【勇者症候群】  彩月 レイ/りいちゅ/ 劇団イヌカレー(泥犬) 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
世界に仇なす《勇者》を殲滅せよ。

勇者、それは世界を救う特別な力。夢の中で「勇者」と称えられた少年少女は、ただ美しき女神の言うがまま魔物を倒していた。
――――その魔物が“人間”だとも知らず。

《勇者》、それは世界を滅ぼす特別な力。謎の生物「女神」に寄生された夢見る少年少女は、無意識の怪物と化し破壊と殺戮を尽くす。
そこに悪意はなく、敵意もない。ただ一方的な正義のみが押し寄せる終わりなき戦い。その均衡は少年・アズマが率いる勇者殲滅の精鋭部隊『カローン』によって保たれていた――。
《勇者》を人に還す研究をしていた少女・カグヤは、ある日『カローン』への所属を命じられる。だが過去の災厄で全てを失ったアズマたちにとって、カグヤの存在は受け入れ難いもので……。

少年は《勇者》を倒すため。少女は《勇者》を救うため。二人は衝突しながら、ともに戦場へと赴く――!
第29回電撃小説大賞《金賞》受賞、電撃文庫が贈る出会いと再生の物語。

うわぁ、これはゾッとする話だぞ。
冒頭、異世界転生の物語が始まったと思ったら転生して異世界に降り立った少年の冒険は現実に起こっている事ではなく彼の「夢」の出来事で、実際の彼は現実の世界で化け物に成り果ていた。勇者として無辜の民を助けるために魔物たちと戦っているつもりの彼は、その実自分が化け物「勇者」となり暴れ回って建物を破壊し人間を踏み潰し引き裂いてとてつもない被害を与える災害と化してしまっている。
これの悪質極まるところは、勇者となったつもりの彼に全く自覚がない所。本人は自分が無意識化で思い願っていたモノになって頑張っているつもりなんですよね。
こういう存在になりたい、異世界で勇者になって冒険したいとか具体的な願いを請うてそれが叶えられるという形式ですら無い。
女神という謎の存在に汚染され、現実の肉体は怪物へと変貌し、当人の意識は夢の世界に旅立ってしまう。
これって、今まで読んできたような異世界転生の作品だって、実は主人公の見せられている夢にすぎなくて、なんてオチが潜んでいるかもしれないという可能性を想像させられて、なんだかゾワゾワしてしまったんですよねえ。
今、隆盛を極めているジャンルである異世界転生モノの根本設定に冷水をぶっかける、なかなかエグい世界観である。
まあこの「勇者」に成り果てる罹患者の観る夢は異世界転生に限らず、ヒーローものだったり色々みたいで一概に異世界転生モノでもないみたいなんだけれど。
ともあれ、こういう設定だと【魔法少女まどかマギカ】であの「魔女」たちのデザインを担当した劇団イヌカレーさんを「勇者」のデザインに起用したい。と考えたの、これはむちゃくちゃわかるなあ。
今、人の夢の成れの果てを偉業の化け物として、元人間でありながらもうどうしようもないくらい人間ではなくなってしまったモノを描き出すのに、この人ほど相応しい方もいないでしょうし。
実際、描き出された「勇者」のデザインを見せられると、これはもう絶対に人間には戻れない、もう不可逆にまで変わり果ててしまった存在が「勇者」なのだ、というのを嫌というほど実感させられるんですよね。なまじ、元の人の特徴とかその人が抱いていたものの片鱗が色濃く残って、それがバグった形で現れてしまっているだけになおさらに。
ほんとこの世界観の設定は面白いですわ。
とはいえ、これ対勇者組織の主役を勇者に成り果てる子供たちと同じ世代の十代の若者にするためか、二十歳を超えると勇者の存在自体を認知できなくなり、勇者によって発生した被害、街の破壊や大量殺戮なんかも怪物によって引き起こされたものではなく、別の災害や大事故にすり替わって認識されてしまう、という設定はこれちょっとかなり無理筋だった気がします。
何しろ、対抗組織にほとんど大人がいないんですから。ここに所属していて年齢が加齢されて二十歳を過ぎた人は勇者についてまだ覚えているらしいですけれど、大概はそのまま組織から離脱してしまうみたいですし、組織の運営ほとんどが十代の面々でやってるんだろうか。
お陰で、この殲滅軍でしたっけ。これほとんど組織としてまともに機能していないっぽいんですよね。いや、実際戦闘を担当している部隊が戦闘詳報もろくに書いてない、勇者の情報も戦闘の内容も何も記録していない、報告をどこにもあげてない、研究部署の方とまともに情報共有がなされていない。
勇者なんてただ戦って倒せばいいんだろ。報告なんてする意味ないし、これまでもうまくやってきたんだからそんなん関係ない、という行き当たりばったりが当たり前になっている戦闘科の平然とした発言にはちょっと気が遠くなりました。
おまけに、勇者が発生する原因と目される「女神」という謎の存在について、現場では正体こそ不明なもののそういうモノがいるとだいたい知られているみたいなのに、肝心の研究部署とかこれ上層部も? そっちに全然情報がいっていなくて女神なにそれ初耳なんですけど、みたいな話になってたの、白目剥いてしまったんですけれど。
いやいやいやいや。
これもう組織として成り立ってないですよね。破綻してますよね? 学校の部活動でももうちょっとマトモというか、比べるのも烏滸がましいくらいちゃんとしてると思うんですけど。それぞれの部署で何をやってるのか、完全に情報が断絶しちゃってるじゃないですか。縦割り行政とかのレベルじゃないぞ。前線の連中は戦いの記録を取ることすらなく、つまり勇者の分析やら自分たちの戦い方の修正とかも全く関心を持ってないってことで、本当に真実ただ行き当たりばったりで戦っているだけで部隊内ですら情報の取りまとめもやってないみたいだし。
これ「殲滅軍」の構成員の殆どは勇者災害の被害によって生じた孤児だということですけれど、これってちゃんとした学校教育も受けさせずに現場に放り込んでいるという事なんだろうか。特にアズマが率いる精鋭部隊「カローン」は同じ事件で孤児になった子たちを集めた集団みたいですし。
そりゃ、幼い頃から戦ってばかりで学校にも通っていなかったら、基本的な当たり前の常識すらそもそも持ち得ないのかもしれない。もうこれ「少年兵」問題に行き着く話なんじゃないだろうか。教育はほんと大事。報連相はほんと大事。いやもうそれ以前のレベルだけれど。

