今期は稀に見る大豊作というお話ですが……マジですなー。いや、いやいやいや、良作ばっかりでほんとに困るんですけど。



アキバ冥途戦争

1999年 春

かわいいメイドに憧れて、ひとりの少女が秋葉原にやってくる。
世紀末の“アキバ”は、多種多様なメイドさんでいっぱいいっぱい。
メイドカフェ「とんとことん」通称『ブタ小屋』は、今日もブヒブヒ営業中!  
一緒に入店した新人メイドは破天荒さんで、ドッタンバッタン大慌て。
推しメイドや調教師、秋葉外生命体も現れて、赤バットはフルスイング!

これは、全てのご主人さまとお嬢さまに贈る、渾身のメイドお仕事奮闘記。
「みなさまのお帰りをお待ちしてますブー」
いきなりとんでもねーのぶっ込んできたんですけど!?
ガンダムでヤクザものをやったら鉄血のオルフェンズになりましたので、メイド喫茶でヤクザものをやってみましたらこれになりましたってか!?
いやー…………まだ一話しか見ていないので世界観が果てしなく理解の果てなのですけれど、メイド喫茶が血で血を洗う抗争を繰り広げているのは、世間的には周知なんだろうか。メイド喫茶を訪れるオタたちは、あれはこっちの世界で言う反社のやばい連中なのか? オタ芸はいわゆるガンカタだったのか?
謎が謎を呼び混沌を呼ぶカオスの第一話でありました。いやこれ、一発ネタじゃないのならずっとこのノリで行くの? 結構人を選びそうな気もするけれど、インパクトは最強クラスでありました。





悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました

「君との婚約は破棄させてもらう」
きらびやかな夜会で突然放たれた婚約破棄の言葉。
アイリーン・ローレン・ドートリシュはそのショックで前世の記憶を取り戻し、現状を把握した。
ここは、前世でハマった乙女ゲーム『聖と魔と乙女のレガリア』の中。
自分はゲームのヒロインの恋路を邪魔する、悪役令嬢・アイリーンであることを!

そう考えたアイリーンは、美しき魔王に宣言する。

「結婚していただきたいの!」

一発逆転、幸せを掴み取るための
アイリーンの旅が始まる――。
原作小説は一巻だけ既読。これからどんどんアニメ化されていくだろう悪役令嬢モノのわりと先行タイプですね。なのでおおむねオーソドックスなスタイルの作品ではないでしょうか。非常にアイリーンが行動的でクロードが基本待ちの姿勢なので、アイリーン手動でグイグイと進んでいくタイプ。ただ、魔王と言いながらもクロードは王族の一人で、領地も城のお隣さん。スケール感は小さいかな。相手となる元婚約者のセドリックやヒロインの子がどうにも小物なのも、ちょっと盛り上がり的に心配な所。うまくざまぁが決まれば、小悪党相手でも映えるのですが。
あのクロードの無表情とは裏腹に純情で、感情がもろに自然現象としてポンポン表に出てしまう描写はアニメの方が華があって見栄えがするんじゃないでしょうか。あと、コミカライズされた漫画版が非常に秀逸な出来なので一読の価値あり。




宇崎ちゃんは遊びたい!ω(だぶる)

大学3年生の桜井真一は、ウザ絡みしてくる後輩“宇崎ちゃん”こと宇崎花に振り回されながらも、何だかんだ退屈する事のない夏休みを過ごしたが……
宇崎ちゃんはまだまだ遊び足りない!

秋は学園祭、冬にはクリスマスとイベントが盛りだくさん!
さらに今度は、愉快な宇崎ちゃん一家も加わってますます賑やかに……!?

