【我が焔炎にひれ伏せ世界 ep.1 魔王城、燃やしてみた】  すめらぎ ひよこ/ Mika Pikazo 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
(あわよくば何か燃やしたい……)という欲求を抱いていたホムラは異世界へと招かれる。そこには同じようにヘンな女子高生達が集められており、何でも特別な才能を持つ彼女達に「この世界を救って欲しい」という話のようで? 100年振りの魔王復活、混乱に乗じて蔓延る悪党共。天下動乱の世を正す為、世界の命運は少女たちに託された――。
「あなた悪人さんですか?それなら私、心置きなく燃やせます!」
燃やすことこそ大正義! 焼却処分はエクスタシー!! 圧倒的火力で世界を制圧していく残念系美少女ホムラの行く末は!?
スニーカー大賞12年ぶり「大賞」受賞作。 最強爆焔娘の異世界コメディ!!

スニーカー大賞12年ぶり「大賞」受賞作。あの玩具堂さんの傑作学園ミステリー【子ひつじは迷わない】以来という事で期待して読んでみました。みたんですけどね。

タイトル、なんか馴染みがあるなあと思ったらアレですよ。【魔術士オーフェン】シリーズのサブタイとフレーズ一緒なんですよね、こういうの好きです。そういう世代なんで。
うん、まあそうですね。タイトルはまあいいんですよ、中身ですよね、中身。うーん、うーん。
なんというか、そうですねえ、うん。キャラが立つとかキャラが濃いとか、キャラの存在感が凄いってのは、キャラクターにゴテゴテと属性をのせてエキセントリックな言動をさせたらそれで成立するか、というと関係ないですよねえ、というのがよく分かるんじゃないでしょうか。
どれだけ装飾を際立たせても、その時点では記号に過ぎないんですよね。そこからどう動かしていくか、いやどう動くかをキャラ自身に預けられるか。
その観点から見ると、5人の主要メンバーがこの作品には登場するのですが、ひたすら焦点を合わせていたのが主人公のほむほむでしたね。もうひとり、サイコは狂言回しじゃないですけれど、その悪口雑言とイケイケドンドンの性格が物語を牽引するのに役立つせいか、概ねサイコに任せっきりなところがありました。
その分、残りの三人が描写の後回しに配置されてしまっていて、居るのか居ないのかよくわからない立ち位置で。ジンだけは戦闘役としての役割がありましたから度々前に出ていましたけれど、この娘もキャラが定まっていないのかふらふらとしているだけで、はっきりとした主張が見えませんでしたね。
唯一、焦点をあてられていたホムラだけが、彼女なりに閉塞からこの異世界ではっちゃけて現実世界ではたどり着けなかった自身の心の解放、倫理も常識も振り切ったところにある欲望、いや本能から湧き出る真理―何にもとらわれない自分のやりたい事を探り当てて掴む、というストーリーを歩んでいるのですが。
それはいわば狂気の肯定であり、それを受け入れてくれる仲間たちが居て彼女は本当の心の自由を手に入れました、という体なんでしょうけれど、まあその狂気のたぐいはだいたいマイルドですよね。切れ味は物足りなかった。そしてホムホムと向かい合えてるのってサイコくらいで、他の三人どうしてもその他大勢って感じの不足の只中にあって、ホムラの安住の地となるチームとして果たしてどこまでなじんでいたか。
日本のイカレたヤバい5人の女の子が異世界に召喚されて、やりたい放題あっちの恐ろしさを異世界に見せつけてやるぜー、ヒャッハー! なコンセプトは十全ポテンシャルが発揮された場合、大変面白そうではあったんですけどね。
でも、五人とも言うほど常識振り切って良識どっかに追いやって、頭のネジを飛ばしてイカレてぶっ飛んでいるか、というと案外とそうでもなかったんですよね。異世界に降りてきて、いきなり想像もつかないことをやらかして、という展開を想像していたのですが、異世界に降り立ってからやる事は案外とテンプレ通りで、ちょっと乱入やったりとか暴れてはいますけれど、それは本当にルールうっちゃって暴れているだけで、誰も予想もつかないことをやったとか、狂気を感じさせるぶっとんだ事をやらかした、とかじゃあないんですよね。
サイコのマッドサイエンティストな所も、色々とやらかしてはいますけれど、マッドサイエンティスト界隈で見たら普通以下の所業であって、それを踏まえてサイコ自身がストーリーを明後日に吹っ飛ばすような取り返しのつかないことを仕出かしているわけじゃない。
展開自体はおおむねオーソドックスだし、彼女らのやってることも成したこともキャラ付けに対しては大人しいしショボくすら感じることしかしてないんだよなあ。
正直、この作品ならではのものを見出すことが出来ませんでしたし、何を持って大賞に選んだのかよくわかりませんでしたね。下手に期待値をあげない方が良かったんじゃないだろうか。期待値あげていたぶんの落差が、余計に渋い見方につながってしまったかもしれない。
オーソドックスな異世界モノの作品としてみたら、最後まで普通に上滑りせずに読めましたし、ホムホムのこれからのはっちゃけ具合に期待したい所。あと、他の子もうちょっとなんとかしてあげて。あのサイボーグだか宇宙人だかの子はほんとに全然キャラ分からなかったし。
あと、魔王城燃やしてないじゃん! むしろ、異世界に来て直行で魔王城燃やしたった、くらいの勢いとむちゃくちゃが欲しかった。