【獄門撫子此処ニ在リ】  伏見 七尾/おしおしお ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
その乙女、化物を喰らうさだめ――

これが応募総数1469作品の頂点。
第17回小学館ライトノベル大賞《大賞》受賞作!

獄門家――地獄より現れた血族。怪異ひしめく古都・京都を根城とする彼らは、呪術を操る胡乱な者どもはもとより、化物にすら畏怖されていた。
そんな凶家の末裔たる乙女――獄門撫子は、化物を喰らうさだめの娘。
荼毘の炎から取りあげられた、このうえなくうつくしく――このうえなく、忌まわしい娘。

しかし……
「撫子か。なるほど、その名の通り可憐だな。」
このうえなく奇妙で、胡乱で、美しい女――無花果アマナ。
自らを恐れもせずに笑う彼女との出逢いが、撫子を変えていく。

花天井に潜むもの。箱詰される人身御供。学園にあざなえる呪い。人を幻惑するけもの。かたちなき化物。
次々と怪異に挑むうち、二人はやがて目を背けていた己そのものと対峙する。

「あなたさえいなければ、わたしは鬼でいられたのに。」

鬼の身体にヒトの心を宿す少女と、ヒトの身に異形の魂を抱える女。
二人のつむぐ縁が、血の物語の封を切る。
TYPE-MOON武内崇氏も認めた、おそろしくもうつくしき、少女鬼譚。

第17回小学館ライトノベル大賞《大賞》受賞作。ガガガ文庫の新人賞の大賞作品です。
現代和風伝奇小説、しかも陰惨な古い術師…本作では無耶師と名付けられてますね。有耶無耶の無耶か。そんな陰惨な歴史を持つ呪われた古い無耶師の家系が幾つも存在するような、血生臭く死臭が漂うような世界観。近似では綾里けいしさんの作品に見る感じの、惨たらしい怪異とそれ以上に悍ましい人間の悪意が蔓延る世界観。
いやあタイトルから見得を切っていて格好いいなあとね、思ったですよ。
このタイトルの勇ましさもあって、主人公の獄門撫子というヒーローがガンガンと怪異を斬って捨てていくような伝奇アクションを想像していたのですが。
表紙絵の撫子って一見不敵に笑っているように見えるじゃないですか。そういう印象も相まって撫子という主人公を派手で強気に絶体絶命の危機も自らに課せられた忌まわしい運命をも笑って吹き飛ばしていくような、明るい陽のキャラクターかと勝手に思い込んでいたのですが。
読み終わってからこの表紙絵をよくよく見るとね、この娘ってばボロボロ泣いてるのですよ。

そうなんですよ、この撫子という娘は全然強くなんてなかった。鬼の末裔を、鬼の血を引く人外を名乗りながらも。どうしようもなく人の道を外れる事の出来なかった、人の心を取り落とす事の出来なかった、それでいながら血濡れた運命を辛さも痛みも悲しみも全部噛み締めながら、涙を袖で拭って拭って歯を食いしばって歩き続けるような、そんな強くて弱くて寂しい娘だったのだ。
勇ましいなんて印象、すぐに消し飛んだ。それは撫子という名前に相応しい、繊細で清楚として嫋やかな少女だった。
多少食い意地が張っていて、けっこう舌が肥えているせいか料理にはうるさくて、食べ物でホイホイと釣られてしまうくらい食い意地がはっている(二回目)娘だったけれど、どちらかというと大人しい感じの娘なんですよね。
それ以上に、普通の子。術者にも化外にも人外にも畏怖される地獄の鬼の血族でありながら、生まれからして異常の異形でありながら、この獄門撫子という娘はあまりにも普通の感性の持ち主でありました。
もちろん、獄門の家の娘としてその宿業を背負い、化け物の肉からしか栄養を接種できないという身の上も相まって、生きるためにも怪異を狙い追いかけ仕留めていく定めに粛々と従ってはいますけれど。強がって強がって自分を頑なに強く見せようとしているだけで、学校では目立たないように隠れるように過ごしているようですし、ついつい他人を気遣ってしまうような性格でもあり、つい強く拒絶するような物言いをしてしまった相手のことを、傷つけてしまった突き放してしまったといつまでも思い悩んでしまうような。
ただの少女である。
それだけに、孤高であろうあろうとする姿が痛々しくもあり、そんな生き方しか知らない姿が哀れであり、寂しさに打ち拉がれながらそれを当然と受け止めて粛々と生きる姿は健気とすら見えてくる。

