというところで絶対的な人気を集めきれない形になってしまったのは、スターズの順当ならざる荒野を征く感じが出てる気がしますねえ。
それでも一番人気。倍率は3.0倍。三冠を狙う馬としてはこの倍率は不本意でしたでしょう。

2番人気は横山武史鞍上のナミュール。春の主役はこの馬でした。阪神ジュベナイルからチューリップ賞、桜花賞と一番人気であり続けたのは彼女。しかし、元々430キロ台の小さな馬体を更に減らして挑んだ桜花賞は10着の大敗。彼女の持ち味であるキレのある脚を一切見せることのない敗北でした。しかし、オークスでは意地と根性の3着。後方から猛追してきたプレサージュリフトを併せ馬になってから捻じ伏せてのゴールで、彼女が繊細なだけのエリートではない事を見せつけてくれました。
そして、この夏で20キロもの馬体増。にも関わらず太め感は全く無くスケールが一回り大きくなったような雰囲気に、本格化の言葉がチラつく気合漲るレース前でありました。

3番人気はスタニングローズ。オークスではスターズオンアースに躱されてしまったものの、レース自体はパーフェクト、と言わざるをえない隙のなさ。秋は紫苑S始動でこれを文句なしの先行押し切りで完勝。彼女の競馬は王者の競馬です。

他にも名牝パールコードの念願を此処で。名手川田が嘗ての愛馬の夢を叶えるために他の騎乗依頼を辞して跨ったアートハウス。前哨戦ローズステークスを勝利しての4番人気。
5番人気は同世代でもっとも豪快な大外一気を決めるプレサージュレフト。おそらく、切れ味勝負で唯一スターズオンアースと伍せるのがこの馬でしょう。

他にもライラックやエリカヴィータ、サウンドビバーチェ、ウォーターナビレラといったオークスを戦った面々も参戦。
ここが三冠レース初挑戦、という後発組の中では13番人気ながらメモリーレゾンが意外と色んなところで評価高かったんですよね。



さて、レースは……始まる前にまたオークスと同じくトラブル!!
また放馬だーー! と、思ったら、あんたオークスでも放馬しちゃったサウンドビバーチェちゃんじゃないですかーー!!??
馬場入場の際にウィナーズサークルで暴れて、騎手を振り落とし、というか投げ落としw 閉めてある方の柵を突破して馬場入場。困りますー!
幸いにして、馬場内を駆け回ることなく、2コーナーの1400ダートのシュートに入って走るのをやめてすぐに捕まったので、馬の疲労も返し馬程度で済んで出走回避は回避できました。
2コーナーからスタート地点までビバーチェ引っ張って、走って連れて行った係員さんお疲れ様でした。なんか放馬2冠とか言われて苦笑を禁じ得ないのですが、出走できて良かったです。これで2戦連続で本番走れないって、頑張って仕上げてきた陣営泣くに泣けないですからねえ。

天気予報では雨が予告されていたものの、幸いにして雨雲は後ろにずれて馬場は良馬場。秋とは思えない暑い日差しの元でスタートが切られた最後の3冠競争秋華賞。
ですが、スタート直後から三冠を狙うスターズオンアースには試練が待っていました。
一瞬の出遅れ。でもほんの一息ほどの遅れで本来なら問題があるほどではなかったんですよね。ところが、二つ隣のスタリングローズが寄れて、その煽りを食った隣のナミュールがスターズの進路にかぶさってきたのです。オマケに左隣のアートハウスまでスターズの方に寄せてきたものだから、ちょうど扉がしまってしまうかのようにスターズの前が塞がってしまったんですね。
これでスターズはスタートダッシュに致命的に失敗。行き足がつかずに最後方からの競馬になってしまいました。後々を考えても、ここが本当に致命的でした。
でもルメール慌てないんですよね。慌ててバタバタしない。スターズの力を信じて落ち着いてレースに挑んでいくのである。ここが彼のトップジョッキーたる所以なのでしょう。

ブライトオンベイスが逃げ、サウンドビバーチェがピタリと二番手につける中で、スタリングローズはスムーズに先行好位と狙い通りの位置につけ、相変わらずの隙のない競馬に取り掛かる。
ナミュールは中団後方の外側に回らされて、やや苦しい位置取り。スターズは集団後方内側ですから、前も横も塞がっていてさながらカゴの中、自由度が少ないかなり厳しい位置でした。

他はアートハウス。前目3,4番手につけてのレースですからほぼ理想通りだったんじゃないでしょうか。
ライラックは最後方は後ろすぎ。紫苑Sで見せたように素晴らしい差し脚を持つ馬ですけれど、さすがに一番うしろから届くような脚じゃないんだよなあ。それが出来るであろうプレサージュレフトは、最後方から2番手。ただ今回は2頭とも結果から言うと不発でした。展開的に平均からやや遅め。阪神内回りですから、若干小回り気味の馬場なので、先行前めにつけた内側有利のレース展開でしたからね。後方から、また外を回らされた馬は苦しいレース展開でした。

