【ミリは猫の瞳のなかに住んでいる】 四季 大雅/ 一色 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
これは「僕」が「君」と別れ、「君」が「僕」と出会うまでの物語だ。

★第29回電撃小説大賞《金賞》受賞作★

瞳を覗き込むことで過去を読み取り追体験する能力を持つ大学生・紙透窈一(かみすきよういち)。退屈な大学生活の最中、彼は野良猫の瞳を通じて、未来視の能力を持つ少女・柚葉美里(ゆずのはみり)と出会う。
猫の瞳越しに過去の世界と会話が成立することに驚くのもつかの間、『ミリ』が告げたのは衝撃的な『未来の話』。

「これから『よーくん』の周りで連続殺人事件が起きるの。だから『探偵』になって運命を変えて」
調査の過程で絆を深める二人。ミリに直接会いたいと願う窈一だったが……
「そっちの時間だと、わたしは、もう――」

死者からの手紙、大学の演劇部内で起こる連続殺人、ミリの言葉の真相──そして、嘘。
過去と未来と現在、真実と虚構が猫の瞳を通じて交錯する、新感覚ボーイミーツガール!

デビュー作『わたしはあなたの涙になりたい』(小学館ガガガ文庫刊)は『このライトノベルがすごい!2023』(宝島社刊)新作部門1位を獲得。
超大型新人が電撃小説大賞の看板を引っ提げて繰り出す衝撃作!

ガガガ文庫の新人賞にて大賞を受賞した【わたしはあなたの涙になりたい】。その作者である四季大雅さんは電撃文庫の新人賞にも応募していたようで、第29回電撃小説大賞で金賞を受賞した。それがこの【ミリは猫の瞳のなかに住んでいる】である。
情緒や感受性、センシティブ、センチメント、感傷……何ていうんだろう。感情そのものじゃなくて、その感情の動きを感じ取る感覚器官、というとまたちょっと違うかんじか。
やはり情緒や感受性って言うべきかな。そういうものが、物語を形作るフレームを越えてしまう感じで溢れて流れ出してしまっている、そんな感覚を覚える作品でした。
ティーカップにお茶を注ぎ続けてカップ自体から溢れてしまい、テーブルにまで溢れたものが広がっていくような。それでもなお、絶え間なく注がれ続けているような。
でもその代わり、物語の輪郭そのものは滲んでしまってボヤケてしまう。何を描きたかったのかの焦点が合わないまま、圧倒的な情緒情感で流されていくような。
前作はそのへん、実にシンプルかつストレートで。迷うことなく一直線だった。芯が通っているというか、芯しかなかった。
でも、本作はいろんな要素が詰め込まれすぎていて、そちらこちらに目移りしていくうちに致命的なところまで話が進んでしまっていた。後ろを振り返っても、溢れた波に沈んでしまってその輪郭はもう見えない。感じ入る、浸る余裕を与えてくれなかった、というべきか。
過去にいるミリと未来にいる窈一。過去視と未来視の異能によって時間の壁を越えて、本来交錯しないはずの男女はまるで同じ時間に住まうようにひとときを過ごし、人生を共にした。
彼らにとって過去と未来はひとしく現在であった、そんな時間が間違いなくあった。彼らの時間は並列であり、過去と未来でありながら隣同士に並んで流れていた。そんな瞬間だったのだ。
でも、そんな共有された時間は、ミリの謎めいた言動によって溶けていく。ミリに定められた死というカウントダウンに、ミリ自身が謎という名の覆いをかぶせ、窈一を真実から遠ざけようとしていく。
そこからはじまったのは、確かに時を超えたミステリー、謎解きだったのだろう。ただ、この謎解きは、ミステリーは、ミリと窈一の間だけで完結するものでは終わらず、連続殺人事件の犯人探しや演劇部にまつわる揉め事の謎、など多くの要素を取り込んで拡散していく。
それはミリの死へと一気に収束していくのなら必要不可欠の要素だったのだろうけれど……さて、どうだっただろう。結果としてそれはミリの死にかかわるものであったけれど、真実に収束していくものではなく、新たな結末へと押しやっていくものになっていた気がする。
そして、窈一はミリに導かれる形で演劇の道へと脚を踏み入れた。彼はそこではじめて、演じるという要素に出会い、人生を一変させる感動に立ち会うことになる。
正直、大学の演劇部でここまで演者の演技に実入り、魂を揺さぶられ、人生を踏み外すまでになるとは。いや、ハイレベル過ぎない? それ以上に、部員の殆どが演劇に人生掛けちゃってるような没入っぷりなんですよね。それならいっそ、それこそ人生の大半をつぎ込んじゃってる人が大半だろう民間の劇団の方がしっくり来たんだけれど。
大学の演劇部を舐めてはいかん、というのならごめんなさい。ちゃんと見たことないもんね。でも、阿望先輩はじめとして、スケールがデカすぎて学校の部活じゃ収まらないんだよなあ。実際、スポンサーが入って部活の枠からはみ出そうな情勢ではあったのだけど。

ともあれ、あそこまで一人一人の演技に、脚本に、感動できる窈一くんは感受性の塊だな、と思えた。彼に限らず、登場人物の大半がそんな感じの人であったのも、物語そのものが情動によって構成されているような形容になったと感じさせる部分であったのかもしれない。
いずれにしても、それまで演劇というものに触れた事もなかった窈一は、演劇の虜となっていく。夢中になり、はまり込み、人生そのものが演劇という形と色に染め上げられていく。
それは、彼にとっての一つの開闢であったのだろう。そのとき、物語はまさに演劇というものを中心にして進んでいた。ミステリーは? ミリは?
どこか焦点が合わず、とっ散らかっていた、と思ってしまうのはこういう所だったんじゃないだろうか。物語の比重と輪郭があっちに動き、曖昧に滲んで、一つ一つは溺れるように押し寄せてきて染み込むようにしびれてくるのに、そこに物語として集中させてくれないまま、最後まで転がっていった、という感じだったんですよね。
また、ミリと窈一、それぞれにとっての焦点も違っていたのでしょう。ミリは、自分を救ってくれた少年から一切ブレることがなかった。それは自分の死だけじゃなく、自分の人生そのものを消し去っても、自分の存在そのものを覆い隠してしまっても構わないというほどに、一途で重すぎるほどに重く、覚悟は決まっていた。彼女は呪われ、そして既に呪いから解かれ、満たされていた。
過去も現在も未来も、彼女にとってはすべて等しく、それはもう運命だったのだ。
対して、窈一はいまだ運命を目の当たりにしていない。ミリに導かれる形で演劇に出会い、そこで魂を揺さぶられる感動を経て、彼の焦点はあちらこちらへと流転していく。その起点に常にミリがあったとしても、彼の物語と体験はミリだけで収まるものではなかったのだ。
最終的に、ミリへと焦点が結んでいくとはいえ、そこに至るまでに彼が流れ流れていくのは必定だったのだろう。ただ、だからこそ最後まで落ち着かなかった。仕方ないよね、既に辿り着いていた者とまだ辿り着いていなかった者がそこに至るまでの、ラブストーリーだったんだから。

……とりあえず、阿望先輩の胸毛は、ショリショリ剃りたい。許せないとかいうのじゃないんだけれど、気になって気になって仕方なかった。できるなら、剃るより毟りたい。除草するみたいにキレイに引き抜きたい。なんかそんなことばかり気になってたんですけどw