見守られたり、もてあそばれたり、背中を押されたり。“ただの先輩と後輩”な2人の日常に少しずつ変化のきざしが見え始める!?
ウザさもカワいさもω(だぶる)な“ウザカワ系”後輩との青春ドタバタラブコメ、再びスタート!
宇崎ちゃんの第二期であります。ラブコメがどんどん進んでいき、宇崎ちゃんの赤面顔もどんどん見れるようになってくる頃合いですな。
個人的に宇崎家。特に親父さんと桜井くんの関係が大好きなので、娘より親父の方がとかどうかと思うが早くみたいところであります。





うちの師匠はしっぽがない

いつか人間を化かしてみたいと夢見て、大都会・大坂へ飛び出してきた豆狸の女の子・まめだ。
しかし、磨き上げた術は上手くいかず、挙句の果てには「落語家」と名乗る黒髪の美女に一目で見破られてしまう。
美女の正体は人気落語家・大黒亭文狐。
術ではなく芸で人を化かす文狐の落語に感動したまめだは、弟子入りを志願する──!
笑う門にはたぬきたる。
大正上方落語ファンタジー、ここに開演!
原作は講談社のコミックスですな。ウェブ上で連載しているのをちょくちょく見てました。ガンダムの水星の魔女のスレッタちゃんがたぬきたぬきと愛されていますが、こっちはタヌキ顔じゃなくてガチのたぬきじゃい! いや、なんで同じクールにたぬきが被るんだよw
たぬきときつねの妖怪モノでありますが、それ以上に大正という時代をたくましく生きる噺家たちの物語。いや、落語ものはこれ難しいですよ。漫画なら絵と構図で勝負ですが、アニメとなると映像に実際の喋りを見せることになりますからね。むしろ素人で未熟なまめだよりも、師匠でプロの落語家を演じる文狐さん役の人、プレッシャーでしょうねえ。頑張ってほしいものです。
あと、番組終わりの落語の内容の解説はあれ有り難いですわー。内容をちゃんと理解できますし、語り口が軽妙でああこの噺めっちゃ面白い! と思わせてくれますから。




うる星やつら

「でもうちは、やっぱりダーリンが、好きだっちゃ。」
地球“最凶”の高校生・諸星あたると、
宇宙から舞い降りた“鬼っ娘”美少女ラム。二人の出会いからすべてが始まった…!

今なお第一線で活躍する高橋留美子による鮮烈のデビュー作「うる星やつら」。
小学館創業100周年を記念し、
選び抜かれた原作エピソードを4クールに渡ってテレビアニメ化!(第1期2022年放送予定)

監督は「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」を手掛けた盒興弥・木村泰大、
シリーズ構成に「はたらく細胞」の柿原優子、
キャラクターデザインに「おそ松さん」「映像研には手を出すな!」の浅野直之、
アニメーション制作は「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ、
「炎炎ノ消防隊」のdavid productionが担当。

そして、主人公の“ダーリン”こと諸星あたると、
ヒロイン・ラムという稀代のカップル役を神谷浩史と上坂すみれが演じる。

大胆不敵、恋にも全力、でもどこか切なくて…あたるとラムのボーイ・ミーツ・ガールを、
銀河中から集結するキャラクターたちが彩るラブコメディ。

目を見て「好き」と言えない今だからこそ届けたい。
ゴージャスでタフ、クレイジーな“やつら”の青春がかけめぐる!

まだ見てませんけれど、さすがに気にはなりますよ。だって当該世代……いや、さすがに世代じゃないぞ。漫画もアニメも生まれてはいたけど、読むにはまだ子供すぎでした。小さい頃は漫画禁止されててたまに友達の家で読むくらいしか機会がなかったんだ!
ちなみにうちは別に厳格な家では全くありませんでした。両親とも昔も今も漫画にもアニメにも興味一切ないけどね。でも全然否定的ではないんですが、若い親だった頃は周りの雰囲気的にも漫画なんて子供に読ませるもんじゃない、なんて空気にそんなものか、と思ってたみたいで小学校の頃は所有はダメ出しされてたもんです。まあ小遣い的にもろくに買えなかったので、強請っても買い与えられなかったというくらいだったんじゃないでしょうか。友達や親戚の家で読む分には全然オッケーでしたし、中学の頃くらいには自分で買う分にはもうなんにも言われなくなりましたしねえ。
と、話がそれましたけど、高橋留美子先生作品の直撃だったのはらんま1/2でした。それも結構中盤入ったくらいからかな、読み出したのは。アニメもらんまがメインだったよなあ。なのでうる星やつらは再放送中心でしたねえ。さてもこれほど時代に差がある作品をどう新しく描くのか。そりゃ興味津々ですよ。




陰の実力者になりたくて!

