4歳以上オープン(国際)(特指)別定 東京競馬場1,600メートル(芝・左)

春のマイル王決定戦である安田記念と同じ舞台同じ距離ということもあり、G3だけどなかなかのメンバーが出揃うレースです。
とはいえ、丁度サウジやドバイのレースとも被るので、ホントに強い実績馬はあっちに招待されて行っちゃってるんですよね。
今年のレースメンバーを見ていると、G1戦線で活躍して実力は充分だけれど実績として重賞勝ち星がまた少なかったり無かったり、という馬が目立ちます。
1番人気のジャスティンカフェからして、重賞勝ちまだありませんでしたからね。とはいえ、その実力は誰もがG1級と呼んで憚らないくらい、才能は認められているわけで。だからこその1番人気だったのでしょうが。
ほかも勝てはしなかったものの牝馬クラシックで2着3着とバチバチにやりあってたナミュール。
小さな馬体でど根性を見せる高速回転独楽娘のピンハイ。
去年ようやくマイル戦線で才能を開花させ、3連勝で関屋記念を勝ったウインカーネリアン。
牝馬クラシック皆勤のあと、金杯で3着と実力を示したプレサージュリフトなどなど。
ここから跳ねそうな馬がたくさん見受けられますね。

さて、今の東京競馬場。どうやら結構前残りするみたいで。冬の季節は芝の状態もあいまって他の季節とは展開傾向がまた違ってくるみたいなんですよね。
大雑把に言うと、大外ぶん回すよりも内が強い!

というわけで、果敢に逃げてみせたのがウインカーネリアン。って、逃げるのショウナンマグマじゃなかったの!? スタート自体決して悪くなかったので、なんで前に行かなかったんだろう。行けなかったのか?
ウインカーネリアンはスタートあんまり上手くない馬らしいんだが、今回はポーンと飛び出る事ができました。そのまま押さえず前に出たのは三浦皇成の好判断。逃げ馬じゃないんですけどね、去年連勝していた頃は番手につけてのレースでしたから、前で押し切るレースがこの馬の持ち味か。
レースはそのままウインカーネリアンが後続の追撃を最後まで振り切っての勝利。
ナミュールが大外枠ながらも後ろに控えるのではなく、先行気味に前目につけることで内枠に入り、直線で一気にギアチェンジして加速した時は一気に差し切るかと思ったんですけどね。200のハロン棒付近がピークだったなあ。そこからいつものあの切れ味が鈍って、カーネリアンに追いつけず。
スタート直後から果敢に前にイカせて内に切り込むことで、周回でだいぶ内側に位置取りしたのは良かったと思うんだけど、その分最後の決め手で切れ味が鈍っちゃったのかな。
とは言え、後方に控えるか外側回るかしていたら本格的に追いつけなかっただろうし。
ベストのコースをベストのタイムでまわったウインカーネリアンのレースだったということかしら。
3着にはプレサージュリフト。この馬もいつもは最後方近くからの追い込みが多いんだけれど、ナミュールから二段ほど後ろの中団あたりに位置づけていましたね。前走の金杯ではもっと前につけての3着でしたので、最後方一気の一辺倒ではなくなってきたという事なのかも。あそこからしっかりと追い込んで3着まで来ていますからね。
4着にはジャスティンカフェ。ちょっと後ろ過ぎたかー。だいぶ追い込んできてるんですけれど、最後はプレサージュリフトとスピードが並んじゃってそれ以上は抜けない感じになってしまっていました。
5着はエアロロノア。この馬もジャスティンカフェと同じぐらいの位置に居たかな。外回らされた分、後ろになってしまいましたがここしばらくはわりとイイ着順に入ってるんですよね。ふと気がつくと前走の金杯よろしく馬券圏内に入っていそうで油断なりません。

人気のピンハイは、今回はいい所なし。輸送でもともと小さい馬体がさらに減っちゃってましたし、調教も体力削らないように恐る恐るといった感じだったみたいで、しっかり追えてなかったみたいで。
終わってみたら、本調子とは程遠かったかレース仕様に仕上がってなかったという事なのかも知れません。ピンハイのど根性ないい所が全然見られませんでしたし。まずひとつ、重賞獲って欲しいんですけどねえ。

本番の安田記念は6月ですからまだ遠い。初夏ともなれば、瞬発力勝負の府中馬場になってるでしょうから、そうなると今回の2着3着あたりの牝馬たちの切れ味が増し増しになるでしょうから……いや、その前に彼女たちはヴィクトリアマイルがあるか。
いずれにしても、今回はウインカーネリアンが実に上手い競馬をしたということで、お見事でした。