「鬼滅の刃」 刀鍛冶の里編 ★★★★

物語は新たなる地へ─
炭治郎が向かう先は「刀鍛冶の里」。
鬼殺隊最強の剣士《柱》である、霞柱・時透無一郎と恋柱・甘露寺蜜璃との再会、忍びよる鬼の影。
炭治郎たちの新たな戦いが始まる。
安定して面白いなあ、鬼滅。
それにしても、炭治郎が行く所行く所に上弦が出てくるのね、流石は主人公。炭治郎のヒノカミ神楽や日の呼吸の秘密に関わるあれこれが出てきたりと、根幹の物語も順当に進んでいく感じが見受けられる。
しかし柱の人はいつも登場シーンは感じ悪いのな! 時透くん、柱なんざ刀がなけりゃ戦えないんだから、どちらが大事といえば刀鍛冶の方なんだよなあ。
それにしても恋柱の蜜璃さん。柱会議のときの様子から極まった恋愛脳のある意味人を人とも思ってないヤバいバーサーカーなのかと思ったら、普通にイイ人だぞ!? 禰豆子に対しても鬼とわかっているのに別け隔てなく可愛がってくれるし。これだけいい人なのに、恋人がいないと嘆くからにはそれなりの理由があるんだろうけれど。OPにも意味深な描写があるし。





この素晴らしい世界に爆焔を! ★★★☆

紅魔の里――そこは、生まれつき魔力と知力が非常に高く、
魔法使いとしての高い適性を持つ、紅い瞳をした紅魔族がすまう土地。
そんな紅魔の里には教訓がある。
「上級魔法を習得してこそ一人前。爆裂魔法はネタ魔法」

けれど、“魔法学園レッドプリズン”で学ぶ同級生たちが
上級魔法の習得を心待ちにするなか、
紅魔族の少女・めぐみんは、ただひとり爆裂魔法の習得のため勉学に励んでいた。
幼い頃に見た、あの光景に、あの人に、追いつくために――

これは、最強の魔法にあこがれた、一人の少女の物語。
このすばの前日譚にあたり、ヒロインの一人であるめぐみんが主人公となるシリーズ。これアニメ化するのはちょっとびっくりだったり。スピンオフまで余さずTVアニメになっちゃうのだから、このシリーズの人気の高さがうかがえる。でも、本作って原作小説でも本編と比べると少々微妙な感じはあったんですよね。ツッコミ役がいないというか、頭のおかしい魔法使いとしてキレッキレだっためぐみんが、この中では頭のおかしい集団のうちの一人にすぎなくて、あんまり突出していないんですよね。いや、頭のおかしい集団というだけで見ていて十分アレなのかもしれないけれど、ツッコミ役がいないw ゆんゆんはヘタレすぎてツッコミ役としてはキレが全然ないですし。ゆんゆん自身も友達問題では途端に頭おかしくなりますしw
少し全体的にパンチが足りないのは確か。話が進んでくるとギャグのキレも段々ともどってくるのですけれど、さてどうなるだろうか。
しかし、紅魔族の性質からして、爆裂魔法のネタ性についてはむしろばっちこいってむしろ人気になりそうにも思うんですけどね。






スキップとローファー ★★★☆

地方の小さな中学校から、東京の高偏差値高校に首席入学した岩倉美津未。
カンペキな生涯設計を胸に、ひとり上京してきた田舎の神童は勉強はできるけれど距離感が独特でちょっとズレてる。
だから失敗することもあるけれど、その天然っぷりにクラスメイトたちはやわらかに感化されて、十人十色の個性はいつしか重なっていく。
知り合って、だんだんわかって、気づけば互いに通じ合う。だれもが経験する心のもやもや、チリチリした気持ち。わかりあえるきっかけをくれるのは、かけがえのない友達。ときどき不協和音スレスレ、だけどいつのまにかハッピーなスクールライフ・コメディ!
わははは、なんだこの娘、メンタルつええ。いや、メンタルの耐久力、耐える力が強いんじゃなくて普通の人が心にダメージを追ってしまうような出来事や状況、展開を痛みを感じる事として受け止めていないんだ。ある意味空気が読めないとも言えるんだけれど、人間関係や社会の立ち位置、現実の壁に対して変に感受性を尖らせて受け止めてしまいがちな思春期の男女にとって、美津未の妙な無敵っぷりは、気にしない前向きさは、時として痛快で自分の悩み事も吹き飛ばしてくれるような爽快感があるんだろうなあ。
心の壁というか鎧みたいなものを着込んで、他者とクラスメイトたちと友人たちと付き合ってきた子が美津未の影響でちょっとずつ変わっていくことで、美津未だけじゃなく周囲の人たちとの関係まで少しずつ変わっていく様子が見て取れるこの序盤。なかなかに面白いけれど、美津未も感性が他の人とズレているだけで普通の子なだけに、これから色々と思うところも出てくるんだろうけれど、さてどうなっていくのか。