「陰の実力者」

それは、主人公でも、ラスボスでもない。
普段は実力を隠してモブに徹し、物語に陰ながら介入して密かに実力を示す存在。
この「陰の実力者」に憧れ、日々モブとして目立たず生活しながら、
力を求めて修業していた少年は、事故で命を失い、異世界に転生した。

シド・カゲノーとして生まれ変わった少年は、
これを幸いと異世界で「陰の実力者」設定を楽しむことにする。
「妄想」で作り上げた「闇の教団」を倒すべく(おふざけで)暗躍していたところ、
どうやら本当に、その「闇の教団」が存在していて……?
ノリで配下にした少女たちは勘違いからシドをシャドウとして崇拝し、
シドは本人も知らぬところで本物の「陰の実力者」になっていき、
そしてシドが率いる陰の組織「シャドウガーデン」は、やがて世界の闇を滅ぼしていく――。
くっ、悔しいけどOPはめちゃくちゃカッコよくて年甲斐もなくテンション上がりまくってしまいました。いや、なんの作品のOPか知らないまま映像だけ先に見てしまって、なんだこれー!? なんてアニメ!? てなってたんですけどね。
【陰の実力者になりたくて!】って現代モノじゃないじゃん! 異世界ファンタジーじゃん! なのに、OPで現代舞台って気づかないよ!! 騙された!!w
原作小説は一巻だけ既読。ちょっと個人的な趣味趣向で、意思も意図も気持ちもすれ違いっぱなしの勘違いものはあんまり好きじゃないんで離脱したんですけれど、お話のの出来自体はかなりとびっきりだと思いますよ。
非常に高度なすれ違い勘違いネタのコメディとしても、ひたすら厨二的なカッコよさを求道し突き詰めていくお話的にも。
あとこれもコミックスは雑誌で読んでる限り、かなり上手いですし面白く描いてます。最近、コミカライズのレベルほんとめちゃくちゃ高いよなあ。ハズレの方が割合的に少なくなってきてるんじゃないだろうか。こう言っちゃなんだけど、原作の小説よりこれ面白いんじゃないの?という作品も珍しくありませんしw
アニメだと勢いでめっちゃ楽しめるかもしれないので、そのまま視聴予定。






「艦これ」いつかあの海で


11月からの放映なので、まだ見れません。ですが、やっとこ出てきた艦これアニメ第二弾。
時雨を主人公とした、いわゆる西村艦隊物語。マジでほんとに頼むからな。期待してるんですからね(泣)
あと、ストパンにしても艦これにしてもKADOKAWAはフットワークが遅すぎるよ。何年かかってるんだよぉ。



機動戦士ガンダム 水星の魔女

A.S.(アド・ステラ)122――数多の企業が宇宙へ進出し、巨大な経済圏を構築する時代。モビルスーツ産業最大手「ベネリットグループ」が運営する「アスティカシア高等専門学園」に、辺境の地・水星から一人の少女が編入してきた。名は、スレッタ・マーキュリー。無垢なる胸に鮮紅の光を灯し、少女は一歩ずつ、新たな世界を歩んでいく。

コーラサワー先輩は初登場の時からあんな嫌なやつじゃなかったやい! と思ってたらどうやら3話でバチバチに株上がりまくってるらしいグエル先輩にぐぬぬとなってる八岐です。3話見たら先輩推しになってそうですけど。
プロローグから2話まで視聴。対立構図が地球人と星外或いは他星に住んでる人の間であるのか? あと、大人と子供の間に巨大な溝がありそうだったり。面白い。ってか、スレッタちゃんが面白すぎません? 何この娘、男女機械問わずのハーレム主になるの? ウルトラジェンダーフリー!?
それでいてたぬきだし。マジでタヌキだな、この娘! ガンダムに自己意識があるというの明言されてるのも初めてなんじゃないだろうか。まだバックグラウンドとなる世界観が不明な点多いけれど、惜しみなく毎回燃料叩き込んでいくスタイルは楽しすぎて、いいですねえ、盛り上がりますねえ。