それで、研究部門に居たカグヤがアズマたちの「カローン」に加わる事で化学反応が起こってやるべき事をやっていなかった組織運営に劇的な改善が起こる……なんて事も特になく、カグヤも色々と実際に前線に出てみて気づいた事とか違和感とかを感じ取ったにも関わらず、それを黙って誰にも言わないんですよね。いや、言いなさいよ。自分が死んだら研究部の後輩に情報を送るようにしてある、みたいな事は言ってたんだけれど、死んだらじゃなくてリアルタイムに情報共有してよ!?

とにかく価値観が合わないアズマたち前線部隊の連中と、後方の研究部の人間たち。現れる勇者は片っ端から殺していけばイイ、という前線と、勇者を人間に戻す方法を確立する事でこの厄災を根本的に消滅させようとしているサクヤ。いや普通に考えるとどう考えてもアズマたちの考えは行き詰まってて何も考えてないに等しいし、おまけに彼らも20歳になれば勇者を認識できなくなるわけだから、根本的に問題を解消しようというサクヤの側の方がどう考えても正しいわけだけれど。
正しいからと言って納得ができるわけじゃない。家族を、日常を、人生を奪った勇者という存在への憎しみによって稼働している前線の連中にとってはこれは感情の問題以外のなにものでもない。
また、そうやって相手を人間の変じたものではなく、殺すべき憎むべき怪物であると思い定めていないと、それこそ正気で居られない。救えるかもしれない人間だったものを殺すという罪悪感に、嫌悪に竦んでしまう。マトモで居られないからこその、自己防衛だったとも言えるのでしょう。
しかしその逃避、と言っては厳しいか。思考を止めた自己防衛は、彼らの仲間の一人であるサクラが女神によって勇者へと変えられてしまったことで破綻する。
その勇者がアズマたちにとっての最も大切な友人であり幼馴染であり、災厄によってすべてを奪われた彼らにとっての家族であった少女である事実から目を背けて、今までのようにただ殺すべき怪物として処理することは、彼らが感情によって突き動かされているからこそ出来なかったのだ。
彼らが殺すのは、サクラなのだという事実に。

これを機に、アズマたちはカグヤの勇者を人に戻したいという信念に歩み寄りはじめる。それまでの在り方から逸れてしまう以上もどかしいくらい辿々しい歩み寄りではあったけれど、それでも同じ救いを求める仲間として、ようやくアズマたちとサクヤは道を同じくしたのだ。
そうすると浮き彫りになってくるのが、勇者を生み出している敵……女神の存在になるわけですね。
そこからは、狡猾にアズマやサクヤたちの心のスキマに手を突っ込んでかき回し、彼らの中から勇者を作り出してさらなる混沌をもたらそうという女神の悪意と、それに抗いながら謎の存在・女神の正体を突き止めようとするサクヤたちの戦いになっていく。
なんか、このあたりから途端に謎めいた得体のしれない存在だった女神が、明確な敵として指向されたせいでかやたらとあからさまな行動に打って出て、早々に底の浅さを露呈してしまった感があるんですよね。
いやー、侵食した相手の心のスキマにつけこんで、その願望を呼び起こして意識を夢の世界に閉じ込めて物理世界に肉体は怪物に変貌させて好き勝手暴れさせよう、ってコンセプトはいいんですけれど、意外とその秘めたる願い、喪ったものを取り戻させようという仮初の世界や人物がやたらと薄っペラくて、よっぽど心身が参ってないとこれ騙されないよね? 存在や言動が通り一遍等すぎて書き割りみたいだよね、という塩梅で。どうも蟲の化け物みたいなんだけれど蟲のおぞましさよりも、所詮できの悪いAIみたいな虫頭だよね、という感じになってしまったなあ。まだこれ端末も端末みたいで本体じゃないみたいだけれど、果たしてここから敵としての格をあげられるんだろうか。
キャラクター同士の絡み合い、関係の進展模様なんかもちょいとテンプレートというか面白みに欠けた感じだったので、あんまり物語にもこの子たちの想いにも入り込めなかったかな、てなもんで。
勇者症候群という設定そのものは非常に面白いものだったんですけどね。。