3歳以上 オープン (国際)(指定) 定量 中京競馬場1,800メートル(ダート・左)


さあ、今ダート界は新星・怪物が跋扈し世界の大レースを荒らし周り、新たな3歳世代も傑出した能力を見せ、地方からも次々と中央に殴り込んでこようというとてつもない大物たちが続出、と大戦国時代の様相を呈している。
ブリーダーズクラシックで2着に入った3歳新星デルマソトガケや、東京大賞典・川崎記念・ドバイワールドカップとG1を三連勝したウシュバテソーロ。JCBクラシックを圧勝したキングズソード。そして南関東無敗の三冠馬という地方の怪物ミックファイアといった面々は暮れの東京大賞典の方に回ったりと回避したものの、それ以外の現役のダートを席巻する馬たちはほぼ揃ったんじゃなかろうか。

そんな中で一番人気にあげられたのが、レモンポップ。春のフェブラリーステークスでは距離不安を語られながらもゆうゆうとした一人旅で他馬を寄せ付けずに圧勝。さらに前走南部杯ではJPN1の格付けレースとしては最も二着馬を突き放した大差勝ちで勝ってしまい、レモンポップならぬデモンポップ。悪魔なんて一部で称されるほどの強さを見せる。
ところがだ、レモンポップは中京競馬開催になってから誰も勝っていないまさかの大外8枠に入ってしまい、さらにはじめての1800メートルレース。元々レモンポップってダート1400メートルが主戦場。1600マイルですら長いんじゃ、と言われてたんですよね。それを真っ向から覆したのがフェブラリーステークスだったわけですけれど、そこからさらに200メートル延長となると。
さらに中京競馬場のダート1800は馬場の形態からして内有利。差しが効く、というレース形態。
1番人気にこそなったものの3.8倍という倍率に収まってしまったのもそこらへんに理由があったのだろう。

二番人気はセラフィックコール。これがまたとんでもない馬でこのレースまで5戦5勝の無敗ロード驀進中。化け物揃いのダート3歳世代でも、デルマソトガケと並ぶ怪物筆頭候補である。前走のみやこSがまたとんでもないレースをしやがりまして、盛大に出遅れながら盛大に並み居る他馬をぶっちぎって圧勝してしまうという桁違いの強さを見せた馬でした。

3番人気がクラウンプライド。父リーチザクラウン産駒の希望の星。去年のこのレースに2着馬であり、中京競馬場の適正はトップクラス。また前走コリアカップでは同じ日本馬でダイオライト記念と平安Sと重賞を連勝していたグロリアムンディを10馬身ぶっちぎるこれまたえげつない圧勝劇を繰り広げる。今回の人気上位の馬たちみんなアホかっというレベルの圧勝で勝ってきてるんですよね。しかも圧勝している相手が雑魚じゃなくてダート歴戦の馬たちなのですから、非常に価値が高い。

他にも上半期にかしわ記念と帝王賞とJPN1を連勝してこの頃はダート馬筆頭はこの馬じゃね、とも言われたメイショウハリオ。
皐月賞馬でサウジでは4着と頑張ってるジオグリフ。
一昨年のこのレースの覇者であり、G1級を3勝。今も馬券圏内を滅多と外さない連対率を誇る旧王者テーオーケインズ。
2歳チャンピオン戦であるホープフルSの覇者でありながら、皐月賞ではなくアラブのダートレースに出走し2着、と当初からダートへの適正を見込んでいたらしいドゥラメンテ産駒ドゥラエレーデ。
こっちはキタサンブラック産駒。新馬戦ではあのイクイノックスと戦い、ダート転向して以降は9戦7勝。名古屋・盛岡・金沢と地方競馬場で重賞を勝ちまくったウィルソンテソーロ。
中京競馬場では無類の強さを誇り、斤量最重量で前走シリウスSを完勝。ど迫力の走りは風格すら漂うハギノアレグリアス。
ダート転向後3戦2勝。負けたシリウスSもハギノアレグリアス相手に2着、とダートでは不利な牝馬でありながら牡馬たちを蹴散らし、牝馬対決となったJBCレディスクラシックでは女の子たちを寄せ付けずにこれまた楽勝。現砂の女王とも言うべきはアイコンテーラー。


