読んだ本の数:17冊 うち漫画:0冊

やっちまった。今年は初月から大きく出遅れてしまいました。時間的には余裕あったはずなので、もっと色々と読めたはずなんですけれど、別の作業に手を取られて全然読めなかったなあ。
ちょっと2月から巻き返していけるように意識しよう。
オススメは新シリーズ【非科学的な犯罪事件を解決するために必要なものは何ですか?】。異能犯罪捜査モノというジャンルに入るんだろうかこれ。ストーリーもドライブ感あり、登場人物魅力満載、そしてカタルシス抜群の痛快さ、とエンタメパワーが漲ってます。


★★★★★(五ツ星) 1冊

非科学的な犯罪事件を解決するために必要なものは何ですか?】  色付きカルテ/よー清水 ファミ通文庫(2024/1/30)


【非科学的な犯罪事件を解決するために必要なものは何ですか?】  色付きカルテ/よー清水 ファミ通文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス

初手からバスジャックから始まるの、いきなりこれ結構怒涛の展開でスタートするんですよね。草臥れた、しかしこの上なく誠実で正義感ある警察官と出会ってしまった元ラスボス系ポンコツ少女は、家族の安全を守るためにも異能者が起こす凶悪犯罪の解決に手を貸していく事になる。彼女の能力、精神干渉と一見何の攻撃力もない地味な力に見えるんだけど、滅茶苦茶ヤバい能力でこんなん主人公が持つ奴じゃないんですよね。しかしそれを使う燐香がポンコツというかボケナスなのがアクセントになってて非常に面白い。


★★★★☆彡(四ツ星Dash) 3冊

ほうかごがかり】  甲田 学人/potg 電撃文庫(2024/1/10)
ホラー女優が天才子役に転生しました 3 〜今度こそハリウッドを目指します!〜】  鉄箱/きのこ姫 ガガガ文庫(2024/1/18)
現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 5】  二日市とふろう/じゃいあん オーバーラップノベルス(2024/1/25)


【ほうかごがかり】  甲田 学人/potg 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス

甲田さんの暗黒メルヘン、相変わらずガチに怖すぎて泣きそうになる。この人の表現する文章からは耳が痛くなるほど静まり返った静寂が聞こえてくる。静寂の向こうから、耳を塞いでも現実がひび割れる音が聞こえてきて、本当に背筋が凍る、ビクッとなる。この学校の生徒、幾らなんでも運が悪すぎるだろう、と思ってたら全国津々浦々だった。まじかよーーっ、子供である以上逃げ場無いじゃん。小学生たちが主人公ということで少しでも甘さが介在するかと思ったら、むしろ一遍の容赦もなくて、まじで泣きそう。



【ホラー女優が天才子役に転生しました 3 〜今度こそハリウッドを目指します!〜】  鉄箱/きのこ姫 ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス

演技のシーンの上手いだけじゃない、読んでいるこっちまで作中に引きずり込まれるような描写力に圧倒され、その演技で自分だけじゃなく周りの原石達を磨き上げ、くすんだ宝石にも往年以上の輝きを取り戻させる、共演者に働きかけ見る人に訴えるホラー女優だからこその輝きに感動させられるクライマックスです!


【現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 5】  二日市とふろう/じゃいあん オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス

大人達からイラク戦争への介入を止められ、しばらく大人しく……してるのかなこれ? ともかく政治案件にはあまり首を突っ込まず、映画の出演に中学に進学と忙しく、側近のアンジェラは一条の後継社長に。そしてキーパーソン神奈水樹の登場、そしてリーマンショックの呼び水となるサブプライムローンがついに……