デッドマウント・デスプレイ ★★★★

はるか遠い異世界の魂が、現代の新宿に「四乃山ポルカ」として転生した。ただ、その転生した体には、喉に致命傷が…。しかも、その傷をつけた殺し屋・崎宮ミサキに、暗殺に失敗したと勘違いされ再び襲われることに。なんとか撃退し、自身にかけられた暗殺指令を解くことに成功したポルカは、新宿を根城にした裏社会の「仲介屋」・倉木リサの助力を受け、ミサキや情報屋の繰屋匠を仲間とし、夢だった「平穏な暮らし」を目指す。しかしこのポルカの「転生」は、様々な人々に波及する。待ち受ける、裏社会の「何でも屋」・レミングス、謎の放火犯・火吹き蟲、そして超絶奇術師・怪人ソリティア――「厄ネタ」と呼ばれる超常的な力をもつ犯罪者達と、それを追う新宿署第三資料編纂係、通称「三纂」の刑事。そして「四乃山ポルカ」の生い立ちと、その親族達。さらに、出会うハズのない元いた世界の滅びた帝国の面影にまで、ポルカは巻き込まれていく。

これは普通に騙された! いや、これ勘違いしますよね。そっちかーー!!
ってかタイトルこれ、デスプレイなんですね。ディスプレイだと思ってた。原作は未読。漫画なのか。成田良悟さんが関わってるのね。成田良悟さんというと【デュラララ】とか【バッカーノ】とか最近ではFateのFakeシリーズを手掛けてる作家さん。群像劇の書き手として有名だけれど、本作もそうなっていくんだろうか。確かに主人公のポルカのみならず、わりと最初から沢山の登場人物が出てきているので結構ワチャワチャしてきそう。現代に現れた異界の死霊術師、しかも見た感じ今のところ死霊魔術を使うのに何の制約も制限もないみたいなんで、やりたい放題できそうなんだけどどうなっていくのか。いきなり裏社会の面々と関わり持っちゃってますしね。
それに、彼が転生したポルカという少年がそもそもなんで殺し屋に狙われていたのか、というあたりの謎も一切不明なので、かなりネタ満載なんだけれどワンクールで処理できるんだろうか。そのあたり上手いこと描けるのなら勢いのある面白い作品になりそうなんだけど。






Dr.STONE ★★★☆

全人類が、謎の現象により一瞬で石化して数千年――。
超人的な頭脳を持つ、根っからの科学少年・千空が目覚めた。
文明が滅んだ石の世界<ストーンワールド>を前に、千空は、科学の力で世界を取り戻すことを決意。
新たな仲間を集め『科学王国』を作りあげる。
しかし、そこへ霊長類最強の高校生・獅子王司率いる『武力帝国』が立ちはだかる。
人類の浄化を目指し、強大な武力によって科学の発展を阻止しようとする司。科学vs武力の戦いは激闘の末、千空たち科学王国が優勢となり、両国は遂に和解する。
仲間の謀反によってコールドスリープ状態になった司、そして、全人類を復活すべく、科学王国は石化光線の発生源、地球の裏側・新世界を目指す!
世界に飛び出て石化の謎を解き明かす!
石の世界<ストーンワールド>大航海時代がついに開幕する――‼
理論があって材料が揃えば即現物が出来ます、ってそんな簡単に出来たら楽だよなあ。と、思いながらもサクサクっと原始世界にどんどんと科学文明が再誕していくのは、シンプルに見ていて楽しいw
今期は前の司の率いる集団と敵対していて、それと対抗するために試行錯誤しなくてはいけなかったのに対して、今のところはただただみんなで協力してどんどんと新技術に基づく科学の産物を作り出していく、というひたすら創るのターンに入っているというのも大きいのだろうけど。
しかし、こうなってくると外部から敵が、というのはパターンでもあるんだよなあ。石化の謎も、ちょっとスケールが大きすぎて意味わかんないし。誰か個人、或いは人間の意図によって出来ることなんだろうかこれ。
ところで、今のところアレを開発するぜ、あれを見つけるぜ、インフラ整えるぜ、ととにかく創るターンに入っているので、あんまり個人個人にスポット当たらないなあ。