カラーだと派手で活発に見える撫子だけれど、挿絵の彼女を見ていると髪も長くストレートで制服の着こなしも大人しめで人形めいた淑やかさを感じさせる、どちらかというと陰の雰囲気を醸した楚々とした美少女なんですよね。そして、そちらの印象のほうが撫子の実像をよく現しているようにも見える。
そんな儚げな、さみしげな、健気な強がる少女のあり方に、いつしかあの胡乱な美女もほだされてしまったのだろう。そばで見続けていて、どこか放っておけなくなったのだろう。諦観と絶望を持て余しながら自らのつく嘘に塗れて、この世という地獄をさまよっていた彼女にとって、健気に強がってしかし寂しさを共感してしまった撫子はきっと闇の中に浮かんだ灯火だったのじゃなかろうか。
それは撫子も同じ。闇の中でぽうっと浮かぶ温かな灯火は、見失っていた自分の姿をも照らし出し、自らに突きつける。孤独を、寂しさを、それを拭ってくれる存在を、知ってしまったのだ。
鬼になれなかった少女と、自らの死よりも喪うのを恐れる者を見つけてしまった女。

怪異に纏わる様々な事件に誘い誘われ、共に駆け回り知恵を絞り、共に歩む内にどこか離れがたいものを感じ始める二人。惹かれ合うからこそ恐れ、目を逸らし、しかし互いに秘めたる深淵を覗き込む誘惑に逆らえなくなっていく二人。
自らの本心も分からず、相手の事もわからず、これまで真剣に誰かと向き合って来なかったが故に、自らの内側に向き合って来なかったが故に、不器用にしか大切に思ったものと触れあえない二人。
生理的に嘘に耐えられない一族の娘と、生来嘘で身も心も固めきった妖の、本当に不器用で拙い距離の詰め方が、そしてだからこそ真に迫り、心から相手を求める叫びが胸を打つ物語でありました。
胡乱でしかない行き合いが、いつしか運命の出会いであったと言えるように育まれていく、そんな二人の物語でありました。

しかし獄門一族、その血の定めとして嘘が嫌い、というか生理的に嘘に反発し、自身も嘘をつけないみたいな感じで語られているのですけれど、それにしては叔父の桐比等さん、最初から最後まで嘘つきっぱなしじゃなかったですか?
姪の撫子に終始酷い物言いをして、二度と顔を見せるな、帰ってくるな、と突き放し本気で毛嫌いするような態度を取っているくせに。姪っ子に近づいてくる怪しい人物である無花果アマナには速攻でてめえうちの撫子に近づくんじゃねえ、なにかしようってならただじゃ済ませねえぞ、とばかりに脅しかけにくるわ。いそいそと撫子のために料理作りにくるわ。
……いやあんた、めっちゃ姪っ子のこと心配して可愛がってるじゃん!?
これはどういう事なんだろう。桐比等さん本人は本気で撫子のことを毛嫌いし憎んでいるつもりなので、嘘には該当しないのか。
獄門の血の判定では、ツンデレのツンは嘘には該当しないのか。
とりあえず、本作の最カワ候補ってやっぱり桐比等叔父さんなんじゃない!?
だいたい撫子の舌が肥えて食いしん坊になったのはこの叔父さんのせいである。