【悪役一家の奥方、死に戻りして心を入れ替える。3】  丘野 優/TEDDY エンターブレイン

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
心を入れ替えて歩んできた今世、 最強の魔術師と対面する!!

エレインは聖女の謎を調べるため、聖女候補のアンナを連れ、魔塔へ赴いた。
アンナの精神世界へ潜入すると、出生時の記憶に祖母の不穏な行動がーー明かされる真実とは?

聖女の一件から6年後。エレインはリリーを出産した。
一度目の人生はリリーに殺害されたエレイン。
今世は我が子を親殺しにしないと誓ったエレインは運命に立ち向かう。




かつて魔術塔を初訪問した際にぶっ壊した正門。ようやく修復が成ったのを見て、またぶっ壊したくなるわね、とか言っちゃってる辺り、壊した理由色々と正当化してるけれど実は単にぶっ壊したかっただけじゃないのか疑惑が高まってしまってるんですが。
この件についてはやたらと、あれは正当な手段でしたと自分にも周囲にも繰り返し繰り返し言い募ってたけれど、やたら繰り返してた分やっぱり言い募っておかないといけないような気分があったんじゃないだろうかw

さて、冒頭で従姉妹の娘であるアンナの特殊属性を精査しその詳細を確かめる過程で、前回のエイレンが人生を歪めるきっかけになった聖女の資格である浄化能力の喪失の真実が明らかになったわけだけれど、今世ではもう聖女という立場やそこに紐づけされていた権威、権力にも野心はなくなっているわけで、現聖女の従姉妹でありアンナの母であるシルヴィとの和解も済んでいるので、改めてアンナに聖女の資格を譲り渡すことで万事丸く収まるという話に。シルヴィの母である叔母に対してはまだ思うところあるみたいだけれど。
ここで、アンナとエイレンの長男であるジークとがずいぶんと仲良くなっているんですけれど、ジークくん順調にあっちこっちでフラグ立てて回ってないですかね?
作中ではここから年月が経ってしまって、ついに運命の末っ子であるリリーの誕生まで進んでしまうのですが。
アンナ、作中時間が進むまではこっちの王国に留学という形で滞在していたけれど、リリーが誕生した段階ではどうしてるんだろう。
いや、前回の人生と違ってリリーを産んだ時期を遅らせている、というのもちょっと驚きだったのですけれど。子供産む時期変わっちゃったら生まれてくる子もなんか違うことになるんじゃないの? と思ったんだけれど、どうやらリリーはリリーのままらしいですね、大丈夫なのか。
この時点で長男のジークくんは既に15歳。いやあ立派な好青年になってしまって。でも15歳差となると兄弟でも結構年齢差ついたなあ。
今のところはオルクス辺境伯の娘のイリーナ、ジークが子供の頃に助けてそのまま惚れられてしまったあの子が順当にいけば婚約者になりそうなんだけれど、アンナとは何もないままなんだろうか。いや、作中時間が経過する前のあの仲の良さを見ると、何事もなかったで済むとは思わないんだけれど。少なくともアンナ側からすると。まあ彼女、将来的には聖女を継ぐの確定みたいだし結ばれ難い立場ではあるのですが。

何にせよ、リリーを産んだことで前回の人生でエイレンがクレマンとの間に作った子は四人とも誕生してこれにて終了。でいいんだろうしエイレンも別にこれ以上産むつもりもなさそうなんだけれど、全然エイレン若いし美人のまんまなので、別にもっと前回の人生にはいなかった子供を作ってもいいような気がしないでもない。
相変わらずエイレンは旦那とは別に独自に様々な事業や功績を立てて、今や竜を落とした公爵夫人として吟遊詩人にも謳われるほど。
前世でもあった戦争の勃発に備えるなかで、親交の深い魔術学院長のキュレーヌの依頼で不穏な空気渦巻く南方諸国へと出張することになる。ほんと、忙しいことで。まだリリーも生まれたばかりで育児大変だろうに。まあそこらへんは貴族の夫人なわけですから大半は乳母や使用人がやってくれるのでしょうけれど。相変わらず仕事仕事で忙しくしていると、子供に顔忘れられちゃいますよ。
とはいえ、今回の依頼は一国家にとどまらない深刻な事情にまつわることなので断るのも難しく、てか貴重な素材ゲット出来るからと結構喜んで飛び込んでいっている気もしますが、戦争の気配漂うきな臭い、これもう紛争地帯寸前の戦国地帯に飛び込んでいくのですから、旦那のクレマンさん心配してもしきれないだろうなあ。心配してたらキリがないのかもしれませんけれど。
にしても、滞在した獣王国で行われているお祭りの大きなイベントに急遽参加することになったのはいいとして、格好ですよ格好。4児の子供が居るお母さんにして人妻にして国でも有数の大貴族である公爵家の夫人でありながら、物凄い格好、衣装になっちゃってますよね、いいのかこれ!?
旦那さんが見たらこれ興奮でひっくり返るんじゃないだろうか。猫耳だけでも相当なのに、完全にこれ踊り子衣装じゃないんだろうか。
まあ考えてみるとこの人妻、普段からハイレグにしか見えないすごい格好を普段着にしているので、あまり抵抗とかないのかもしれない。というか、文化的にそこまで過激な衣装じゃないのかもしれない。でも凄いです。猫耳はともかくとして、猫耳にあわせたあのマスクは天才の所業じゃないのかしら、これw

って、肝心の大イベント……大闘技大会本番は次回に、ってまたいいところで切りますなぁ!