3歳 オープン (国際)(指定) 馬齢 阪神競馬場2,000メートル(芝・右)

このレース、もうトウカイテイオーの昔から皐月賞馬のみならずG1馬、重賞馬を輩出しているレースで、クラシックのステップレースの中でも非常に価値の高いレースだと思うのですけれど、そのわりにずっとOP特別。今はリステッド競争か。そこから重賞格上げみたいなのは全然ないんですよねえ。そういう話もないんだろうか。

ともあれ今回はミスタージーティーである。2歳時からクラシック戦線の主役候補の一角として名前があげられていたにも関わらず、ホープフルの5着はまあ仕方ないにしても、共同通信杯で馬が入れ込んでしまい7着と賞金加算も出来ず、皐月賞出走まで危ぶまれる事態になってしまっていました。
ここは実力的にも勝たなければならないところでしたが、矢作調教師もそれまで主戦を勤めていた弟子の坂井瑠星を降ろし、乗り替わりで……藤岡佑介騎手を乗せることに。
ほー、ここで藤岡くんを選びましたか。最近特に乗れているとはいえ、安易に外国人騎手やベテランどころに頼まず、藤岡くんに任せるとはちょっと予想外。
しかし、本当に最近乗れてるなあ。しっかり先行押し切りで先頭ゴールと一発回答してみせてくれました。これで先週のフィリーズレビューのエトヴプレ、先々週のチューリップ賞でのセキトバイーストの2着と3週続けてステップレースでのクラシック初戦の優先権をゲットです。
ミスタージーティー、こういうレースをちゃんと出来るなら今年の皐月賞は相当に混沌としているのでチャンスあるかもしれませんよ。


2着には6番人気だったホウオウプロサンゲが逃げ粘って滑り込み、これも皐月賞の出走権ゲット。
戦歴の中にはのちのホープフルSを勝つレガレイラに先着もしている実績もある馬ですし、元々セールで4億1000万円という同世代でも屈指の高値で取引された超良血。半兄には同じ若葉Sを勝ち皐月賞2着に入ったヴェロックスがいる血統。成長次第ではまだまだわからない馬じゃないですか?
鞍上の菱田くんは日曜日も活躍しましたし、彼も最近頑張ってるなあ。
騎手の内情よく知らないんですけど、今年に入って津村騎手とかミルコとか酒井学騎手とか、近年なかなか苦戦していた面々がかなり乗れてるんですよね。藤岡くんもそうだけど。このあたりの中堅どころが盛り返してきているのは面白いなあ。