4コーナーを周り、直線に入ったところで実況の悲鳴があがる。この時点でスターズは最後方。そう、一番後ろだったのである。さすがにいくら何でも後ろ過ぎた。ここで、「ああもうスターズオンアースは消えた」と思い、意識上から彼女の存在は消え失せていた。
ただ……スターズ。最後方ではあったんですけれど、後方に居た馬たちが概ね外側を大回りして直線に向かった中で、彼女は膨らむことなく内側に潜み続けていたんですね。ルメールは全く諦めていなかったのである。
サウンドビバーチェが脚のなくなったブライトオンベイスを躱し、その外からジリジリとアートハウスが先頭を伺う。
正直、ここで突き抜けられなかった所が今のアートハウスの限界でしょう。川田の騎乗はぶっちゃけ完璧、理想的だったと思います。
ライラック、プレサージュレフト、エリカヴィータは後方で外側を回らされて、ここでほぼ脱落状態。上がり時計は悪くなかったのですが、位置取り的にどうしても無理でした。
注目スべきは、外を回らされながら直線勝負に取り憑いてきたナミュール。そしてメモリーレゾンである。残り300メートルあたりから、俄然猛追を開始する。
内側ではスタリングローズが満を持して、サウンドビバーチェとアートハウスを捕捉。残り200でしっかりと前2頭を捉える。
驚いたのはサウンドビバーチェ。ここでもう一回盛り返して追いすがるんですね。この馬の逃げての粘り強さは特筆に値します。オークスでも出走していたらワンチャンスあると思ってたもんなあ。さすがに息切れしてしまったのか、ゴール前でズルズルと下がってしまい7着までズレ込んでしまうのですが、5着に入ったアートハウスよりもビバーチェの方に見どころを感じさせてくれるレースっぷりでした。
残り100でスタニングローズが抜け出した、と思った所から外側からナミュールが強襲。ものすごい脚でスタニングローズを追い詰め……、ふと気がつくと内側にいるスターズオンアース。
ここはマジで仰天しました。

え!? なんでいるのスターズオンアース!?  いったいどこから飛んでいた!?

直線入った所で一番後ろに追いやられていたはずなのに。ナミュールが大外をまくりあげていく中で、内側は馬群がゴチャついて進路も何もあったもんじゃなかったはずなのに。
とっくに馬群に沈んでいたと思われた地上の星は、渋滞する馬群の隙間を流星のごとく駆け抜けて、ゴール直前100メートル。突如として先頭争い繰り広げられる激闘の最前線へ飛び出してきたのである。
しかし薔薇の女王は動じない。流水の切れ味は衰えない。
ゴール前、追いかけてくる二頭を従えるようにスタニングローズが堂々の勝利。
まさに薔薇の女王の戴冠でありました。

ロゼカラー、ローズバドのお祖母様たちが銀までしか勝ち取れなかった牝馬G1をついに奪取。薔薇一族としては2010年ジャパンカップを制した叔父ローズキングダム以来となる約12年ぶりのG1制覇。
日本競馬界に薔薇の一族未だ潰えずを示してみせた、栄光の勝利でありました。
そして、彼女は大王キングカメハメハの最終世代ラストクロップ。先日引退したチュウワウィザード以来、芝G1となると2018年のレイデオロ以来となるキングカメハメハ産駒のG1勝利。名種牡馬キングカメハメハの血の証明をも果たしてくれた勝利です。
鞍上・坂井瑠星はこれがG1初勝利。今年リーディングでも上位の方に位置づけている若手の星の一人ですけれど、これを期にG1戦線でも勝ち負けの常連になってきそうですね。

2着はナミュール。大外ぶん回しても何のその。切れ味、気合、根性、迫力、何もかもが春よりスケールアップした姿を見せてくれた、堂々の2着でありました。
そして3着には惜しくも三冠制覇を逃したスターズオンアース。ですが、負けて強し! 負けてなお強し。負けたけど、こいつとんでもねーー!! 
あれだけの不利を被りながら、そして直線でもまっすぐに突っ切る進路などなく塞がる壁を前に、見せも見せたり流星の末脚。上がり時計は断然の33.5。ナミュールをして34.0だったんですよ? 一頭だけ別次元の脚色でありました。
オークスでの骨折に始まり、順調とはいかなかった行程。レース中も様々な不利を被り、万全とはほど遠いレースでした。でも、もうこの馬の強さを疑う人はもう居ないでしょう。
地上の星は消えず、負けてなお燦然と輝いた。

結果を見れば、順位を入れ替えてのオークスと同じ三頭での決着。ああ後に、この世代もまた牝馬三強として語り継がれていくのでしょうか。新たな歴史が刻まれた、秋華賞でありました。

4着には三頭から少し離れてメモリーレゾン。ただこの馬もナミュールと同じく外を回らされての後方からこの位置への喰らい込みですからね。ちょっと次のレースは注目ですよ。次に順当に勝つようなら、重賞戦線の上位常連になっていくかもしれない。

5着にはアートハウス。結果的には完敗ですね。あれだけ理想的な競馬をしながら、前の馬に太刀打ち出来なかった。今は実力及ばずです。まだまだこれから頑張っれ。


前三頭が頭一つ抜けた感のあるこの世代の牝馬ですけれど、今回出走した馬はみんな実力を感じさせてくれる好い馬たちが多かったように思います。下位に沈んだ馬たちでも、今後けっこう上にあがってくるんじゃないだろうか、という将来性を感じるんですよねえ。注目して見ていきたいと思います。