2歳 オープン (国際)牡・牝(指定) 馬齢 阪神競馬場1,600メートル(芝・右 外)

色々とこう、話題の多いレースでした。2歳という若駒に蹄引っ掛けてるくらいの幼い馬たちのレースですからね、仕方ないと言えば仕方ないのですけれど。
ともあれ、1番人気のデイリー杯を勝ったジャンタルマンタルが川田騎手騎乗で先行押し切りで勝利。
パドックの様子は井崎脩五郎さんいわくやる気ねえなあ、って感じだったらしい。確かにパドック映像を見ると2人引きにも関わらずグイグイと行く様子もなくうつむき加減で舌垂らしながらノッソノッソと歩いてる。
ところが、騎手を乗せて馬場入りした途端にピリッと引き締まった、というからよほど実戦向けの馬なのだろう。2歳の段階でこれ、というのはちょっと心配だけれど。賢すぎると、あれだもんなあ。ただ、過去の名馬でも実際走るまで全然やる気見せない馬というのは居たりするので、この馬の個性として見ておきたい。本番だけ本気出すって、カッコいいじゃないですか。
ジャンタルマンタルに関しては、騎手の乗り替わりも話題になっていた。これまでデビューから2戦乗って問題なく勝っていた鮫島克駿騎手からこのG1の舞台に挑むに当たって川田騎手に交代となってしまったのだ。これに関しては、勝負なんだから確実に勝ちにいける騎手に乗り代わるのは仕方ないという方向の意見と、ちゃんと結果出していたのに乗り替わりになるのは可哀想過ぎる、若手育成を放棄しているという方向の意見、両側が出ていて……両方ともわかるんですよね、凄くわかる。競馬は勝ってナンボですし、馬だって勝たなきゃ将来がない。馬主の社台はクラブの一口馬主のやつですから沢山いる馬主さんたちのためにもなるべく良い成績を求めないといけない。
一方でこういう無慈悲とも言える乗り替わりがむごいと感情的に感じてしまうのもまた正直なところです。こういう乗り替わりって、まあ昔からあるんですけどね。武さん全盛期なんてもう片っ端から武さんな面もありましたし、海外からの一流騎手が乗りに来ているときは、昔から現在にいたるまで外国のトップジョッキーに乗り代わっちゃいます。
ただそれにしても、そういう乗り替わりが当たり前になった今でも、今回のに関してはなあ。いやうん、私自身正直「えぇ」って思っちゃったもんなあ。川田騎手に関しては、これだけ勝っているのに、この人といえばこの馬、相棒とか愛馬みたいなのがスッと出てこないあたり、ある意味もっともプロらしい騎手なのかもしれません。近日でもエリ女でアートハウスじゃなくてハーパーに乗り替えたの、どうしても忘れられない。契約の問題とかあったのかもしれないけど。
鮫島くんのレース後コメントがまた情緒揺さぶるんだよなあ……。

ジャンタルマンタルの方の話。舞台が中山から阪神に変わって以降の朝日杯フューチュリティステークスの勝ち馬って、なかなかその後レースを勝てない馬が多い。とはいえ、ドウデュースというダービー馬が燦然と存在しているので、一概にそうは言えないし、アドマイヤマーズのようにG1いくつも勝った馬もいる。サリオスやグレナディアガーズも活躍したですしね。でもドウデュース以外はどの馬もマイル主体の馬になっていった感じである。サリオスに関しては最後まで適距離わからんかったけれど。
ジャンタルマンタルはどうだろう。クラシックも大丈夫これは大物になりそう、という意見もよく目にするが。
父のパレスマリスはアメリカのG1馬。2400のレースも勝っているので、極端に短距離向きというわけではないはず。産駒からは1600のG1馬も出していますし。
このたび、来年度から日本に輸入されて種牡馬として繋養されるそうで、ジャンタルマンタルはその魁として、産駒の看板として是非に勝っておきたい、という所もあるのでしょう。いきなりG1馬排出したら種牡馬としての評価もあがりますもんね。

