4歳以上 オープン (国際)(指定) 定量 阪神競馬場2,000メートル(芝・右)

例年は高松宮記念とカブるドバイワールドカップデーなんですが、今年は大阪杯と被ってしまったがためにルメールや川田騎手など一線級の馬たちのみならず、騎手たちも不在となった大阪杯。
ルメさん骨折大丈夫だろうか。鎖骨や肋骨なのはこの際不幸中の幸いなのかもしれないけど。

さて大阪杯であります。去年の暮れに各世代の一線級の名馬たちが一斉に引退。残った現役最強クラスのドゥデュースにリバティアイランド、スターズオンアースといった面々も軒並みドバイの方に行っちゃって、さて残留組はというといささか小粒に思える面々ばかり。
いやね、戦歴だけ見るならば去年のダービー馬に皐月賞馬のクラシック組が出揃い、キラーアビリティというホープフルS2歳チャンピオン、ジオグリフという一昨年の皐月賞馬。スタリングローズという秋華賞馬などなどG1馬もちゃんと揃っているのですけどね。
しかし今年の4歳世代は古馬との対決成績が散々なことから世代レベルが低いんじゃないか、なんて言われている状態だし、その他のG1馬たちは近年成績が振るわず低迷中。ジオグリフはダートまで足を伸ばして回ってきた末にようやく復調の気配が見えてきた感じですけれど。
4歳馬がいまいちならこれまで君臨してきた古馬はどうなんだ、というと先述した通り超一流どころはだいたい引退しちゃったかドバイなんで、残っているのはというとG1になると壁に跳ね返されてしまうG2番長やローカル重賞を勝ってきた馬とかばかり。
古豪ステラヴェローチェは屈腱炎で1年近く休養して最近復活したばかり。まあどうしてもメンバー見渡しても小粒の印象を否めない。
大阪杯だから、というこのレースに限ったことではなく、ほんとに去年の暮れあたりで一気に大量引退しちゃったんで新世代の4歳全体が低調なこともあって、もう全体的に小粒なんですよ、今。
逆に言うと、ここで強い競馬をして見せて勝って見せれば、小粒という印象を吹き飛ばせるわけですよ。

そういう意味では、このレースで勝ったベラジオオペラはいささか不甲斐ないクラシック三冠の勝馬たちに対して、腑抜けてるようなら自分がやってやるわいっ、と一気に自分こそが世代最強だ!と主張するような競馬を見せてくれたと思いますよ、これは。
三冠レースでは振るわなかったものの、暮れあたりのレースから同世代の中で一番気を吐いていたのがこのベラジオオペラでした。チャンピオンカップでボッケリーニを下し、京都記念ではプラダリアに負けたものの展開の妙でもあり強い競馬は見せてたんですよね。
だからこそ、2番人気の評価を受けていたんじゃないでしょうか。

阪神競馬場、今週からBコースに代わり内差しが決まる馬場。天気も良好で馬場も良かったですしね。
こうなると前残り傾向にもなります。外からの差しも今日は決まっていたので、展開次第ではあったのですけれど、前目内目有利というところは間違いなかったかと。