年末の東京大賞典もダートのドリームレースと言えそうなレースになりそうですけれど、このチャンピオンズカップもまた優駿出揃った名レースとなりました。


これはもう【砂の悪魔】だ。
スタートからのレモンポップの行き足が素晴らしかった。一気にスピードに乗って軽々と大外から先頭に踊り出る。そんな無理にグイグイ行かせてるわけじゃないんですよね。スーパーカーの如く、軽くアクセル踏んだだけでトップスピードって感じでしたよ。
そこからは独壇場。ラップ見ると、通り一辺倒じゃなくてうまいこと息入れてるんですよね。坂井瑠星、これは上手いこと乗りました。直線で見事に脚残せる分溜められましたもの。
逃げたにも関わらず、上がり37.3は2位。これは他の馬追いつけませんよ。差しが届く展開じゃなかった。もう強い強い。距離不安とか全然ないじゃないですか。1400の無類の強さが1600でも1800でも全然消えない。まじかー。まさにレモンポップならぬデモンポップ。
砂の悪魔と呼びたくなる完勝でありました。
これで春のフェブラリーステークスに続いて中央ダートG1春秋同年連覇。初の1800メートル戦でのチャンピオンC勝利は初。8枠出走馬の勝利も初。初めてづくし、まさに不利な条件を実力で跳ね除けての完勝でありました。
来年またサウジかドバイに遠征する気まんまんみたいですし、いやマジで今年なんでドバイ1200出したの!? これ本当に陣営もみんな距離適性短い方って思ってたのか。

んで2着に突っ込んできたのが、12番人気のウィルソンテソーロ。この展開で追い込んできたウィルソンテソーロが凄いですよ。スイッチ入ってからの残り200で他馬をゴボウ抜き。一頭だけ36.6とぶっちぎりの上がり時計を出しています。正直この成績で12番人気は過小評価すぎない!? と思うんですけれど。前走のJBCクラシックだって5着でそこまで大負けしたわけじゃなかったのに。
鞍上がテン乗りの原優介くんだったのが人気薄だった要因だったのかな。まだ重賞も勝ったことないし、若手の中でもお世辞にも勝ってる方じゃない。新馬の頃から馴染んでいるお手馬でもなく、いきなりのテン乗りでもありましたからね。スタートもお世辞にも良くなくて、ポディションは想定よりもだいぶ後ろになってしまったんじゃないでしょうか。ウィルソンテソーロって差しじゃなくて、だいたい先行から中団前めで競馬してきた馬でしたし。
正直前が壁になりなかなか出られなかったのが功を奏した、という面も。でもこういう追い込みの競馬も出来るとわかったのは結構大きいんじゃないでしょうか。

3着はドゥラエレーデ。スタートからレモンポップに食らいつき続け、鞍上のムルザバエフが最後まで持たせました。しぶとい、実にしぶとく粘りました。最後まで内から食い下がってきたテーオーケインズを抜かせませんでしたから、根性もありますよ。これで彼の路線はダートで固定かな。
4着にはテーオーケインズ。この馬もほんと安定しているというか、どんな展開になっても必ずイイところ食い込んでくる。ただ、良いところ止まりに最近なってしまっている所が本当に強かった頃と比べると衰えてきたのかなあ、と。
5着にはメイショウハリオ。差し馬には苦しい展開で、掲示板乗っけてきたのはこの馬の地力でしょうか。

人気だったセラフィックコールはまさかの10着大敗。スタートから最後尾になってしまい、そのままズルズルと良いところなく。ただこのセラフィックコール、戦前からどうも中京競馬場合わないんじゃない? という声がけっこう上がってたんですよね。中京競馬場というよりも左回りが苦手なんじゃないか、という話で。これまでの5連勝の中で唯一左回りの東京競馬場の八王子特別だけどうもだいぶバタバタしてあかん競馬してたみたいなんですよ。これ、左回りダメなんじゃないの?と見る人けっこう居たみたいですね。あっちこっちで不安要素としてあげている人を見かけましたが、まさかここまであかんかったとは。流石に一線級相手となると、そこが明確な弱点となってしまったようで。
……東京と中京があかんって、フェブラリーステークスとチャンピオンCがダメってことじゃん!? サウジとドバイも左じゃね? こりゃ右回り路線となると、帝王賞・東京大賞典くらい? ブリーダーズカップは持ち回りで開催変わっていくんですけど、24年はデルマー競馬場? ……ここも左回り!? ちょっとこれ、大丈夫かセラフィックコール。

もう一頭の人気馬クラウンプライドは、鞍上の川田いわくパドックからレースに後ろ向きになってしまっていた、とメンタルがよろしくなかったと主張。走る気ならんかったんかい。ちょい太めでもあったのか。でも、今回はレースの捌きもいいところなかったよ、川田。インに入れる隙がなく外外を回らされる羽目になってしまった。あれじゃあ勝てん。
改めて今回は大外にも関わらず内まで持ってきた坂井瑠星の好騎乗が光る。レモンポップもべらぼうに強かったけれど、その強さをフルスペックで引き出す騎乗だったんじゃないでしょうか。よかよか。

ほんと、来年がまた楽しみですよ、レモンポップ。海外でいったいどれだけのパフォーマンスを見せてくれるのやら。