【死亡遊戯で飯を食う。】 鵜飼 有志 /ねこめたる MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス

目を覚ますと、私は見知らぬ洋館にいた。
メイド服を着せられて、豪華なベッドに寝かされていた。

寝室を出て、廊下を歩いた。
食堂の扉を開けると、そこには五人の人間がいた。
みな一様に、私と同じくメイド服を着せられていて、少女だった。

〈ゲーム〉の始まりだった。
吹き矢、丸鋸、密室に手錠、そして凶器の数々。人間をあの世にいざなうもので満ち満ちている、そこは〈ゴーストハウス〉。
館に仕掛けられたトラップのすべてをくぐり抜けて脱出するしか、私たちの生き残る道はなかった。絶望的な現実に、少女たちは顔色を悪くする――

――ただ一人、私だけを除いて。

なぜかって? そりゃあ――私はこれが初めてじゃないから。

プレイヤーネーム、幽鬼《ユウキ》。十七歳。
自分で言うのもなんだけど、殺人ゲームのプロフェッショナル。メイド服を着て死の館から脱出を図ったり、バニーガール姿でほかのプレイヤーと殺し合ったり、そんなことをして得た賞金で生活している人間。

どうかしてるとお思いですか?
私もそう思います。
だけど、そういう人間がこの世にはいるんですよ。
おととい励まし合った仲間が、今日は敵になる。
油断すれば後ろから刺され、万全を尽くしたとしても命を落とすことがある――
そんな、死亡遊戯で飯を食う、少女が。


なるほど、退廃的だ。虚無的とすら言って良いかもしれない。
デスゲームというのは、それこそ生存をかけた戦い。生き死にの瀬戸際に立たされて、人間の本質をむき出しにさせられ、絶望を恐怖を勇気を決意を、様々な感情を沸騰させ死に向き合い、生に向き合う。或いは徹底的に背を向けて逃げる。蹲って見ないようにして結末を迎える。どんな形にせよ、その人の生き様を、死に様を露呈する。人生が語られ、未来が語られ、希望が語られ、それらを踏みにじるように潰していく、新雪を踏みしだいて穢していくようなおぞましくも甘美な快感を、罪悪感を、背徳感を味わわせる。登場人物たちの死への恐れに共感し、親しい人の死に絶望することに共感し、怒りに影響され、振り絞った勇気に感動し、悲しみに同調し、他者を陥れる快感に背筋を震わせる。
それは正気と狂気のゆらめきの隙間。そのゆらぎは観戦者にすぎない読者や視聴者すら感情の渦の中に引きずり込んでいく。
そういう物語だ、デスゲームというのは。バトルロワイヤルという劇場は。

でも、彼女は。幽鬼という少女はこうした諸々を一切持ち合わせていない。生きることに執着はなく、死ぬことに憧れもない。人並みの優しさや倫理観を持っているにも関わらず、必要があれば特に理由もなくそれを投げ捨ててしまえる無関心さがそこにある。本当にどうでもいいのだ、この娘は。自分も他人も。生きることも死ぬことも、何の興味も関心も抱いていない。
それで、なんとなくこの死のゲームに参戦している。これで飯を食っている、というけれどこれを生業にして職業としてプロとして生きているわけじゃない。金に対しても大した執着を持っていないのだろう。
てっきり、デスゲーム職人、的なプロフェッショナルなプロ意識とか本職ならではの独特の生き様とかを見せてくるスタイルの作品かと思っていたのですけれど、そもそもこのデスゲームで飯食ってる人って幽鬼だけじゃなくて、わりと珍しくないみたいなんですよね。
強制の無理やりでもないみたいですし、そういう意味ではとても緩い環境と言えるのかもしれない。
クリアさえすれば、辞めるのも自由みたいですしね。だから、何度もこのゲームを繰り返しているベテランとなると、よほどの理由を持っているか、或いはアタマがおかしいか、のほぼ二択になる。
……よほどの理由を持ってる人って登場しなかったんじゃないかな。少なくとも詳しい背景の説明なんかはなかったと思う。
そんな中でも、なんとなくで参加している幽鬼は一際虚無的と言えるだろう。本当に空っぽで何も持っていない人間だ。普段の生活は引きこもり同然で部屋はゴミ屋敷へと直滑降中。普通の生活を営めず、惰性でダラダラと過ごしているだけ。
じゃあ、そういう日常生活に馴染めずに生の実感を求めてデスゲームに参加しているのかというと、そんな事もなさそうだ。参加も惰性のように見える。それでいて、そんな自分をみっともなく下らない人間だと見下げてもいる。達観も出来ていない。
なるほど、名前通り幽鬼みたいな在り方をしている。これは、彼女にナニカの目的が得られるまでの物語なんだろうか。空っぽの彼女にこの生死の境界を綱渡りする地獄ゆえに、中身となる何かを手にする物語なんだろうか。
今のところ、そんな様子は見られない。前編の脱出ゲームと後半のバトルロイヤルでは、後半の方が時系列では前になるみたいだけれど。そこで彼女なりに一つの目標を抱くに至ったわけですけれど、それですら何となくテンションがあがって目標を建ててみた、というくらいに見える。信念になり得るのだろうか。殺人鬼も、その弟子で必死に生き残ろうとあがいていた娘も、そのバックグラウンドが何もわからないし、ここでそれらを無視できるほどにキャラがたったわけじゃないので、あくまで記号的だ。師匠として登場したサバイバーも、ぶっちゃけ何が凄い人なのかよくわからない、ラストの異能を見せられてもなおわからない、師匠という記号の人だった。
だから、彼女らの記号的な生き様と死に様に幽鬼が何を感じたのか、字面以上のものはわからない。あの弟子の娘が自分とは違う本気で生きてた、と感じた要素はなんだったんだろう。なんとなく? 何となくなんだろうなあ。
うーん、そうだなあ。幽鬼の虚無なキャラクターやこの死亡遊戯というアップダウンが大きいはずのイベントがむしろ淡々と処理されていく展開にこそ、この作品の面白さが現れているのかもしれないけれど、どうにも自分はそれをどうも思わないタイプだったみたいだ。びっくりするくらい、ドキドキもワクワクもゾワゾワも嫌悪も好奇も湧いてこなかった。淡々と、無感動に経過を眺めるばかりでエンディングまでたどり着いてしまった。
その意味では、幽鬼にシンクロしていたのかもしれないけれど、それは当事者としてはあんまりおもしろくないよね。まあ趣味があわなかった、という他ないんでしょうね。
あと、個人的にグロいのは苦手な方なんだけれど、それでもモコモコはこのタイプの作品としては自分には興ざめだったんだと思います。まるでぬいぐるみたちの人形劇みたいに思えてしまって、一気に死が陳腐に見えてしまったんだろうなあ。
まあ、ここらへんは感性の受け止め方によるものでしょう。ちょっと自分には合わなかったかな、という作品でした。