【たかが従姉妹との恋。】  中西 鼎/にゅむ ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
初キスの相手は四つ年上の従姉だった。

初めてキスをしたのは幹隆が小学六年生の時、相手は四つ年上の従姉「あやねえ」こと、中堂絢音。
「みっくんはさ、私のこと。いつかは絶対に、忘れないと駄目だよ」
だが、幹隆はいつまで経っても、あやねえのことを忘れられずにいた……。

幹隆の祖父・中堂源一郎が死んだ。大富豪であると同時に恐ろしい女たらしだった彼にはたくさんの孫がおり、彼の遺言状により孫たちには都心にあるマンションの一室が与えられた。
都内の高校へ進学し、そのマンションで一人暮らしを始めた幹隆は、懐かしい人物と再会する。同い年の従妹・真辺伊緒と、その双子の妹の真辺眞耶。彼女たちもマンションの一室を相続したことで、故郷の三重から東京へ越してきたのだ。互いの部屋を行き来してのお泊り会など、幹隆にとっては不本意ながらも彼女たちとの賑やかな日常が始まる。

そんなある日、幹隆はマンション内であやねえと再会する。彼女もまた同じマンションの住人だったのだ。
大学二年生になった彼女は、幹隆の鮮烈な記憶の中のまま美しく成長していて……。

初恋の相手は四つ年上の従姉だった――甘くて苦い恋物語。


従姉妹かぁ。従姉妹ってそうだなあ、特に年の差があると最初の身近な親しくなる年上の異性、という事になるんだろうか。身内であって、でも家族ではない。不思議な距離感ですよね。幼い頃なんかは特に家族ぐるみで付き合うことがあって親しんでも、大きくなると疎遠になっちゃう事も珍しくない。
幼なじみとはまた別の、近しさと遠さのある関係性だ。

主人公の幹隆は小学6年生の時分で、4つ上の従姉に異性というものを焼き付けられてしまった。以来、その従姉、中堂絢音への恋に囚われている。夢中になってるわけじゃないですよね。縁が離れ、会うこともなくなって、それでも強烈な体験が今なお頭に焼き付いて離れないなかで、まず何より恋人を作らねば、と考えている。どこかその体験の衝撃を消し去るとまでは言わないまでも薄める、想い出にしたいとでも言うように。
これを囚われていると言わずして何というのだろう。
まあ紆余曲折あり、彼は同級生のクラスメイトに意識してしまう人ができるのだけれど、その人とどうなりたいのか自分でも考えが纏まらない間に、今度は同い年の双子の従姉妹が同じ学校に転校してきてしまう。
……亡くなった爺さんの遺産が孫に配られ、それがあるマンションの部屋だった、というのは面白い設定ですよね。これだと、もらった遺産の部屋を使おうと思ったら自然とイトコが集まってくる仕様じゃないですか。
実際、家族ぐるみで越してきた伊緒と真那。そして件の絢音とここで再会する事になるんですから。一時は疎遠になっていた関係だけれど、顔を合わせれば途端に昔と同じようにとても近しい距離感で付き合える。他人だけれど、同時に親戚であり身内、という関係性は容易にプライベートスペースに相手が入ることを許してしまう間柄だ。同じ部屋に寝泊まりしたり、一緒に夕食を食べたり。一緒に出かけて買い物をしたり外食したり、なんていうのも家族の延長線上の行為だ。そこに余計な気兼ねとかは必要ない。気楽で気安い関係なんですよね。とても気を使わなければならない他人とは違う距離感。
でも、だからこそ、そこから異性としての関係。恋人という関係へと踏み出すには大きな隔たりが存在してしまう。抵抗感? 個人としての意識上でも社会的に見ての立場としての、摩擦力みたいなものがあるんですよね。だが、一方で社会的にもイトコとの結婚は認められているし、実際問題男と女だ。自然と、意識していくものは存在する。
伊緒にも真耶にも当然として女の子として魅力的で意識してしまう部分はあり、絢音にいたってはかつての恋心が色褪せるどころか、改めて親身になって一緒に過ごした結果、改めて恋心に瑞々しさを注入されてしまう始末だ。でも、やはり生じてしまう摩擦力、抵抗感によって、そして彼女らと再会する以前に抱いていたクラスメイト御武凪夏への好意が、彼女と普通の恋をする方がいいんだろうか、という意識を抱かせる。何より、イトコとして身内としてシンプルに幹隆の幸せを願う伊緒の積極的な後押しが、幹隆を複雑な思いを抱かせながらも一番摩擦力の少ない滑りやすいルートへと進ませていく。