★★★★(四ツ星) 5冊

魔界帰りの劣等能力者 12.幻魔降ろしの儀】  たすろう/かる HJ文庫(2023/12/28)
フルメタル・パニック! Family】  賀東 招二/ 四季童子 富士見ファンタジア文庫(2024/1/19)
いつもは真面目な委員長だけどキミの彼女になれるかな?】  コイル/Nardack 電撃文庫(2023/12/8)
我輩は猫魔導師である 4 ~キジトラ・ルークの快適チート猫生活~】  猫神信仰研究会/ ハム サーガフォレスト(2023/10/13)
処刑少女の生きる道(バージンロード) 9.―星に願いを、花に祈りを― 】  佐藤真登/ニリツ GA文庫(2023/10/13)

【魔界帰りの劣等能力者 12.幻魔降ろしの儀】  たすろう/かる HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス



【フルメタル・パニック! Family】  賀東 招二/ 四季童子 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス



【いつもは真面目な委員長だけどキミの彼女になれるかな?】  コイル/Nardack 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス



【我輩は猫魔導師である 4 ~キジトラ・ルークの快適チート猫生活~】  猫神信仰研究会/ ハム サーガフォレスト

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス



【処刑少女の生きる道(バージンロード) 9.―星に願いを、花に祈りを― 】  佐藤真登/ニリツ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス





以下に、読書メーター読録と一言感想


今月のピックアップ・キャラクター


クノン (魔術師クノンは見えている)
吉野紗良 (いつもは真面目な委員長だけどキミの彼女になれるかな?)
ルーク (我輩は猫魔導師である)
メノウ (処刑少女の生きる道)
サハラ (処刑少女の生きる道)
桂華院瑠奈 (現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変)
佐取燐香 (非科学的な犯罪事件を解決するために必要なものは何ですか?)



