【断頭台に消えた伝説の悪女、二度目の人生ではガリ勉地味眼鏡になって平穏を望む】 水仙 あきら/久賀 フーナ Kラノベブックスf

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
王妃レティシアは断頭台にて処刑された。恋人に夢中の夫を振り向かせるために、様々な悪事を働いて――結果として、最低の悪女だと謗られる存在になったから。
しかし死んだと思ったはずが何故か時を遡り、二度目の人生が始まった。
「今度の人生では恋なんてしない。ガリ勉地味眼鏡になって平穏に生きていく!」
一度目の時は遊び呆けていた学園生活も、今回は勉強に費やすことに。
そんなある日のこと、レティシアはとある男子生徒との出会いを果たす。彼の名はカミロ・セルバンテス。のちに竜騎士となる予定の学園のスーパースターだ。前世では仲が良かったけれど、今度の人生では底辺女と人気者。当然関わりなんてあるはずがない。
それなのに色々あって彼に魔法を教わることになったのだが、練習の最中に眼鏡がずれて素顔を見られてしまう。
そして何故か始まる怒涛の溺愛! 囲い込み!
え? 私の素顔を見て一度目の人生の記憶を取り戻した?
「ずっと君のことが好きだった」って……本気なの!?


うわぁ、冤罪とじゃなくてそこそこやらかしてますねえ、レティシアさん。伝説の悪女なんて謳われるには評判倒れだけれど、愛してくれない夫を振り向かせるためという理由はあるとはいえ、国費をじゃぶじゃぶ浪費して贅沢を尽くしたり、粗相をした罪もない侍女を八つ当たりで追放したり。
少なくとも人間一人の人生は直接台無しにしちゃっているだけに、罪無しとは言えないでしょう。
そりゃ、王妃でありながら断首なんて処刑法で処分されてしまうほどの事は仕出かしてないかもしれませんし、冤罪までかけられてしまったのかもしれませんけれど。
悪妻であったのは間違いないですし、王妃という政治的にも重要な立場に立つ人間でありながら政務も宮中の掌握も蔑ろにしていて、あっさり陥れられてしまったあたり、やるべきことを全く何一つしていなかったということですから、まあ排除されてしまったのもある意味自業自得だったのかもしれません。
王妃として役立たずで無駄に金ばかりかかる存在になり、余人からも嫌われて、当の夫からも忌避されてしまった、しかも政治的な後ろ盾もなく脇ががら空き、となればねえ。処刑なんて大々的なことをしなくても、こういう人は内々に病死という形で処理されることも珍しくなかったんじゃないだろうか。
同情の余地はあるかもしれないけれど、まあ余地ぐらいしかないかも。
これ、作品によっては単なる小物っぽい悪役として断罪されてフェイドアウトしても不思議ではないタイプなんじゃないだろうか。こういう敵役キャラ、けっこう見たことあるし、逆転劇の主役となるには格が全然足りないタイプなんじゃないだろうか。
これもし王子の側が主人公サイドだったとしたら、愛してもいない人と結婚させられた上にその相手が贅沢三昧やらかしだして横暴な振る舞いをするようになって、というパターンですもんね。まあ王子は王子で政略結婚だろうとパートナーに礼を尽くさなかったが故にレティシアが拗らせたわけですから、大いに原因があるわけですけど。
だからこそ、時間巻き戻して一からやり直すパターンは、最良だったかもしれない。
それでも、人生を持ち崩すほど夢中になって愛してもらおうと頑張った相手を、生まれ変わって冷静になった途端に興味も関心もわかなくなってしまった、というのはある意味悲惨ではありますよね。前の人生は全部気の迷いだったということなのか。愛が冷めてしまったにしても、憎しみも未練も名残も情も何もかも失せてしまって無関心に等しい相手になってしまった、というのはなんともはや。そりゃ、冤罪かけられて殺される恐怖を味わったら、百年の恋も冷めるかもしれないが。自分も大いにやらかしているので、憎しみや嫌悪を抱くもの筋違いという意識もあるのかもしれない。それなら、無関心というのはある種イーブンなのかもしれないですね。
しかし愛するってどういうことなんだろう、と疑問でも湧きそうではあるんだが、今自分の中に新たに芽生えつつある感情に対して疑念とか抱かないんだろうか、とは思ったりもする。

むしろ、大人しく勉学に徹して今度は目立たず大人しく生きていこうと、新しい人生を大いに反省して慎ましく生きていこうとしているレティシアよりも、カミロの方が色々とヤバいやつですよね。
前世のやらかしは、いやもうこれ痴情の縺れとしか言いようがなく。これ個人の怨恨に過ぎず、王族として騎士として、国王の断罪が私欲のものか国の事を考えてのことだったのか、という考慮すらせずに暴挙に走ってますからね。愛に殉じた男かもしれませんけれど、危険人物以外のなにものでもないでしょうに。いや、レティシアが生きている間は何もしなかったもんなあ。ってか、度々逢瀬みたな事してるんですけど、既婚者に対してあれは周囲から王妃が密通してるんじゃ、と疑われても不思議ではなさそうなことやらかしてるんですが。
前世の記憶が蘇っても、やらかしに対しては全然反省とかしてませんもんねえ。レティシアがどう思うかばかり気にしていて。
王子さまはエリート主義の人品最低の人でまあろくでもない相手だし、前世で彼の愛人となる令嬢は野心の塊で陰謀家、とまあ厄ネタばっかりなんですよねえ。こっちはもう勝手にやっててよ、とイイたいんだけど、ヒセラ嬢が真っ黒すぎって容赦なく粛清の刃が飛び交いそうだから、第二王子のエリアス殿下と懇意である以上、対決は必至なのか。
カップルとしては、エリアス王子とアロンドラ嬢が一番健全にラブコメしてて安心できます。
レティシアがメガネを取った素顔を見たショックで、みんなの前世の記憶が蘇るというセキュリティパカパカ仕様の世界観。前世でレティシアに好意的だったカミロとエリアス王子以外は、もう記憶が蘇ってもろくなことにならなさそうなので、あとは不穏ばっかりだなあ。