この複雑にして曖昧な距離感にして定義の狭間で、幹隆は様々な思索を巡らせていく。
彼は……牧野幹隆という子は詩人だな。スポーツやってた事から体格も良くて肉体派っぽいけれど、この少年、自分の曖昧模糊とした漠然としたイメージや思索を言語化するのがめちゃくちゃうまいんですよね。もっとこう、言葉にならない感覚的なモヤッとした感じのまま抱えていくだろう複雑に入り組んだ思想思考や周囲の状況を、どこかポエミーな語彙を混じえながら彼はちゃんと言語化して自分の中の思いとか、相手との関係性なんかを言葉として置き換えていくのである。
いやー、なかなかここまでちゃんと感覚的なもの、感性に基づくものを言語化できないですよ。言語化といっても、内心で考えていることを地の文で綴っていっているだけで、彼が実際に文章にしているわけじゃないんですけれど……うーん、そうか、そういう意味でも自分は本作を私小説風味と感じ取ったのかもしれない。
彼は自分という存在の内側とそこから派生する外側の人間関係をキレイに物語っているのだ。感覚的な部分まで詩文めいた表現を混じえて言葉にして。
同時にだからこそ、本作は全体的がセピア色めいた雰囲気を醸し出している。どこか、全部が懐古めいているのだ。
小学生の頃の自分やイトコたちとの出来事を思い返す回想が、想い出としての懐旧に彩られているのと同じように、現在進行系のはずの高校生の幹隆の物語もまた、どこかもう手の届かない遠くへと去ってしまった過去を、懐かしむように噛みしめるように思い出しながら描いているような……。
そんなセピア色めいた空気感があるんですよね。
伊緒や真耶、そして絢ねえとのやり取りもまた、彼女たちとの果てをわかった上で描いているような雰囲気を感じる。そういう意味では、彼女らと接する幹隆と地の文で心境や思考を語る語り部たる幹隆には乖離がある、とまでは思わなかったんだけれど、どうなんだろう。
いずれにしても、彼女たちはどこか薄い膜の向こう側……或いはビデオテープで再生されるテレビ画面に映っている、そんな感じがするんだよなあ。高校生の幹隆を含めて。

なんとも沁みる、青春の物語でありました。味わいの一品ですよね、これは。
ただ、山場……あやねえのみならずイトコたちとの恋。それに関しての山場めいたものが一切ないまま、ゴールしてしまったのはちょっとあれ終わった?という戸惑いがあったのも確か。伊緒も若干これほったらかしだし。いとこだというのバレた事に関して、どういう思いを抱いたんだろう彼女。
幹隆の思索も定まったところもあるんでしょうけれど、機を伺うって方に移行したみたいだしなあ。まあでも、定まってはいますよね。
全編通して、あくまで幹隆視点で一貫していることもあり、絢音という人の思惑や考え、個人的な事情や現状は一切わかりません。それはミステリアスでもあるんですけれど、どこか決して届かない隔たりも感じさせられます。あの再会した日、どうして酔いつぶれていたのか。大学ではどのような生活を送っているのか。彼女のことは本当になにもわかりません。幹隆はこの年上のいとこについて最初から最後まで何もわからず何も知らないまま終わってしまうんだろうか。それこそが、この作品の切ない空気感の源泉なのかもしれないなあ。