1月の読書メーター
読んだ本の数:17
読んだページ数:5498
ナイス数:204

魔界帰りの劣等能力者 12.幻魔降ろしの儀 (HJ文庫 た 06-01-12)魔界帰りの劣等能力者 12.幻魔降ろしの儀 (HJ文庫 た 06-01-12)感想
★★★★ 祐人の秋華と琴音への修行、精神面の変革と強化を目的にしているのだけれど、これが精神論じゃなくて思いの外ロジカルで面白い。一族伝来のスキル強化の盲点と秋華個人の抱えていた問題など、両親を説得するのに十分な論を構築してるんですよね。二人の飛躍的な成長は本来なら儀式を無事に終える事が出来る段階にまで至っていたのに、敵の横槍によって無理やり失敗させられるというのは悔しいねえ。ニィナの記憶もついに戻り、英雄とも胸襟開く間柄になり、と良きにつけ悪しきにつけ中々動きの激しい回でした。
読了日:01月01日 著者:たすろう
VTuberのエンディング、買い取ります。 (ファンタジア文庫)VTuberのエンディング、買い取ります。 (ファンタジア文庫)感想
★★★☆ 全く関係ないんだが、討ち死にした主君のの菩提を弔うために召し抱えを拒否して出家する戦国の武士が思い浮かんでしまった。とは言えそこまで筋違いではないかもしれない。俗世と関わりを絶ち、推しの死の後始末を続ける彼は推しの現世に残された残滓を取り払って成仏させようとする僧侶にも見える。買い取りますだと仕事人やエージェントにも思えるけれど、やってる事はVTuber供養なんじゃないでしょうか、これ。
読了日:01月04日 著者:朝依 しると
俺の幼馴染はメインヒロインらしい。 (角川スニーカー文庫)俺の幼馴染はメインヒロインらしい。 (角川スニーカー文庫)感想
★★★ タイムリープものとしては珍しい、主人公ではなくヒロインが二周目というタイプの作品。主人公はそもそも莉里の一度目の人生には会った事もなかった人物。幼馴染となった彼の存在が、彼の表裏のないお調子者だけれど快活なキャラクターが本来辿るはずだった莉里の人生を激変させていく、というお話。とは言え、肝心の莉里は二周目にも関わらずそのアドバンテージを活かして動くという事を殆どしていない。まあ何もしなくても彩人が勝手にあれこれ変えていってくれているので動く必要がないのかもしれないが。
読了日:01月06日 著者:3pu
転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件6 (角川スニーカー文庫)転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件6 (角川スニーカー文庫)感想
★★★☆ 沙紀のイメチェンによる積極策が隼人に面白いくらい刺さってて、完全に異性として意識しはじめてるのがなかなか衝撃的。春希はまず自己肯定から出来ていなくて浴衣姿の選択も幼馴染としての絆を強調するものになってて、果たしてそれで良かったのか。同じ虚無を抱えていると認識して同類と思っていた一輝が、姫子に本物の恋をして過去を克服し前に進みだしたのを目の当たりにして余計に追い詰められ始めてるの、今のところ隼人も誰も気づいてないっぽいんだよなあ。今回は特に一輝が姫子にノックアウトされる展開で、こっちもどうなるか。
読了日:01月09日 著者:雲雀湯
ほうかごがかり (電撃文庫)ほうかごがかり (電撃文庫)感想
★★★★☆ やだーっ、もうやだーっ!! 甲田さんの暗黒メルヘン、相変わらずガチに怖すぎて泣きそうになる。この人の表現する文章からは耳が痛くなるほど静まり返った静寂が聞こえてくる。静寂の向こうから、耳を塞いでも現実がひび割れる音が聞こえてきて、本当に背筋が凍る、ビクッとなる。この学校の生徒、幾らなんでも運が悪すぎるだろう、と思ってたら全国津々浦々だった。まじかよーーっ、子供である以上逃げ場無いじゃん。小学生たちが主人公ということで少しでも甘さが介在するかと思ったら、むしろ一遍の容赦もなくて、まじで泣きそう。
読了日:01月10日 著者:甲田 学人
魔術師クノンは見えている 5 (カドカワBOOKS)魔術師クノンは見えている 5 (カドカワBOOKS)感想
★★★☆ セララフィラが速攻で魔術沼にハマっていらっしゃる。特級に合格するくらいなのだから才は余りある程あったにも関わらず、今まで魔術にそれほど関心を持っていなかった少女を寄ってたかって沼に引きずり込む悪い先輩達である。学園編、周り全員がクノンレベルの魔術バカの変態揃いなので、あれほど濃いキャラにも関わらずそれほどクノン目立ってない気がするぞ。発想の自由さと応用力の実践性など、間違いなく突出した人材なんですけど。その彼が若干埋没しているというのはそれだけこの国の魔術師、能力以上に魔術バカさがやべえです。
