3歳 オープン (国際)牝(指定) 馬齢 阪神競馬場1,600メートル(芝・右 外)

スイープトウショウの孫にあたるスウィープフィートがお婆ちゃんばりのすさまじい差し脚で、他馬を一気に蹴散らしての勝利。いや、これは強いという痛快な勝ち方。
スイープトウショウはその気性の激しさがそのまま子供に伝わってしまうケースが多くて、大成する産駒が今のところ出ていないのだけれど、孫の代で重賞馬が出てきたかー。
しかも、こんな勝ち方出来るなら十分G1でも勝ち負けできるでしょう。ここで桜花賞の有力馬に名乗りをあげたと言えるんじゃないでしょうか。

このレースでは朝日杯に出走して牡馬相手に3着と、向かない展開で強いレースをしてみせたタガノエルピーダや、あのイクイノックスの妹にあたるガルサブランカ。
前走フェアリーSで不利受けて脚を余して4着だったスティールブルー。ソーダズリングやソーヴァリアントの妹となるミラビリスマジックなどの人気馬がいましたけれど、このレースに関してはものが違うところを見せられた感じ。まだまだ他の馬たちは持ってる才能を活かせるまで成長が待たれる感じかな。若い。
魅惑の魔女姫、このまま桜の冠狙います。

2着にはセキトバイーストが逃げ粘って2着。躱されてもズルズルと落ちていかず最後まで踏ん張って2着に入ったのは立派。根性ある馬ですよ。

しかしタガノエルピーダはじめ、人気馬みんな本賞金も稼げなかったので桜花賞出るの難しくなるのか。特にエルピーダは4着は痛恨だよなあ。