【マスカレード・コンフィデンス 詐欺師は少女と仮面仕掛けの旅をする 】  滝浪 酒利/Roitz MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス

第19回MF文庫Jライトノベル新人賞《最優秀賞》受賞作!

十二年前の革命によって、千年に渡る王と貴族たちの支配は打ち破られた。
舞台はとある大陸の国家、共和国。新時代の風潮と自由の蔓延するこの国に、一人の男がいた。
ライナス=クルーガー。架空の他人を演じる、仮面の詐欺師。
目的はただ一つ。金のため。彼は技術を高め、手口を磨き、実践して反省して改良する。ずっとそうして生きてきた小悪党はある日、一人の少女と出会う。

「あなた、嘘をついているでしょう」

彼女の名はクロニカ。
一人、旅をしているという謎の少女。貴族の血脈がもたらす超常の異能力<貴血因子(レガリア)>。
少女の左眼に宿った能力は、他者の魂(こころ)を見通し、操る魔眼。
クロニカは詐欺師に言った。今まで彼が奪った金、積み上げてきた財産を返してほしければ――自分と一緒に旅をしろと。


そして始まる二人の旅は、平穏無事とは程遠く――「騎士団」と名乗る謎の組織が、クロニカを狙って襲撃を仕掛けてくる。
二人の前に次々と立ちはだかる、異能を宿した人外の貴族たちの刺客、連続する絶体絶命の中で、クロニカは言った。
――海に行きたい。
なぜ、どうして、少女は狙われ、旅をし、海を目指すのか。
何一つ分からないまま、詐欺師は奪われた金を取り戻すため、クロニカとともに海を目指して旅をする。
そうして、とある列車での出会いから始まった二人の旅は、山を越え、街を抜け、運河を渡って海を目指す。

「はじめまして、バカな人」

様々な敵、あるいは味方との出会い。

「私、嬉しくて……これでようやく、あなたと結婚できるんだと思うと……!」

やがて明らかになるクロニカの謎。
そしてライナス自身の過去もまた、仮面の下から蘇り――。
たどり着いた夕暮れの海岸線に、二人が出会う真実とは。

旅は道連れ世は情け。
独り旅路にあった少女が、よりにもよって嘘の塊である詐欺師を道連れに選んだのはどんな理由があったのだろう。
真実を見抜く目を持つ少女にとって、嘘で塗り固めた仮面で本心を覆い隠した彼に興味を抱いたからというのは間違いではないのだろう。彼のその特性に、彼女の末路を変えてくれる可能性を見出したというのも嘘ではないはず。でもそれ以上に、彼女は孤独で寂しかった。凍えて消えてしまいそうな寂しさに、少女は縋ってしまったのだ。でも何に? 彼、詐欺師ライナス・クルーガーはまあ紛うことなきろくでなしだ。人を騙し金を巻き上げ他人の人生を損なわせる。悪党であり悪人であり、クズである。
もっとも、少女クロニカに対して彼は別に嘘八百を並べて彼女に幸せな嘘をついてあげた、なんてわけじゃない。クロニカによって嘘を暴かれ、彼の嘘の勲章である詐欺に寄って巻き上げた金の記憶を奪われて、仕方なく彼女の言うなりに付き従ったにすぎない。クロニカに対して優しい言葉でとろかそうとしたことも偽りの愛の言葉を囁いていい気分にさせよう、なんて真似もしたことがない。金を・嘘の証明を人質にされて憎まれ口と恨み言をこぼしながら、引っ張り回されていたにすぎない。
自分でもわからなくなってしまったほどのライナスという人間の根幹こそ、塗り固めた嘘の壁によってクロニカにも見通せないものになっているとはいえ、表層の嘘はなんぼでも見抜かれてしまう。だから、最初からクロニカには騙しは無駄だと諦めていたのか、彼女に対しては随分と率直に素の自分をさらけ出していたと思う。
でも、どれほどひどい目に遭いながらも、痛い目にあいながらも、死にそうな目に遭いながらも、彼はクロニカのもとから逃げ出そうとはしなかった。随分と葛藤した瞬間もあったけれど。
それだけ、彼にとってはクロニカに獲られた金の記憶が大事だったのだ。
でも、金なんて命を賭けるほどのことか? 彼の手腕なら幾らでも詐欺で大金をせしめる事が出来るだろう。そういう意味では、彼にとって金の価値とは金銭としての意味ではなかった。
プライドの問題? 彼自身はそのたぐいと思っていたようだけれど。彼にとって、詐欺に寄って奪い取った金というのは、詐欺師としての勲章、嘘つきとしての証明そのものだったわけだ。
それが失われてしまうということは、彼自身の拠り所である「嘘」まで失われてしまう。
当初はライナス自身もわかっていなかった、恐れ。それは旅が続くに連れて、クロニカと過ごす時間が増えていくに連れて少しずつ浮き彫りになり、形をなしていく。
彼が本当に恐れていたものはなんなのか。彼が詐欺師として最初に嘘で騙し、その人生を歪めてしまったのは誰なのかがわかってくる。
クロニカは、その真実を見抜く目ではなく、その心でライナスの嘘を暴きベッタリと貼り付いたそれを剥がしていく。
彼女のすべてを奪ってくれるはずの嘘つきの、本当の姿を彼女ははからずも暴き出していく。
と、同時に彼女自身がついていた嘘すらも、どんどんと繕いきれずにその姿を現していってしまうのだ。

ライナスの詐欺師としてもっとも重きをなす信条があるという。
「嘘をつくときのコツを教えよう。――真実だけを話すことだ」
嘘つき二人の旅、それは真実へと至る旅。彼と彼女の、本当の真実を見つける旅。

