【可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 7】  花間燈/sune MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
どうなる書道部!? 慧輝覚醒の新感覚変態湧いてくる系ラブコメ、第7巻!

生徒会の命令により部費の使い込み分をみんなで稼ぐことになった書道部。そしてそんな時期にも拘わらず俺は紗雪先輩と些細なことで言い争い挙句、泣かせてしまった……。紗雪先輩のバイト失敗分を文化祭の出店で埋めるのだ!「みんなには、お金のためにエッチなメイド服を着てほしいんだ!」急遽、メイド喫茶を開くことになった俺たちはメイド服作り、メニュー開発、とそれぞれの準備に取りかかった。大丈夫、俺たちならきっとどうにかできるはず! どうにかこうにか、当日を迎えた俺たちだったが「慧輝先輩! お客さんがぜんぜんこないんですっ!」大躍進の新感覚変態湧いてくる系ラブコメ、混迷極めるVS生徒会編!

1年9ヶ月ぶりに続きを読了。長いこと読んでなかったなあ。読もう読もうと思っていてもついつい後回しにしていたらあっさりと年単位で日が過ぎてしまうのは年寄りになった証拠ですよねえ。
というわけで、どういう話だったかなあ、と思いながらページを開いたら冒頭からの慧輝くんの「みんなには、お金のためにエッチなメイド服を着てほしいんだ!」発言である。いや、マジでどんな話だったんだ!?
……紗雪先輩が部費を使い込んだお陰で書道部廃部の危機。返済のためのバイトも失敗してバックレてしまった部長の代わりに金を稼がないといけない、という状況でした。
いや、これ事実だけを羅列すると紗雪やらかしまくりじゃないか!! 
でもそうだった。紗雪先輩引きこもっちゃったんですよねえ。ドMでも耐えきれない状況だったんですよねえ。てか、慧輝くんがトドメ刺したんだったか。書道部なんかもう知らん、生徒会に行っちゃうから。というニュアンスのことを売り言葉に買い言葉で言っちゃったんでしたか。
この主人公は普段からチャランポランとは言わないけれど、フワフワとした子で本気で怒ったりキレたりというのが想像できない穏やかな子ですからね。そんな慧輝くんがあんな風に言っちゃうんだから、それだけ切羽詰まってたんですよねえ。まあこのときの紗雪先輩はもうメタメタだったからなあ。雑魚メンタルがグダグダになってたからなあ。
というわけで、文化祭で何とか売上計上して私的流用してしまった部費を稼いで返そうと書道部みんなで一致団結して頑張ろう、というお話でした。あれ? そんな話だったかな? と思う程度には、それ以外の生徒会の面々とのエピソードも多かったんですよね。
結構本気で生徒会入りについてグラついていた慧輝くんだけど、それだけ生徒会のメンバーとの交流も進んでいて、実は彼らも変態だったという秘密を知る機会にも出くわして、なんだかんだと親密になっていってましたしね。そのまま生徒会編に突入してヒロイン全交換しても普通に話進んだんじゃないか、というくらい。
でも。慧輝くんは書道部を選び、生徒会のみんなも寂しいと思いつつも快く送り出してくれた、のですけれど、同じ学校に通う生徒ですし、文化祭の最中は一緒に行動することも多くて、実はあんまり疎遠にならないんじゃないだろうか、これ?
紗雪先輩が復帰復活しての文化祭二日目は、初日の苦戦が嘘のように紗雪先輩の才覚によって書道部のメイド喫茶は大繁盛。この人、社会に出て絶対にやってけないだろう雑魚メンタルのくせに、才覚だけはあらゆる方面にぴか一なんだよなあ。
というわけで、当面の余裕が慧輝くんにできてしまったお陰で、ゾクゾクと変態と関わる羽目に。章タイトルが「文化祭だよ変態集合」という酷さなんだが、その内容に何の誇張もないあたりがまったくもって本当に酷いw
彩乃さん、なんとなくヒロイン度も高まってきていたのに、変態度まで高まりすぎてこれじゃあ慧輝くんのパンツを強奪しにかかるただの変態だよ! 異性の下着を襲って脱がそうとするのは変態を通り越して犯罪者だよ!
それを言うと、秋山翔馬のお姉ちゃんの夕妃さんはあれガチの犯罪者なんですが! 高校の文化祭に酔っ払って乱入してきて片っ端から男の子に一発やらないか、と声かけて回るのは完全にアウトなんですけど!! おまえ、それ男がやってたらガチで警察沙汰だよ!
あまりにお姉さんがひどすぎたので、相対的に一緒にいた彩乃さんが普通の可愛い少女に見えてくる不思議。普通に膝枕してくれるあたり、ちゃんとヒロイン度高いですよ!

書道部廃部、そして慧輝くんの生徒会流出の危機という大ピンチを何だかんだとみんなで一致団結して乗り越えることで、5人のグループとして一体感も出てきた書道部。女性陣同士の仲も良くなって、気持ちも通じ合ってきましたしね。
でも、その一方で生徒会メンバーを中心に書道部以外の面々のキャラもぐいぐいと立ってきたのがよくわかる文化祭イベントでしたよね。特に今回は男嫌いの長瀬愛梨に後半さり気なくスポットがあたってたんですよね。生徒会役員として男女に差をつけて対応してはいけない、自分でも過剰に男性に対してきつくあたってしまっている事を自覚していて、でも本能的に悪口雑言をぶつけてしまって相手を傷つけてしまうことに、自分自身も傷ついている愛梨。まあ慧輝くんなら放っておけないですよね。
しかし、トラウマ克服のためのショック療法で、慧輝くんが呼んだ友人二人と三人で海パン一丁になって愛梨を囲み、愛梨と裸の男三人とでババ抜きで盛り上がる、という絵面が挿絵付きということもあって、ちょっと面白すぎるんですけどw
凛くん、なんで君水着でトップスもつけてるの!?w
この女装男子、普通に女の子が好きなのはクセモノだよなあw

ラストは鷹崎生徒会長の爆弾発言。……そう言えば慧輝くんって普通に彼女欲しいと公言してましたっけ。当初は彼女を作るためにあれこれ女性に声かけて、結果として今の書道部になったんですもんね。声かけた女性が片っ端から変態で慧輝くん的に変態とお付き合いはノーセンキューだった、というだけで。
鷹崎さん、変態じゃないならまさしく適合者じゃん!