【マジカル★エクスプローラー エロゲの友人キャラに転生したけど、ゲーム知識使って自由に生きる 7】 入栖/神奈月 昇 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
オンナのコになって世界を救え、女学園潜入ミッション編!

花邑毬乃はアマテラス女学園より救援要請を受ける。
何でも女生徒が次々と魔力を抜かれるという"魔法テロ事件"が起こっており、これを解決して欲しいという依頼のようで――。
「……という訳でコウちゃん。"女性"になってこの事件を調査してきてもらえるからしら」「ゑっ!?」
天使の秘術で女体化した瀧音は淑女達が暮らす女子寮で新生活を始めていく。
女学園特有のエロゲイベントを横目に次期生徒会長候補・クリスティーナと事件を追っていくのだが、裏では既プレイである瀧音の予想を上回る未曾有の危機が迫ってきており!?
オンナのコになって世界を救え、女学園潜入ミッション編!

サクッと女体化出来てしまうこの世界怖いっ!
もちろん、天使なんて存在が居てこそ可能な所業なので、ダレでも気軽に女体化できます、てなもんじゃないんだけどさ。
てか、女体化って天使と合体してやるの!? 合体しちゃうの!?

というわけで、本来はゲーム主人公の伊織くんだけが女体化して向かうはずだった「アマテラス女学園」イベントに、急遽ななみと合体することで「ななこお姉さま!」となって参加することになった幸助。
いや、今回の表紙絵ぱっと見だとあの赤い帯状のエフェクト、赤いマフラーに見えたんですよね。だから、あんまり深く考えないで「あっ、幸助女体化するとこんな活発タイプの女の子になるのかー」と思ってしまったんだが……違うじゃん! これ幸助じゃないじゃん!

実際は後ろにいるど派手なゴージャス美人でした。これ、別の意味で女子高生に見えないんですけど、ななこお姉さま! むしろ、保険医でいいんじゃない!?
あと、地味にゴージャスすぎてあんまり赤いマフラー似合ってないw
一方で伊織の方は抜群に可愛らしくなってて……いや掛け値なしに清楚可憐のメインヒロイン級なんですけど。この作品のヒロインでこういう可愛らしくて大人げでキュートなタイプの女の子っていなかったんじゃ……。
これ、明らかに乙女ゲーの主人公な女の子、ってタイプだよね、女体化伊織。ただ、なるほど……女装して女学園に潜入するタイプとしては、これはちょっと目立たなくなってしまうタイプかも。だって、明らかに後輩・妹タイプですよね、伊織ちゃん。
作中でもチラッと言及されているけれど、この手の男ながら女学園に入学して誰よりも女性らしさで上回り学園の全女生徒の憧れの的となるケースの代表例にして筆頭たる宮小路瑞穂の伝統に則ると、この手の女学園潜入はお姉さま系が圧倒的に存在感を刻めるんですよね。特に生徒間の姉妹制度があるパターンでは特に。
いや、伊織ちゃん見た目本当の本当に可愛いので、今回ろくに出番なくて目立たなかったの本当に勿体ないんですけど。もっとがっつりと幸助の方とも絡んだり、或いはタッグ組んで女装男子二人組で女学園を蹂躙して欲しかったのだけど、伊織ちゃんマジ空気だったなあ。
代わりに、幸助……じゃなくて「ななこお姉さま」の方が目立ちに目立ち、注目の的となって状況を牽引し、或いは引っ掻き回すことで暗躍している事件の犯人を引っ張り出すことになるわけですが……。
折角の違う学校への出張して、まったく新規のメンツ相手となるところなの、ななこお姉さま無双を見たくもあったのですが、決闘イベントは一回だけ。それも全力発揮ではなく色々と縛りを入れて、という形になったので、いささかカタルシスには欠けたかなあ。ダンジョン攻略の方では早々に幸助の正体を現してしまいましたし。
一方で、最近は絡み自体が少なくなっていたリュディと、じっくりと二人きり、とは行かないまでも一緒に過ごしてイベントをこなせたのは良かったんじゃないでしょうか。
特にエロエロダンジョンの攻略は幸助が相当に日和るのであんまり踏み込んだ事にならないのですけれど、今回はダンジョンじゃなく日常パートでガッツリとリュディと嬉し恥ずかしなエッチィイベントにハマることが出来て、リュディの魅力を堪能できましたし。
こういうイベントがあると、元がエロゲーだったというのも納得がいくというものです。普段のそれってせいぜい健全な年齢制限無しのギャルゲーくらいの勢いでしたからねえ。
とはいえ、折角リュディと連れ立って他校に乗り込んだのに、リュディとの仲が深まったかというと特にそういう展開はなかったんですよねえ。個々のキャラクターとの関係の掘り下げがやっぱり行われないなあ。
ただでさえそうなのに、今回は他校まで足を伸ばして新キャラのクリスや九条会長が登場してまたぞろヒロイン格増えちゃいましたしねえ。それに今回のメインとなるクリスって、似たようなタイプのキャラがいっぱいいるだけに、あんまり差別化がなされていないんじゃないだろうか。
話自体も寄り道という感じでしたし、他校との対抗戦的なノリも最小限でしたし、リュディやななみたちとワイワイやってるのは楽しかったんですが、もう少し既存のヒロインたちとの話を進めてほしいかなあ。雪音先輩なんて今回一文字も出てこなかったし。
あ、でもスーパーシスターという棍棒でぶん殴るような名称はすげえツボでした。スーパーシスター! めっちゃ好きこれw