【ママ友と育てるラブコメ】  緒二葉/いちかわはる ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
JKとの子育ては、慌ただしいけど尊い日常

昏本響汰は、3歳の妹が大好きなシスコン高校生。両親が共働きで家事育児もこなす。暁山澄は容姿端麗、頭脳明晰な孤高の少女。その存在感で何人たりとも寄せ付けない。ある日妹の入園式に参列した響汰は、頬を紅潮させ、カメラマンばりにシャッターを切る澄の姿を発見する。「郁、なんて愛らしいの……」彼女も、超ブラコンなお姉ちゃんだったのだ! お互い妹・弟の世話をしていることを知り、徐々に仲が深まっていく。料理、幼稚園の送り迎え、休日デート。そう、まさに二人の関係は“ママ友”だったーー。子育てラブコメ堂々開幕!

これ、昏本響汰が自分と暁山澄の関係を、ママ友と定義したのが、彼のファインプレイって作中にいくつもあるんだけれど、これが一番のクリティカルファインプレイだったんじゃないだろうか。
それも、同じ高校生の身の上で3歳の弟妹の面倒を見ている、というよりもうこれ育児と言っていいですよね。似たような境遇であることを知って早々に、ママ友という言葉は持ち出してはいないんですよね。散々、学業と弟の面倒を見ることと家事とを両立しきれずに行き詰まる事の多かった澄に手を差し伸べて、お互いの家にお邪魔して色々と手伝ったり、妹たちを連れて一緒に遊びに行ったり、という踏み込んだ関係になって、お互いの状況をよく知り合った上で、自分達の関係はママ友ってもんだろ、って澄に告げるんですよね。
これは澄には刺さりますよ。どれほど孤独感に身をこわばらせ、ハリネズミみたいに周りを威嚇して拒絶することで自分を守っていた澄にとって、誰もわかってくれないという拒絶は響汰にだけは通じない。自分の苦労も頑張りも同じ立場の上で全部わかってくれている上で「ママ友」と言ってくれるのはこの上なく自分を認めてくれている、「戦友」と言ってくれているようなものでしたからね。
これは刺さるし嬉しいし、頑なに閉ざした扉の閂を抜かれてしまっても仕方ない。他の誰の言葉も聞けなくても、ママ友の響汰の言葉だけはどうしたって胸に、心に届いてしまう。

ある意味、澄の陥っていた状態って呪いを受けていたとも言えるし、家族以外に胸の内を打ち明けられる相手のいない孤立したママさんの危うい状態そのもの、とも言えたんでしょうね、これ。
立派にママをやり遂げようという意識の高さが、余計に自分を追い詰めてしまう。特に澄は本当に余裕失ってしまっていて、自分の客観的な評価が全然できない状態になっていましたしね。自分の姉としての、郁を守る保護者としての姿にこだわり固執して、あれだけ大事で大好きな弟の郁がどう思っているかを一顧だにできなくなっていた時点で、かなり精神的に不安定にもなっていましたし。
育児ノイローゼの一種と言ってもいい状態だったんじゃないでしょうか。
頼りに出来る大人がいない状態でもありましたしね。
響汰なんかはわりと早期から妹の想夜歌の育児に関わっていたみたいだけど、澄の方は父の事故死による家庭環境の急変。弟の誕生によって持ち直したとはいえ、生活のために母の仕事が急に忙しくなって育児や家事のことについて上手く引き継げないまま、ワンオペに突入してしまった、という向きがあったようですしね。描写を見ていると、澄たちのお母さんは時間あるかぎり家のことは頑張ってやっていらっしゃるみたいなので、これほんと一杯一杯だったんだろうなあ。
その上で、他人に頼ろうとしない澄の頑固さが事態の悪化に拍車をかけていたわけだ。

面白いのは主人公の響汰の方で。こいつの中心はあくまで妹の想夜歌ちゃんなんですよね。想夜歌至上主義。なので、別に澄についてはそこまで入れ込んで心配とかもしていないのです。同じ弟妹を愛するものとして、自分の妹の方が可愛いし賢いし素晴らしいに決まっている、とまあ澄のことは張り合う相手として、むしろ当たり強いくらいの勢いすらありましたし。当たり強いのは澄の方もなんですが、というか向こうの方が当たり強いのですけど。
決して仲良いわけじゃなく、言うほど打ち解けていたわけでもなく、でも澄がマジで困っているのを見たときは、響汰って自然と手を差し伸べてるんですよね。まったく押し付けがましくなく、助けてあげるとか手伝ってあげるみたいな姿勢もなく、仕方ねえなあみたいな感じでもなく。
頑なに人の手を借りまいとしていた澄をして、とくに反発するでもなくついつい受け入れてしまうくっらい、本当に自然に。
こういう全く嫌味のない親切を親切に感じさせない、響汰という子のこの姿勢というかスタイルというかキャラクターはなにげに物凄いんじゃないだろうか。彼自身、あけっぴろげに妹愛を公言しているのに合わせて、妹の件について困ったらわりと遠慮なく友人に頼ったりしているように、自分にも他人にも遠慮を感じさせないキャラクターなんですよねえ、面白いなあ。
そんな彼が、かなり前のめりになってこりゃいかん、と押し留めようとしたのが、澄の状態だったんですよね。更に言うと、こういう響汰みたいなのがマジになって親身になってあれこれと手を尽くしてくれるのって、かなり威力あるんですよね。しかも、追い詰められて息も絶え絶えだった所でガチで助けられてしまった身の上からすると、ねえ。トドメにずっと孤立しがちで親しい人がぜんぜんいなかった身の上からすると、ねえ?
うん、まあそりゃくらっと来ちゃっても不思議じゃないよなあ。愛する弟もめっちゃ懐いているし、向こうの妹ちゃんも可愛いし、とくりゃあ……。

……いや、うん、マジで想夜歌ちゃんと郁くん、可愛いんですよねえ。3歳って人間種族の人生の中で一番かわいい時期なんじゃないだろうか、
この二人の反応とか仕草とか台詞とかがいちいち可愛くて仕方ないおかげで、作中ずっとほかほかした気分でいられた気がします。
ってかさあ、今まさに幼馴染となる男女のはじまりを目撃しているわけですよ。将来この子たちが成長していきながら、幼馴染としてずっと過ごしていって、段々と関係が変化していく姿を想像してしまうと、なんかもうたまらん気分になってくるんですが。もう家族ぐるみの関係になるのは約束されているようなものですしねえ。このシリーズ終了のあかつきには、次シリーズとか番外編で今の響汰と澄くらいの年齢になった想夜歌と郁の二人が主人公の話とか見てみたいくらいなんですが!