レースはスタートで12番キラーアビリティが外によれ、16番カテドラルが内によれ、結果としてその間のエピファニーが両側から押されて挟まれた挙げ句に大きく後ろからの競馬となってしまい、ご愁傷さまでありました。
今回は明確な逃げ馬が存在しなかったのでどの馬が前に行くのか、というところも注目点の一つではあったんですけれど、まさかのスタニングローズ。
そして番手にスーッとつけたのがベラジオオペラ。オペラはこの番手への付け方のスムーズさが素晴らしかった。そしてジオグリフ、タスティエーラ、ミッキーゴージャスが内側に並び、リカンカブールが外側から3番手あたりに追走。ハーパーもジオグリフあたりの塊の外側につける。
直線抜けて1.2コーナー回って向正面に入る頃にはミッキーゴージャスが下げて、代わりにタスティエーラの後ろにプラダリアがつける感じになってて、この段階でベストポジションだったのはベラジオオペラとタスティエーラ、プラダリアも悪くない位置だったと思う。
後方につけていたローシャムパークが大外まくって一気に先行集団に加わってきたのを見たときには、こいつちょっと後ろ過ぎない?と危惧していたところだっただけに、戸崎攻めた!と思ったね。ペース的にもこれは遅いという判断だったのか。実際ここで2番手まで一気にローシャムパークが上げたことで緩みそうになったペースが上がりましたからね。ここから11秒台連発することに。
ただ必要以上にペースはあがらず、前が潰れるような展開にはならなかった。まさに戸崎の狙いすましたような位置取りチェンジである。
3.4コーナーでじわじわとソールオリエンスが位置を押し上げていってるんだけれど、いまいち手応えが鈍い。逆に中団後方で焦らずじっくりとためていた組が手応え貯まっていってるんですよね。
白眉が直線に入る最後のコーナーライン。ここで内ラチ沿いを走っていたルージュエヴァイユが最内を回りながら外に膨らまず、しかし加速しながら一気に番手を上げてるんですよね。カーブが終わった段階でいつの間には先頭集団を射程圏内に捕らえている。
逆にピタリと止まってしまったのがタスティエーラ。完全に勝ち負けのライン取りに乗っていたにも関わらず、手応えが全然なくなってるの。
お父さんのサトノクラウンが、香港勝って絶好調のときにこの大阪杯で6着で負けちゃってるんですよね。タスティエーラほどきつい止まり方はしていないんだけれど、スタミナ的にはまったく不安がないはずのクラウンがゴール前でぱたりと止まっちゃってるんですよね。次の宝塚記念で勝っていることを考えても、血統的に阪神の芝2000が合わないタイプなんだろうか。いやポディション的にもほぼ最適のところ付けてたもんなあ。
レースはスタリングローズを躱したベラジオオペラが、外から追いすがってくるローシャムパークを制してクビ差勝利。内からぐんぐん伸びてきたルージュエヴァイユがハナ差の3着。
唯一外からぶっ飛んできたのがステラヴェローチェ。ヴェローナは4角でハーパーの内に切り込むんじゃなくて外に出しちゃったんですよね。
あの瞬間、内側にはルージュエヴァイユにタスティエーラ、ジオグリフが並んでて隙間が見えなかった、というのもあるかもしれないし、スピードからしてあそこでハーパーの内側に切り込むだけの余裕がなく外に膨らまざるを得なかった、というのもあるのかもしれない。ただカーブの最終段階でルージュエヴァイユと半馬身ほどしかなかった差が、直線入ったところでは1馬身から2馬身差がついていたこと。また、ギアを入れて加速っという瞬間にソールが外によれてその分ヴェローチェも煽り食って外によろけて、立て直してから再加速と2テンポほど遅れてるんですよね。
これがなかったら4頭一団での1着争いになったかも知らん。それくらい、ヴェローチェの脚だけ最後の100メートルの勢いが違ったのでした。
長い休養のブランク明けながらも、衰えることなくエフフォーリア、シャフリヤール、タイトルホルダーのあの栄光の世代の残照をくっきり焼き付けてくれる走りでありました。
ドバイでいまだ衰え知らずに暴れまわってるシャフリヤールと並んで、この世代最後の生き残りたちは今なお輝きを弱めてなどいないですよ。
そして長らく不振が続き、ダート戦線に舞台を移すなんてこともしていたジオグリフが、前走中山記念で3着と復活の兆しを見せたと思ったら、G1でも掲示板に載る走りを見せてくれました。まだ5歳。あのイクイノックスを破った馬だというのをもう一度知らしめてほしいものです。
6着にはプラダリア。この子も内側につけてタスティエーラの後ろと隊列的にも悪くないポディションにつけていたのに、G1になると君どこで何をしてタの? となぜか存在感がなくなってしまうところはこの手薄になったメンツ相手でも変わることなく。やっぱりG2番長なんかな。
ソールオリエンスは7着。もう4角で手応え怪しかったですもんね。一定以上のスピードが持続しないというのか。息の入らない展開が苦手なんだろうか。

ともあれ、ベラジオオペラはこれで現4歳世代の筆頭格に、と言ってもいいんじゃないでしょうか。そういう風格を感じさせてくれるレースでありました。
2着のローシャムパークも、去年後半の急激に実力をあげてきた感のある連勝とオールカマーの勝利はフロックじゃなかった、というのを証明してくれるような走りっぷりでありました。
3着はルージュエヴァイユ。これは内に狙いすましてためた脚を爆発させた菅原騎手のファインプレーでもあり、牡馬ともこうして戦えた以上G1戦線で活躍好走を連発する歴戦牝馬の一角になってくれそう。
4着のステラは距離が伸びる宝塚記念がさらに期待できそう。あ、でも今年の宝塚は阪神じゃなくて京都なのか。
タスティエーラも宝塚なら巻き返しも、と思ってたんだけれど、京都競馬場となるとどうなんだ?