贄姫と獣の王 ★★★☆

異形の眷属の王の99番目の生贄として捧げられた少女・サリフィ。
彼女は自分の運命を受け入れ、生贄の儀式へと向かう。
そこで、何者も寄せ付けない、恐れられている王・レオンハートの真実を知り、
サリフィは妃として迎えられることになる。
まだ一話だけしか見てないけど、美女と野獣ですね! この場合、美少女と野獣ですけれど。ってか、サリフィが儚げな容姿やその生まれと境遇のわりにかなり元気のよいガンガン行こうぜ、な子でびっくりした。育ての親にそもそもお前は生贄にするために引き取って育ててたんだ、という事実を明らかにされた上に実際に生贄として捧げられてしまう、ってメンタル的にもう擦り切れもおかしくないのだけど、王様に対して結構イケイケというか馴れ馴れしいというか。この時点においては、【魔王城でおやすみ】のスヤリス姫を思い起こしてしまった。いや、あそこまでアレじゃないけど。比べるまでもないけれど。あれは特殊がすぎるw
実際、親に裏切られた事はトラウマになっているみたいだし、決してメンタルつよつよ、という訳では無いみたいだけれど。
てか、王様人間バージョンあるのかー。むしろ、野獣のままの方が良かったんだけど。すらっとしたイケメンとか、いやいいんだけれど。さすがに昔のコバルト文庫から出てた【ちょ〜】シリーズほど女性側の方がツヨツヨではなかったか。あれも美女と野獣系統としては随分とクラシックになってしまったけれど。





魔法少女マジカルデストロイヤーズ ★★★☆

2008年――謎の勢力の出現により、アニメ、ゲーム、マンガ、音楽、鉄道、コスプレなどあらゆるオタク文化が排除された日本。グッズは収容され、保護の名のもとにオタクが弾圧されても、人々は自我を喪ったかのように疑問を持たない。秩序維持を担う組織『SSC』に蹂躙され、オタクは滅びたかに思われた――だが、封鎖されたアキバを奪還し、反旗を翻す者たちが現れる。若き革命者『オタクヒーロー』――何よりもオタク文化を愛し、誰よりもアキバを愛する男。そして彼を慕う3人の魔法少女たち――『アナーキー』『ブルー』『ピンク』。2011年の日本を舞台に、自由の旗のもとに集ったオタクたち――アキバ革命軍は、SSC首領『SHOBON』との壮絶な戦いに挑む。混沌も秩序も破壊して、好きなものを好きなだけ好きといえる世界のために。
おおぅ。なんか今どき革マル派みたいなヘルメットの格好した主人公とか、老人世代の幻想に引っ張られているみたいでどうよ、と思うし、やたらとサイケデリックでドラッグ決めたみたいなOPEDの描き方といい、少数派が権力側に弾圧されて自由が奪われるみたいなそれも、昨今のポリコレ関係のあれこれを見ていると、全体的に拠り所が古めかしいという印象が否めないんだけれど……。
単純にアニメ作品として見ると、普通にわりと面白いんだよなあ、これ。作り手の好き放題作っているように見える割に、視聴者側を置いてけぼりにしないギリギリのラインを見事に整えてるんだよなあ。こういう作品って作ってる側の独りよがりになりがちな事結構あるんだけれど、そのあたりのバランスがいいんですよねえ。そしてアナーキーちゃんの可愛いような可愛くないような微妙なバランスのデザインもw



【ワールドダイスター】、【私の百合はお仕事です】【山田くんとLV999の恋をする】【異世界ワンターンキル姉さん】あと【アイマス シンデレラガールズ】あたりはちと合わなかったので離脱。【山田くんとLV999の恋をする】は1話だけしか見てないので後でもう一度見直すかもしれないけど。

あと【魔法使いの嫁2期】はまだ見てない。これは見る。