【腕を失くした璃々栖 ~明治悪魔祓師異譚~】  明治 サブ/くろぎり 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
◇明治三十六年十一月一日/神戸外国人居留地
悪魔祓師の神童・皆無は、軍の任務中に心臓を貫かれ致命傷を負った。死にゆくなか、どこからか心地よい声が響く。

「人の子よ、そなたに第二の心臓を呉れてやろう。その代わり――予と煉獄の先の覇道へ、ともに征こうぞ」
現れたのは、天使とすら見紛う少女・璃々栖。「七つの大罪」に名を連ねる悪魔で――そして、彼女には腕が無かった。
悪魔の力と引換えに、璃々栖と一蓮托生の命となった皆無。二人の旅路の果ては、煉獄での終焉か、未来を掴む覇道か――

明治悪魔祓師異譚『腕を失くした璃々栖』、ここに開幕す。


うわーー、ページ開いた途端に文字列の密度が、漢字とルビの濃度がひと目見て違うっ。
こういうの、明治大正が舞台だったり伝奇モノでも特に戦前の帝国風味を色濃く残しているモノでよく見る文体で、まああれです、好きッ! ごちゃごちゃして見にくいという人もいるかもしれませんが、刺さる人にはザクザクと刺さるやつですよね、これ。
確かに、新人作品らしく洗練よりも粗が目立つとっ散らかったところも多い文体ではありますけれど、ジャンルそのものにどっぷりとダイビングするが如きこの濃厚さは、昨今なかなか味わえるものではありませんから、もう好きッ。

舞台が異国情緒香り漂う神戸、というチョイスもいいんですよね。喋りのイントネーションも、大阪や京都とはまた違う柔らかくもスマートな神戸弁のニュアンスがちゃんと伝わってきて、関西弁だけれどコテコテとは違う洒落っ気やサラッとしたものを感じさせる語り口で、そのあたり主人公の皆無くんのキャラクターに添っている、というかひと味加える形になってていいですわ。まだショタと言って良い13歳の少年の初々しさと大人びたところ、でも幼くて不安定なところ、そういう微妙なバランスが良い感じで出ているんですよね。彼が明確に幼い子供から若くも一人の男として成長に至る場面があるのですが、そういうメンタルの不安定さから芯が通るところまで細やかに描いている所なんぞ、いいですわー。
それはヒロインのリリスにも当てはまっていて……。
彼女、登場時には強大な悪魔の王として登場し、その圧倒的な魔力で周囲を圧倒しながら完全に貫目が上の状態で皆無を篭絡にかかるのであります。だから、当初からこれは絶対上位存在のお姉さんに、一人のショタ少年が絡め取られていく話かと思いながら読んでいたのですが、途中から徐々に様相が変わってくるんですね。
絶対的な王として卑小な人間である主人公を支配し屈服させようという悪魔から、彼女が国を追われ父や身近な人々を無惨に殺されながらも悲劇に何ら負ける事無く毅然と立ち続け、虎視眈々と復仇の機会を狙っている貴種流離譚の英雄へと、リリスの事情が明らかになっていくに連れて彼女の印象がひらりひらりと一枚一枚幕を剥がすように変わっていくのである。
わずか13歳で悪魔祓いを任務とする軍人となっている皆無は、幼少の身で軍で働いているだけあって紆余曲折を経た人生を送っているのだけれど、それだけにまだ成長しきれていない精神は大きな負荷をかけられていて、かなり不安定な状態なんですね。また明治時代という時代背景らしく、立身出世を志すのは世の男子の常なる目標。栄達を望むのは男子の本懐。皆無は承認欲求も高いですから、当然強い存在というのには惹かれるわけです。それも、親を殺され国を失ってなお微塵も心折れていないリリスの姿は憧れへと通じていく。仇敵を打ち倒して国を取り戻し、そこから自分が思い描く理想の国家を作り上げようという気宇壮大な構想が彼女の口から語られるたびに、明治男子たる皆無の心は躍り高鳴り、リリスはまさに心弱い自分とは違う強さの理想であり、英雄であり、彼女の志のために身を賭して戦うことは誉れである、というふうに思うようになっていくのです。
この時点で、強大な悪魔の王という印象から既に皆無にとってのリリスの存在は大きく変わっているのです。英雄としてだけではなく、女性としての美しさ、気品、凛々しさや公明正大な正しさなど、異性としても惹かれて夢中になっていっているのですが……。
でも、その姿すらも、リリスの本当の姿とは違っていたのでした。
有無を言わせず屈服させてしまうだけの圧倒的な存在感の悪魔の王も、理想を掲げて国を取り戻そうという流離譚の英雄も、リリスという少女が幾重にも被ってきた仮面であり鎧であり自分を守る武器であり、彼女が必死にすがり寄りかかっている松葉杖でしかなかったのでした。腕のない彼女は杖すらも付けない、支えられるのは心の中のみ。
それに目を奪われて、リリスの本当の姿を見つけられなかった皆無は、一方で向こう気が強くとも本質的に素直で健気で献身的ですらある、可愛くもカッコいい異国異郷の地でひたむきに自分を守ろうとしてくれる小さな少年に心惹かれ、夢中になっていくリリスと、決定的なところですれ違っていってしまうのである。
そう、リリスはただの勇気があった、でも勇気を振り絞らないと一歩も動けなくなってしまうただのか弱い女の子でしかなかった。必死に自分を繕い、見栄を張って絶望に抗いながら涙をこらえて痛む心をなだめながらここまで逃げてきた、たどり着いてきた無力な女の子でしかなかったのでした。
そんな本当の彼女と邂逅したとき、彼は幼い男の子から愛した女性を守ることのできる一廉の男子へと成長するのである。
明治男子らしい、栄達を望み男子の本懐を目指し、自分の解を女性に強いる男ではなく、国や世界という大きな枠組みでのみ生き死にを捉えようとする生き方ではなく、目の前の泣いている一人の女性のために、愛してくれる愛する女性のために戦い生き抜くことのできる、なにも背景にないただ一人、単一の男子として目覚めるのである。