読了日:01月12日 著者:南野 海風
ただの門番、実は最強だと気づかない〜貴族の子弟を注意したせいで国から追放されたので、仕事の引継ぎをお願いしますね。ええ、ドラゴンや古代ゴーレムが湧いたりする、ただの下水道掃除です〜1 (一二三書房)ただの門番、実は最強だと気づかない〜貴族の子弟を注意したせいで国から追放されたので、仕事の引継ぎをお願いしますね。ええ、ドラゴンや古代ゴーレムが湧いたりする、ただの下水道掃除です〜1 (一二三書房)感想
★★★☆ 今までの今慈ムジナ作品と余りにも毛色が違いすぎてて、違う人と勘違いしてる?!とまで疑ってしまったのだけれど、中盤あたりから主人公の思い込みと勘違いネタが限界を振り切りだして、一周回ってやたら面白くなってきてしまった。ここまで来ると掛け合いの反応やテンポといいキレの鋭さといい上質のコントである。笑ってしまったもん負けである。彼の無自覚さが本人の責任ではない理由あるものだったというのも大きいかも。そういう仕掛けだったのなら仕方無いよなあ、ああいう反応も。
読了日:01月16日 著者:今慈ムジナ
創成魔法の再現者 6 新星の玉座 ‐世界を変える恋の魔法‐ (オーバーラップ文庫)創成魔法の再現者 6 新星の玉座 ‐世界を変える恋の魔法‐ (オーバーラップ文庫)感想
★★★☆ あれほど思い憎み呪った相手ですら、しかも悍ましい策略の駒として利用された結果にも関わらず、ただ一点エルメスと巡り合わせてくれたというだけで魅了を掛けられるだけの好意を持てたとか、ニィナにとってどれだけエルメスとの出会いが大切だったんだろう。エルメス好きすぎ度が限界振り切っちゃったの伝わってきちゃうじゃないですか。想像以上にニィナの恋心を燃え滾らせる運命的な展開で、これリリアーナと並ぶとんでもない双璧が誕生しちゃったと思うんですけれど、そこんところカティアさんどうするんですかカティアさん!?
読了日:01月17日 著者:みわもひ
ホラー女優が天才子役に転生しました: ~今度こそハリウッドを目指します!~ (3) (ガガガ文庫)ホラー女優が天才子役に転生しました: ~今度こそハリウッドを目指します!~ (3) (ガガガ文庫)感想
★★★★☆ 鶫さん死んじゃったお陰で人生踏み外した人ばっかりで大惨事じゃないかっ! と思いつつ読んでたんだけど玲貴さんのは鶫の責任じゃないよなあ、これ。演技のシーンの上手いだけじゃない、読んでいるこっちまで作中に引きずり込まれるような描写力に圧倒され、その演技で自分だけじゃなく周りの原石達を磨き上げ、くすんだ宝石にも往年以上の輝きを取り戻させる、共演者に働きかけ見る人に訴えるホラー女優だからこその輝きに感動した。その上でツグミとして鶫ではまた辿り着けなかった境地へと進化していく姿に魅入られました。
読了日:01月19日 著者:鉄箱
やり込んだ乙女ゲームの悪役モブですが、断罪は嫌なので真っ当に生きます3やり込んだ乙女ゲームの悪役モブですが、断罪は嫌なので真っ当に生きます3感想
★★★ ザックさん顔が邪悪過ぎる。邪妖精かなんかですか? 今回やってる事は暴れん坊将軍みたいなもので、時代劇みたいなネタでした。その流れで魔物夫妻が合流するとは思わんかったけど。案外すんなり懐いたなあ。リッドこれ父上に叱られたけどまた同じように結果が良ければいいや、という感じで繰り返しそうだなあ。反省してるつもりかもしれないけど。ファラの方もこれ母親愛情あってこその子育て方針なのはわかるけれど、子供を苦しめていた以上絶対間違いなんだよなあ。
読了日:01月20日 著者:MIZUNA
フルメタル・パニック! Family (ファンタジア文庫)フルメタル・パニック! Family (ファンタジア文庫)感想
★★★★ 夏美がナミと読むのを知った時にはマジかよ、と思ったのだけどかなめの方の提案だったのか。宗介にとって生涯苛まれるだろう傷がこういう形で癒やされた事にはグッと来てしまった。二人共気がつけば大人になってしまっていたという感覚を抱いているようで深く共感してしまった。そんな中で子供が生まれ、またかなめが大病を患って、という経験を経たってのは戦いの日々以上に、しんどい日々を乗り越えた経験なんですよね。そして今、家族みんなで暮らす日々にこぎ着けてる。それを見て、ああ二人は大人になったんだなあ、と実感した。
読了日:01月20日 著者:賀東 招二
悪役令嬢たちは揺るがない悪役令嬢たちは揺るがない感想