2着は武豊騎乗のエコロヴァルツ。道中、ミルテンベルクあたりの煽りくって下がってしまったりと、順調ではなかったにも関わらず、最後の直線だけでものすごい脚でぶっ飛んできました。
川田騎手がはやめの追い出しのタイミングを見極めてなかったら、ジャンタルマンタルも躱されていたかもしれません。主導権握ったレースでの川田騎手のうまさはやはり特筆スべきものがあるんですよ。果たして鮫島くんがそのまま乗っていた場合、どうなっていたか。まあこればかりは実際やってみないとわからない。そして現実として、川田騎手の好騎乗が光ったレースでもあるわけで。そりゃこの人乗せたがるのもわかるんですよ。
まあ気性がコントロールしにくくて思い通りに動かせない馬となると途端に難しくなるんですけれど。あと、同じくレースをコントロールしにくくなる長距離レースとか。
エコロヴァルツ、ブラックタイド産駒としては久々にガツンと走れる馬が来たんじゃないでしょうか。G1で連対したのはキタサンブラック以来? タガノエスプレッソやマイネルフロスト、サイモンラムセスやテイエムイナズマ、フェーングロッテンなど渋くて息の長い産駒がいましたけれど、みんな脇役っぽかったからなあ。ただこの産駒は頑丈で長持ち、という印象も強いので頑張って欲しい。

3着には唯一牝馬で参戦していたタガノエルピーダが入線。牝馬なのにジュベナイルフィリーズじゃなくて朝日杯の方に参戦するの、グランアレグリアを思い起こさせますが、なんでこっちに出走したんだろう。……あ、阪神の方は除外になったのか! まだ1戦しかしてない1勝馬ですもんね。抽選外れちゃったのか。それでもこちらにあえて出てくるあたり、本気でこの馬の実力に自信があったのでしょう。レース後の団野騎手のコメント見ても、もっと行けた感あるみたいですし。
ちなみに、あのグランアレグリアも同レース3着。将来が楽しみな馬です。タガノの冠の馬ではじめてのG1馬を目指して頑張れ。

あと、もうひとつ話題になったのが2番人気の17番シュトラウスの大暴走でしょう。
出遅れから、馬自身が暴走して制御しきれず一気に先頭に躍り出てしまい、そのまま力尽きて大失速。
これに関しては、レースの結果云々はもとより2歳のまだ幼い馬でこういうレースを経験させてしまった、というのが競馬関係者からなんてレースをしちゃったんだ、というブーイングが飛び交ってる要因なんですよね。レースでの経験って、特にまだ幼い2歳の頃の数戦しか経験していない馬にとってはめちゃくちゃ大きいんですよ。ここでヘタな経験をさせてしまうと、まともにレースできなくなってしまう。言う事聞かなくなっちゃうんですよね。メイケイエールとかレッドベルオーブとかが最近ではその顕著な例でしょうか。この子らはとびっきりに才能があったので、才能だけで勝ち負けになりましたから競馬続けられましたけれど。メイケイエールなんか、凄まじい陣営の努力があったんでしょうね。最近のわりとちゃんと競馬できるようになったの、陣営の尽力の賜物ですよ。
一度こういう競馬を覚えちゃうと、それを修正するのに年単位の時間がかかってしまう。場合によってはレースに出ることすら覚束なくなる。マーカンド騎手やらかした、と言われてもこれは仕方ないよなあ。同時に、元から感度高すぎる気性ヤバいとわかっているシュトラウスに、反応鈍いタイプの馬をガシガシ追って追ってギア入れるタイプのマーカンド騎手を乗せた方もどうかって話でもあるんですよね。外国人騎手だって上手いのは前提として、それぞれ騎乗スタイルやタイプがまた違うんだから、一律海外の騎手だから、で馬との相性考えずに乗せてしまうのもどうかって事で。
そういう意味では有馬記念でディープボンドが相棒の和田竜二からマーカンド騎手に乗り代わったのは、グヌヌヌヌ、という感情もあるのですけれど、プボくん相手にマーカンド騎手は悪くない選択とも思うんですよね。
しかしシュトラウス、デビューからずっと一戦一戦違う外国人騎手乗せてるからなあ。同じ人を乗せるならともかく。