【スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました 7】  森田季節/紅緒 GAノベル

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス

300年スライムを倒し続けていたら、いつの間にか――狐耳(と尻尾)が生えてました!?

「モフモフできるお姉様が欲しい」とイタズラされたせいです…(魔王め! )
おかげで本能に逆らえなくなった私は、「油揚げ」を求めて、魔王城中を暴れ回る事になってしまうのですが――!?
ほかにも、私を転生させてくれた女神様と再会したり(感動! )、ピラミッドっぽい遺跡で、幻の古代文明を解明したりします!

巻末にベルゼブブのドタバタわーきんぐ物語
「ヒラ役人やって1500年、魔王の力で大臣にされちゃいました」も収録でお届けです! !

今回ペコラ登場回が多い。ってか魔王様全然暇そうじゃないのに、しょっちゅう遊びに来はるなあ、この人。
そしてこのシリーズ、妙にテレビのバラエティ番組ネタが多い。毎回一回以上やってないか?
実際にはやらなかったみたいだけれど、正月にやる格付けチェックが魔族の間で流行ってたみたいだし。
ベルゼブブ、三流魔族まで落ちてたのかw
この世界、魔法が存在するので映る資格無しになるとガチで視覚的に見えなくなる魔法をかけられてしまう、というのはワラタ。
そして、一編まるまる費やして描かれたのが、ローカル路線馬車の旅。
あの【ローカル路線バス乗り継ぎの旅】の異世界版であるw
たまにチャンネル回してたらやってるのを、見るとはなしに見てたなあ。
この世界ではさすがにテレビは普及していないのだけれど、代わりにドキュメンタリータッチの実録小説として人気を博しているらしく、ペコラがこれやりたい、とアズサを誘って始めた企画のお話である。まさか三人目のメンバーによりにもよってフラットルテを選ぶとは思わなかったんだけれど、この子アホで気まますぎるんだけれど、意外と実地慣れしているのと肝が太くて決断力しかないのも相まって、いい味出してたのが意外でした。ペコラさん大狂喜である。
でもこのメンツだと、歩きが健脚すぎて徒歩で山越えとかしちゃったら乗り継ぎ失敗で馬車の旅終了ってならないですよねw
三人の珍道中の後ろからヴァーニアが記録係としてついていく様子が絵面的にも面白かった。

もう一個大きなイベントとしては、ドラゴン族の中での最強を決める竜王戦にライカとフラットルテが出場するお話でした。予選の筆記で速攻脱落するフラットルテw
ってか、最強を決める大会なのに筆記試験あるのかよ!? と思ったら、競技内容がディベートだったり飛行マラソンだったり、と現地で応援してても全く盛り上がらないw マラソンで会場から選手が出ていっちゃったために、帰ってくるまでの時間会場の外に出てご飯食べて待ってる、というのが妙にリアリティあって笑ってしまった。
結局、ミスコンに最後は急遽直接戦闘対決から決勝がチェス対決になってしまい、最終的になんかホントに竜王戦みたくなったぞw
応援に来たアズサたちは盛り上がるシーンがなくてどうしたもんか、という雰囲気だったのに当のドラゴンたちはこのイベントちゃんと楽しんでご満悦っぽいのが感性の違いなのか何なのか妙に面白い。
準決勝のミスコンが終わったら決勝戦の観客がごっそりと減っちゃうのとか、だから変にリアルなんですけど。
ちゃんと年度分けて男子の部と女子の部わけて開催しているのとか。あと、会場が市民会館w

あとは、最近各地で流行りだした流行神のお話。この世界、普通に神様も居るらしく……って、そもそもアズサからしてその女神様から転生させてもらってこの世界に魔女として降り立ったわけですけどね。しかし、これまで300年実際に地上で神様にあったことはなく。このたび、やたらと胡散臭いはやりの神様の宗教団体を覗いてみよう、というお話。
いや、まじで胡散臭いを通り越して芸能事務所みたいな組織なんですけど!?
ご利益について書いてる広告が完全に怪しい通販の広告だし、なんでかポイント制だし。でも、変に会員勧誘とかしてなくて、言ってることはまともだったり、とめちゃくちゃ怪しいにもかかわらず、実態は怪しくないというなかなか混乱する居心地悪い団体なんですよね。
そして、実際に神様が訪れてくれて会場設営して行われるトークショー……説法とかじゃないのかよ。いや、説法だの法話だのというのは坊主や神父がするもので神様当柱がするもんじゃないか。でもトークショーはしない。そしてチケット販売もしない。ってかチケット代4万は高いよ! ディナーショーと考えれば相場こんなもんかもしれないけれど。芸能人じゃないのよ!?
明らかに胡散臭くて俗っぽすぎて偽物の神様臭がプンプンするイベント、にも関わらず現れたメガーメガ神はまさかの……まさか過ぎるんですけど!!?? 
そうかー、アズサ転生させた神様ですかー。なにやってんだ、この神様。しかもコンプライアンス違反で地上に左遷されたってw
神様のお話、とてもまともで善いことをしましょうという良いお話だったんですけれど、それはそれとしてやっぱり4万は高いよ!!

最後に、古代文明の遺跡に我々は向かった、という高原の魔女探検隊のお話。半分魔族が隊員でしたけれど。密林の奥に存在した謎の古代文明の遺跡。その奥に隠されていたものとは!?
これ、アズサファミリーでは古参の方な悪霊のロザリーに友達を、というお話だったのか。家族として何の違和感もなく高原の魔女の家で暮らしているロザリーだけれど、微妙に一人だけ幽霊という事で一緒に御飯食べられなかったり、と行動をともに出来ない場面も多いだけに、同じアンデットの友達が出来るというのはみんなのお母さんとしてのアズサとしても安心材料となるのか。
なんか、悪霊陛下ってインテリジェンスが高いのでファルファとの方が話盛り上がってそうなんだけど。