ジャパンカップが終わった後に、このレースで引退と聞いた時はええ!? となりましたけれど、年齢的にも順当なんですよね。
サウジのレースを勝って獲得賞金もとんでもない金額引っ張ってきましたし、最後までよく頑張ってくれました。
ネタ馬ってわけじゃない、走れば本当に強い馬でまさに歴史に残る名逃亡者でした。普通あれだけ爆逃げしながら全然落ちてこなくて、二枚腰三枚腰で粘り続けるのなんて出来ませんからね。
本当に惜しむらくは適距離が1600でも2000でもなく1800あたりであった事でしょうか。この距離の芝、日本じゃどうしてもレース限られるもんなあ。
だからこそ、海外であれだけ大暴れできたとも言えるのかもしれませんが。
そして、去年の天皇賞・秋での彼の走りは一生忘れられないでしょう。あれ、相手がイクイノックスじゃなかったら勝っちゃってたんだぜ? イクイノックスの強さが際立っていくのに合わせて、あのレースでのパンくんの走りっぷりの価値も一緒に上がってってますよ。
彼の最後のレースは出来れば存分に力を発揮できる1800か2000のレースでのそれを見たかったのが正直なところですけれど、ジャパンカップのラストラン……十分です、充分です。
令和の逃亡者は最後まで地の果てまで逃げ切ってくれました。お疲れ様でした。
ロードカナロアの後継者候補として、或いはあのモンジューの血の継承者として今度も産駒たちで見る人の脳を焼いてほしいなあ。