【迷子になっていた幼女を助けたら、お隣に住む美少女留学生が家に遊びに来るようになった件について】 ネコクロ/緑川 葉 ダッシュエックス文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
ある日、青柳明人のクラスにシャーロット・ベネットが留学してくる。
清楚で上品な振る舞いと可愛らしい容姿のシャーロットに、クラスメイトの誰もが心を惹かれるが、明人は冷静に「住む世界が違う」と感じ、一歩引いていた。しかし、迷子になっていたシャーロットの妹・エマを助けたことで明人の日常は激変。ベネット姉妹がマンションの隣室に住んでいることが分かり、さらにエマが明人に懐いたこともあって、ベネット姉妹が毎日のように明人の部屋へ遊びに来ることに。3人でドミノをしたり、食卓を囲んだり、お出掛けしたり。一緒に過ごす中で、明人とシャーロットは不器用ながらも心を近づけていき――甘々でじれったいお隣ラブコメディ開幕!

エマちゃんが可愛い。3〜5歳くらいの子供って本当に掛け値なしに可愛いですよね。なんであんなに可愛いんだろう、と思うくらい愛らしくて。
このくらいの歳の子には敵わないですよ。
というわけで、あまり他人と関わることを避けている主人公の明人も、お隣の部屋に越してきたという距離の近さもあって、エマちゃんの幼児特有の空気も読まない、事情も鑑みない、ただ好きだから、逢いたいから、一緒に遊びたいから、という純真無垢な請い願いには勝てるはずもなく、逆らえるはずもなく、邪魔だから出て行けなんて発想も湧くはずがなく、お姉ちゃんのシャーロット込み込みで、彼の日常のなかに侵食してくるのでありました。
正直、シャーロットもそこまでグイグイと来る性格ではなく、というよりもむしろ妹のエマにも引け目みたいなものを感じている節もあって、控えめなくらいの性格ですから、エマという起爆剤がなかったら果たしてシャーロットと明人にそこまでの交流が生まれたかどうかもちょっと怪しいんですよね。
というわけで、むしろこれエマちゃんが中心のお話なんじゃないだろうか、と思うくらいエマの可愛さがあっちこっちで炸裂しています。あえて言うなら、それ以外の印象ははっきりいって少ないくらいかも。
なにやら意味深に、ベネット姉妹の方も家庭の方でトラブルを抱えてみるみたいだし、明人の方も一人暮らしをしていたり、やたら自分の事情に踏み込もうとする相手にはあざといくらい刺々しい態度を取ったり、自罰的に嫌われ役を気取ってみたり、としているあたり、それぞれに事情持ちという素振りを見せているのですが、その肝心な部分を一巻では見せてくれないのでえらい消化不良な感じになってるんですよね。徐々に姉妹と明人のプライベートでの交流を深めて距離を近づけようということなのかも知れませんけれど、現状ではお互いの事情に一切触れないままなので上っ面だけと言ったらあれかもしれないけれど、さて通り一遍等のありがちなイベントをこなしていっている、という感触でした。
そもそも、ベネット姉妹の方の家庭の事情、これだいぶ深刻なんじゃないですか? 高校生の姉と4,5歳の妹しか家族の影が見えない上に、まだ保育園に通っているような年齢の幼児を家で留守番させて放置している、というのはこれ、日本でもヤバい家庭環境なんですけど。本国のイギリスだとこれ明確な犯罪になるんじゃないですか? 確か、12歳くらいまでは子供を一人で留守番させないとか聞いたことがあるような。それでなくても、シャーロット一人でエマの面倒見てるって、ヤングケアラーじゃないですか。先生は家庭の事情気がついてるんだろうか、これ一体どうなってんの? とそればっかり気になってしまいました。そもそも、なんか留学生って話ですけれど、留学してくるのに妹連れてくるとかどういうこと? これ普通に転校してきただけなんじゃないだろうか、とか思ったりとか。
主人公の明人の方も、これ相当拗らせていましたしね。職務上役職上、どうしても嫌われ役を引き受けないといけない場面というのはあるでしょうけれど、単なる一生徒がクラス内の出来事で積極的に嫌われ役を引き受ける、ってそれはなんていうか酔っ払ってないか?と思っちゃいました。
嫌われ役悪役になろうとしてそう振る舞ったら、そのつもりで言動を発したら、そりゃ嫌がられますよ。悪役を引き受けるって、つまるところ悪者扱いされる前提って事なんですかね。正論を吐く自分を他の連中は悪者にするだろうって最初からそう思ってそう振る舞うのって、ちょっと自分は嫌だなあ、と思ってしまいました。
踏み込んでくる相手への拒絶の仕方も、キツい上に失礼な言い方をすることで敢えて自分自身を棄損しようとしているのかもしれませんけれど、ほんとに失礼は失礼だし、なんかそういう自分の行いに酔っている、というのは酷い言い方かもしれないけど、自分自身に夢中になっている感があってちょっとどうかなと思う所がありました。
相応の事情があるのかもしれませんけれど、その事情はさっぱり明かされませんでしたしねえ。
エマちゃんくらい幼児的ストレートに思ったことを言えて、やれて、突っぱねる強さがあったら、そういう諸々の事情なんか粉砕して自分の我を押し通せるのかもしれませんがw
とはいえ、幼いながらもエマちゃんも色々と感じるところ思うところ胸に秘めて思い悩んでいる所はあるんですよね。あんまり幼児扱いしてはそれこそ失礼なのかもしれません。