★★★ 平民の聖女見習いが学園に現れその無軌道な所業に学園中が引っ掻き回されるも、王太子とセラは全く揺るがず落ち着いて事態を平定する、と。他の二人の令嬢は結構揺らいでた気がするが。聖女の規範を無視した暴走は教育が行き届いていないのも問題だけど当人が全然人の話聞かない娘、というのが大きいよね。彼女が学内で人気になった理由というのは、無意識の不満や閉塞感が溜まってるんじゃないかと危惧できる。尤も聖女は信念あって固定観念価値観の打破に動いていたわけじゃないので、そうした期待を担える存在じゃなかったのだろうけど。
読了日:01月21日 著者:八月 八
いつもは真面目な委員長だけどキミの彼女になれるかな? (電撃文庫)いつもは真面目な委員長だけどキミの彼女になれるかな? (電撃文庫)感想
★★★★ うわぁ、これだけ精神的に一杯一杯だと本当にもう決壊ギリギリの限界だったんだろうな。メイド喫茶のバイトで品行方正な自分を放棄する事で何とかガス抜きしてたんだろうけど。あくまで自分独りでだと限界がある。それよりも理解者が居てくれてもう頑張れない自分を肯定してくれる許してくれる応援してくれる、昼間の自分にも寄り添ってくれる。これほど救われる事はないでしょう。母親の方も子供の事を考えてこそ、なんだけれど自分の子というフィルター越しで、紗良や陽都個人の意志を捉えていないあたりリアリティがあるなあ。
読了日:01月21日 著者:コイル
我輩は猫魔導師である〜キジトラ・ルークの快適チート猫生活〜4 (一二三書房)我輩は猫魔導師である〜キジトラ・ルークの快適チート猫生活〜4 (一二三書房)感想
★★★★ 憎悪が混じり生存を賭した骨肉の後継者争いがここまでソフトランディングどころか大団円で解決したケースって中々無いんじゃないだろうか。それもこの件に関してはルークさんそれほど介入していなくて、ほぼ当事者間で解決してるんですよね。小さい子もまだ若い連中も聡明で思慮深くて頼もしい。大人達は大人達でしっかりしてる人はホントにしっかりしてるし、ルークさんものんびり猫やれるはずである。こいつ本質絶対犬だけど。にしてもオズワルド氏がこれほど頼れる味方になるとは。この作品有能なイケオジが多すぎるw
読了日:01月22日 著者:猫神信仰研究会
処刑少女の生きる道(バージンロード)9 ―星に願いを、花に祈りを― (GA文庫)処刑少女の生きる道(バージンロード)9 ―星に願いを、花に祈りを― (GA文庫)感想
★★★★ 色々と激動の展開に読んでいるこっちもぶん回されてハラハラしっぱなしだったのですが、それはそれとしてサハラがやたらと雑な扱い受けてるのには笑ってしまった。かなりの確率で廃人になりかねない状況だったのに誰も特に心配しないし、当人も雑に無事に戻ってきちゃうし。いや、なんで特に何の影響も受けてないんだよ! 
読了日:01月27日 著者:佐藤真登
現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 5 (オーバーラップノベルスエフ)現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 5 (オーバーラップノベルスエフ)感想
★★★★☆ イラストレーター交代でやたらと濃い劇画調にすら見える画風にびっくりしたんだけれど、中の挿絵の方は普通に以前までのお嬢様のデザインで安心した。むしろなんで表紙絵だけこんな感じにしたんだろう? 作中の方は大人達からイラク戦争への介入を止められ、しばらく大人しく……してるのかなこれ? ともかく政治案件にはあまり首を突っ込まず、映画の出演に中学に進学と忙しく、側近のアンジェラは一条の後継社長に。そしてキーパーソン神奈水樹の登場、そしてリーマンショックの呼び水となるサブプライムローンがついに……
読了日:01月30日 著者:二日市とふろう
非科学的な犯罪事件を解決するために必要なものは何ですか? (ファミ通文庫)非科学的な犯罪事件を解決するために必要なものは何ですか? (ファミ通文庫)感想
★★★★★ 初手からバスジャックから始まるの、いきなりこれ結構怒涛の展開でスタートするんですよね。草臥れた、しかしこの上なく誠実で正義感ある警察官と出会ってしまった元ラスボス系ポンコツ少女は、家族の安全を守るためにも異能者が起こす凶悪犯罪の解決に手を貸していく事になる。彼女の能力、精神干渉と一見何の攻撃力もない地味な力に見えるんだけど、滅茶苦茶ヤバい能力でこんなん主人公が持つ奴じゃないんですよね。しかしそれを使う燐香がポンコツというかボケナスなのがアクセントになってて非常に面白い。
読了日:01月30日 著者:色付きカルテ

読書メーター