4歳以上オープン(国際)(特指)ハンデ 中京競馬場1,200メートル(芝・左)

うわぁ、テイエムスパーダ出遅れた! 

1200メートル電撃戦。 春の目標である高松宮記念を目指す短距離馬たちの、ここらへんが始動戦になるんでしょうかね。

スプリンターズステークス2着のウインマーベル。
京阪杯勝者のトウシンマカオ。
同レース2着のキルロード。
未勝利戦から4連勝で条件戦を駆け抜けて1番人気で6ハロンの電撃戦へと参戦してきたマッドクール。
そして去年3歳牝馬ながら短距離重賞戦線で暴れまわったナムラクレア。
他にも歴戦の1200メートルのスペシャリストたちが集ったシルクロードステークス。

レースは今村聖奈騎手鞍上のテイエムスパーダが引っ張るかと思われたのですが、スタートで勢いがつかずにズルズルと最後方へ。かわりに先頭に立ったのが一番人気のマッドクール。
これはマッドクール鞍上の藤岡くんも予想外だったか。とは言え、これまでも状況次第では先頭に立つ事もありましたし、前から2、3番手が定位置だった馬。自分なりのペースでしっかりと走ったのですけれど……ゴール前で浜中くんの乗るナムラクレアにキッチリと差されてしまいました。
番手に控えたらまた違ったんだろうか。
ナムラクレアは56.5キロとこれまで軽い斤量で走ってきた中でいきなり前走より3.5キロも重い斤量を背負わされながら、最後の最後まで長く良い脚を使っての非常に強い勝ち方でした。これまでは切れ味はあるものの持続性に欠けた所があったんですよね、クレアの決め脚って。それを克服したような勝ち方でこれは本番に向けて良いレースが出来たんじゃないかと。
調教はあんまり良くなかったみたいなんですけどね。良くなかったというよりも、これは陣営の試行錯誤だったんでしょうね。それが結実した結果だったんじゃないかと。
2着にはファストフォース。今回は非常に充実した調教が出来ていたみたいで、7歳ですけれど良い頃の彼が戻ってきた感じなんですよね。実際、途中までナムラクレアよりも手応え良くて突き抜けそうな感じでしたし。あれは勝ったクレアの方が強かったとしか言いようがないなあ。
4着にはトウシンマカオ。直線伸びてきてたんですけどね、外枠が響いたかなあ。右回りならあんまり問題ないのかもしれないけど、どうも左回りちょっと苦手なんじゃないかという話も。
ウインマーベルは7着といい所なし。ちょっとかわいそうだったのは今回いきなり59キロ背負わされちゃった所なんですよね。それ自体は仕方ないんだろうけど、前走55キロでしたからね。ずっと58、59とやってきたならともかく、4キロ増はちょっと響いたかもしれません。
まあ勝ったクレアも似たような増量食らっているので言い訳できないですけど。体重12キロプラスもどうだったんでしょうね。ずっと460キロ台でやってきたのに今回480キロでしたから、さてちょっとお太りぎみだったのでしょうか。次は仕上がり方次第だろうでは今回の結果はあまり気にしないでいいかもしれないけど。