まあ旅情編というには、最初から最後までバトってばかりでしたけれど。
この詐欺師、口先で人をだまくらかすのが商売のくせして、ちょっと体張りすぎである。毎回ぶん殴られ切り刻まれ血まみれのゴミクズみたいになってたもんなあ。
詐欺師がバトルものの主人公みたいな戦闘戦闘戦闘って渦中で踏ん張るもんでもなかろうに。
もちろん、詐欺師らしい詐術で見事に敵をだまくらかし、劣勢を覆したり囚われの姫君のもとに颯爽と現れたり、敵の虚をつくなんて真似も見せてくれるんですけどね。
何だかんだと、敵さんの誰もが彼のその詐術によって一度は痛い目を見るんですよね。これが通じなかったのって、クロニカの従者としてのライナスじゃなくて、詐欺師ライナスをぶっ殺しに掛かってきたヨハンくらいだったんじゃないだろうか。あの人は、ライナスの小細工も詐術も一切無視して踏み越えて突貫してきたもんなあ。
正直言って、ライナスは本物のクズである。冒頭でいきなり純真な女性を結婚詐欺で騙して財産ぶんどって純血まで奪ってトンズラしている時点で救いようがないんですよね。いや、これはギルティすぎてこの主人公マジで痛い目見ないともやもやが残っちゃうぞ、と思ったものであります。
実はこれでも良いやつなんだ、という話が後から出てきても、やらかしがやらかしだけにこれは許されざるよ? とも思っていたのですけれど、だからこそのヨハンさん襲来だったのでしょう。あれで落とし前をつけられた、と考えてはいけないんだろうけれど、一応ちゃんと痛い目みたのと反省した分をちゃんとクロニカに返していたので、それで何とかギリギリ。いずれにしても、ヨハンさんが聖人すぎてその心根とクロニカの献身に救われ、彼らに許された……いや、許されてないけど、二度と繰り返さない繰り返させないと誓える禊になったんじゃないだろうか。
でも、あのヨハン編の最後のクロニカはクズ男をそれでもどうしても見捨てられないダメンズウォーカー。一番詐欺師に騙されて泣かされてそのままサクッと捨てられそうな女の子に見えちゃったんですけど。
全然甘い言葉とか掛けられてないのに、逆にクロニカの方がどんどんライナスに甘くなっていくんだもんなあ。まあ彼女の境遇考えたら一緒に居てくれるだけでも嬉しいし、何度も殺されるような目に遭いながらもついてきてくれるし、何なら身を挺して助けに来てくれたこともあるわけで。元々親しい人が誰もいなかった孤独とともに生まれ生きてきたクロニカにとっては、ライナスの存在がどうしようもないものになっていって、どんどんと溺れていってしまうのも無理ない事だったのかもしれませんけれど。
それ以上に、意図した嘘を介さずに本心を曝け出して一緒に居続けたクロニカに対して、情を抱いてしまったライナスの方も大概なのですけれど。彼は彼で自分を悪党と規定することで自分を保ってきたような男だから、クロニカのように自分の嘘が通じない相手というのは特別で、同時に亡くした姉を想起させる存在で、まさに彼の根幹を揺るがす少女だったわけだ。
自分の金のため、だったのが自分の一番大事なもの=金という認識がどんどんとクロニカ=金になっていくんですよね。随分と浅い嘘を自分につくものである。金のため金のため、クロニカの為は=金のため。それってもう、クロニカが大事って言ってるようなものなのに、自分だけにはバレない嘘。
でもそれも、自分にとって嘘が何なのかを突きつけられる内に段々と剥がれていく。自分の奥底に閉じ込めた嘘で塗りつぶされたものから、嘘が剥がれて落ちていく。
そうして嘘の奥から見えてくるのは、彼にとって不都合な真実。自分を粉々に破壊してしまう本当。
でもクロニカもライナスも、お互いの存在が自分の嘘に耐えられるだけの、嘘の奥に込められていた諦めと絶望に抗えられるだけの強さ、強い焦がれを願いを持つに至っていたのである。
それこそ、ただ傍に居させて欲しい、というささやかな大切な、願い。
ああこれって、長い旅路の果てにゴールしてみれば壮大で切ないラブストーリーだったのか。
破滅の運命に抗うと決めた、きっと救いのない旅路の果てにそれでも希望と願いを託して往こうと決めた少女と男の物語だ。
メイドさんは、ある意味そんな二人の結末にたどり着けず、独り取り残されてしまった人だからこそ、あの最後の役回りは彼女でなければならなかったのだろう。無粋な騎士団の連中などではなく。
……そういう意味ではパトリツィアお嬢様は言動のみならず存在そのものが場違いそのもので、色んな意味で面白すぎる。最初から最後まで扱いが微妙に酷いままだったのも、まあ仕方ないよなあ。

メインの二人のみならず、メイドのイヴリーンやパトリツィアお嬢様といい、最初の切り裂き魔といい、何よりあの生身で異能も持たない平民にも関わらず重装甲の戦車みたいだったヨハンといい、非常の存在感の濃いキャラクターばかりだったのも、この作品の分厚い迫力に一味与えていたような気がします。特にイヴリーンってずっとメイド服着てたけれどこいつメイドらしい要素一切なかったんじゃね? そもそも誰にも従ってないし振りでも誰のお世話もしてないし、するつもりなかったし! こんなこれっぽちもメイドしてないのに堂々とメイドのつもりでいるキャラも滅多いないですよw
敬語丁寧語すらも殆ど使わなかったもんなw