【ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインXIII フィフス・スクワッド・ジャム〈下〉】 時雨沢 恵一/黒星 紅白 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
この戦いは、死んでも終わらない! 第五回SJ、ついに決着!

1億クレジットの賞金がレンに懸けられた第五回スクワッド・ジャム。濃霧の中放り出されたレンは他の参加者に執拗に命を狙われ続けるも、なんとかフカ次郎やピトフーイ達との合流を果たす。
しかし開始から1時間後、突如フィールドが外側から崩れていき、残ったのは直径3キロメートルの城だけに。辛くも崩壊から逃れたレン達だったが、シャーリーが放った炸裂弾によりピトフーイが死亡してしまう。
様々な思惑が入り乱れるSJ5。決着の時が近づく中、待機所に送られたピトフーイが目にしたのは、新たに追加された特殊ルールだった……。

チーム名、四文字アルファベットで表記されるの、未だにどのチームも覚えられないw
レンのチームもバレー部チームのも覚えられてないもんなあ。マシンガンラバーズも略称の方覚えられてないですし。
なので、作中でチーム名が出てもどのチームなのかわからないまま読み進めている始末。無理なもんは無理なんですよぅ。

というわけで後編だよ! 今回はもうボスたちのJKチームとは共闘を通り越してほぼ同一チームといった塩梅でしたよね。
フィールドが縮小されていき、バラバラだったメンバーも必然的に同じところに集まってくることで集合してくる。そうなると、生き残るために臨時に手を組んでいた連中とも引き続き臨時同盟組んでる必然性がなくなる。そして現状レンに賞金が掛かっているので他のチームの殆どがレンとそのチームを付け狙ってくる。
つまりレンたちのチームVSそれ以外という形になってくるわけですな。そうなると流石に多勢も無勢になるのでJKチームが一緒に戦ってくれないと流石に抗うことも出来なかったでしょうしね。
肝心のピトーさんはというと、見事にシャーリーに討ち取られてしまいましたし。まあぶっちゃけ、Mさんがいれば安定感は崩れないのですけれど。この人が居るといないとでは全然生存率変わってきそうだしなあ。
とはいえ、そのMさんもわりと早い目に脱落してしまうのですが。それも終わりまで見ると物語上の重要な展開の一つであったのかも知れません。下手に生き残ってたら、逆に詰んでたかもしれない。

にしても毎回毎回、時間が経過すると外周からフィールドが崩れていくって、同じパターンですよね。同じパターンなのに、同じように崩落するフィールドに巻き込まれてゲームオーバーになるやつが出てしまうのは、予習復習が足りてないですよ!?
ってかこれ、違うパターンないんだろうか。わりと繰り返しでちょっと飽いてきたんですけれど。フィールド狭くならないと人が集まらなくて戦闘が起こりにくいというのはあるんだろうけれど、違う解決法はないもんだろうか。
直接のドンパチ以外でゲームオーバーになってしまうのも、なんか残念ですし。

シャーリー、今回はピトーを討ち取ったことで復仇を果たした事で、後腐れなくレンたちを手伝ってくれましたけれど、これをきっかけにちゃんとチーム入りしてほしいなあ。あの執念が薄れてしまうと、今までみたいな粘り強さも薄れてしまうか心配ではありますけれど。
それでもMさんとシャーリーの、バレットラインを出さない直接照準による狙撃の強力さは、今回も何度も見せつけられましたからね。リアル猟師というシャーリーのサバイバリティは、Mさんのそれとはベクトルが違うけれど非常に強力ですし。

さて、最初の方から予告されていた、死んでゲームオーバーになった参加者の敗者復活戦。いやこれどういう形になるのかな、ゾンビ軍団みたいに襲いかかってくるのかな。少なくともピトーさんまたぞろ敵に回るよねこれ、と思ってたら普通に味方のままだった! ピトさんの性格からして絶対に追い込みかけてくると思ったんだが。いやでも、現状で既にレンが何度もこれはもうダメだと諦めるほどの劣勢が続いていましたしね。これでピトさんまで敵に回っていたらいくらなんでも敵の方が過剰戦力でしたし。
でも、あの設定はちょっと意外でした。ゴーストは生存者に直接攻撃を加えられないって、それって復活させる意味ゲーム上であるのかしら。と、思ってたらあの短時間でルールの隙間をついて思いっきりゴーストの特性を利用して、ゲームの終盤を引っ掻き回してくれたピトさんとMさん。
デヴィットは迂闊! いやこの人、ポカしてるわけじゃないんだけど、ここぞというときでいつもやらかしているような印象がw
そういう意味では、このゲームにおける最高にクレバーな指揮官って、マシンガンラバーズのビービーに移ったような感じですよね。
いや、今のマシンガンラバーズって普通に集団戦やったら圧倒的にここが一番強いんじゃないの? 優秀な指揮官の元、完全に隙なくなってるんですけれど。今回ルール上仕方なく全員バラける形になっちゃいましたけれど、それじゃなかったら精鋭揃いのデヴィットたちでもこれなかなか相手するの難しいんじゃないだろうか。

で、問題のレンに賞金かけた依頼人ですよ。レンを賞金首にして今回のゲームを混沌の渦に巻き込んだ犯人ですよ。その正体やいかに! というのが今回のテーマの一つだと思ってたのですが……待って、ちょっと待って……わかんないまんまなの!? えーー!? いや、レンが全然気にしてないにしても、正体不明のまんまなの!? 犯人探ししないの!? それ以前に、依頼主が黒幕のように幕間にあらわれて、意味深なセリフを吐きつつフェイドアウトしていく、みたいのすらないの!?
誰でもいい、って良くなくない!? いいの!?
いやピトさんの可能性もあったんじゃ。いやそれならピトさんが頼んでも居ないのに勝手に自白してくるか。いやこれは気になるなあ。モヤるんだけど。次回に何らかの形で続くのだろうか、引っ張るんだろうか。おおん。