これぞ、ボーイミーツガールですよっ! 

出会いってのは、初対面だけを言うんじゃないんです。その人の印象をひっくり返す、その人の本当の姿を見つける度に、出会いは発生するんです。リリスの在り方は、悪魔の王としてのそれも、理想を志す英雄としてのそれも、ただのか弱い女の子としてのそれも、全部が彼女の本当でしょう。でも、それ一つ一つだけでは彼女を現しきれていない。全部を見つけてこそ、一つ一つ出会っていってこそ、本当の彼女と邂逅することができる。
そうするうちに、男の子の方もまたどんどんと変わっていく。成長していく。それを一番近くで少女は目撃していくのである。全部全部、独り占めするみたいに少女はそれを目の当たりにするのである。
これこそが、ボーイミーツガールなんですってば!!! やーー、もういいなあー、好きだなあ!
キュンキュンするじゃないですか。

もうこの男の子の事が好きで好きでたまらなくなって、でも腕が両方ともない自分はこの愛おしい男の子のことを抱きしめることが出来ない。そのもどかしさにほぞを噛むリリスの愛いことよ。
彼女が奪われた腕を、そして隠された腕を取り戻そうというのは、証を立てて自身の力を取り戻すため、という大きな目的があったわけですけれど、そういう大志や自分の命を守るためという理由だけでなく、そこに愛する少年を抱きしめるため、という目的が付随してくるのがまたいいんですよねえ。
とはいえ、その肝心の腕がまさかそういうことだったとは思いもよらなかったのですが。これ、思えば最初から全部解答してたのか。全然気づかなかった。

なかなか癖が強いですし、粗も目につくまだまだ磨き残しが多かろう作品ではありますが、ズドンと一本真ん中に通った芯に、少年少女の心映えの移ろいを克明に描いたボーイミーツガールの描写は本当の好みどストライクで、時代と舞台に合わせたこの伝記モノ独特の雰囲気は大好物で、甘酸っぱくも命がけで恋い焦がれる男女を描いた恋模様は胸弾むものでした。
いやー、つまるところめっちゃ好きです。昨今なかなか味わう機会のない大好物な出来物、ごちそうさまでした♪
なれば、二巻はもっと期待したいですねえ。個人的にもうちょいセアルとの絡み欲しいかなあ。