【望まぬ不死の冒険者 12】 丘野優/ じゃいあん オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
不死者の弟子、護衛依頼を受ける。

王都で諸々の依頼を終えたレントとロレーヌは、総冒険者組合長ジャン・ゼーベックと合流し、彼を連れてマルトへ帰還することに。
一方マルトでは、アリゼとともにイザークの指導を受ける鉄級冒険者リナの姿があった。
しかし周囲の実力者と比べてしまい強くなった実感を得られず、少し自信喪失気味のリナ。
見かねたイザークによって、一人で冒険者組合の依頼を受けることを勧められる。
シェイラの助けもあり、女性行商人ドロテアの護衛依頼を受注したリナ。
父親の反対を押し切って実家の商会から独り立ちしたドロテアだったが、多数のトラブルに遭っているために護衛を依頼したのだという。
行商の旅を無事に終えるべく、リナは己の技術、そして“吸血鬼”の力を振るうと決め――!?
強大な魔物と戦い、多くの謎を解き、そして強くなる。
死してもなお遙かなる神銀級を目指す、不死者レントの『冒険』、第12弾――!

リナが表紙絵のメインを飾るのは結構頻度も多くて珍しくはなかったのですけれど、今回は紛れもなく主役級の扱いであると同時に、吸血鬼(?)の眷属らしい凄味を見せてくれている姿で、これまでの明るい印象とは違う側面を見せてくれている。
実際、本編の方もレントたちの同行と平行して、マルトに残ったリナの話が描かれていて、実質この巻では彼女が主役でしたね。
レントの眷属となって以降、自分の能力をちゃんと制御・発揮できるようになるために吸血鬼の大先輩であるイザークの訓練を受けていたリナ。こちらは人間でしかもまだ冒険者デビューする前の事前練習的な感じで参加しているアリゼと共に指導を受けていたのだけれど、そう言えば元々リナと組んでいた若手の男女コンビは以前の事件のダメージが抜けきらずにまだリハビリ中なもんで、リナって最近はちゃんと冒険者として活動していなかったんですね。
その分、じっくりとイザークの地獄のシゴキを受けていたわけですけれど、訓練練習ばかりではなかなか自分の実力って確認できないものですしねえ。ただでさえリナの周りは図抜けた実力者ばかりで、自分の実力がどれほど向上しているか実感できず、ややもモチベーション落ちてきていたところで、イザーク先生の許可が出て、ある女商人の旅程に護衛として同行することになったのですが、その女商人のドロテアは実は妙な輩に商売の邪魔になるようにずっと嫌がらせをされていて、と予期せぬ事件に巻き込まれることに。
……いや、これ本当に巻き込まれたのか? レントみたいな巻き込まれ体質ならともかく、偶々受けた護衛以来で都合よく吸血鬼案件だった、とかあるんだろうか。イザークさん、もしかしてある程度承知した上でこのタイミングで冒険者としての活動を許したとかないですかね?
そうでなくても、イザークさんてばリナの仕事っぷりをずっと見守っていたんですよね、これ。過保護だなあw 元々、イザークさんそういうタイプのお世話好きというのもあるんでしょうけれど。
あと、リナ本人も自覚あるみたいだけれど、性格が変わった……というのとはちょっと違うか。まとう空気感が少し変わっている気がする。元々明るさの中にあっけらかんとした所のある娘でしたけれど、身内や味方に対してはいつもどおりでも敵と認識した相手に対しての冷たさは、以前の彼女にはここまで相手を突き放したような冷徹とすら感じられるような温度の低さはあっただろうか、と感じる所はあるんですよねえ。ある意味、プロフェッショナルらしくなった、とも言えるのかもしれませんけれど、それよりもふとした瞬間に人間味が薄れる、という雰囲気のほうが感じられるんだよなあ。
とはいえ、それを危惧しているわけでもないんですよね。相変わらず、親しい人には親身で味方に対して情厚く、変に引きずらずにさっぱりしている所などは相変わらずですしね。むしろ、頼もしくなった、とも言えるでしょう。
どれほど成長しても、のほほんとした所が全然変わらないレントと比べると立派になってるんじゃないですか?

そのレントの方はというと、王都を出発するまでもまだグズグズしていて、ようやく帰ってきたと思ったら、以前知り合いの鍛冶屋に頼んでいた新武器を入手してウハウハしながら試したり、実戦でどんな効果を発揮するか確かめるためにスケルトンに襲われている村からの依頼を格安で受けたり、と……いや、話全然進んでいないんですけど!?
レントの三種の力を付与できる武器、というのはレントの戦力アップとしては重要だけれど、新しいダンジョンが出来てそこに様々な勢力が調査のために乗り込んできて、というのがレントたちが王都に向かう前に起こり、現在マルトの街がどうなっているのか……というのは一番気になる所だったのに、戻ってきたにも関わらずそのあたり一切触れないままでしたもんねえ。学院の生徒たちも結構こっち来ているみたいなのに、その件も放置に放置を重ねているし。
読んでてあれ? ここでもう終わり? と思ってしまうほどにレントの方の話は進みませんでした。さすがにちょっと冗長だと思うなあ。