【彼女を奪ったイケメン美少女がなぜか俺まで狙ってくる】  福田 週人/さなだ ケイスイ 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
覚悟しておいてよ。一ヶ月でキミを落としてあげるからさ。

「やっほー、彼氏クン見てるー?」
佐久原颯太、高校一年生。初めてできた彼女は『彼女』に奪われました。
ヤツは水嶋静乃。ボーイッシュな顔立ちと高身長で「彼氏にしたい」美少女No.1。けど、なぜか俺にだけは飄々とした態度でからかってくる、憎き恋敵だ。それなのに……
「本当の狙いはキミだよ、颯太。私と付き合ってよ」
こ、こいつ、いきなり壁ドンしてきやがった! しかも「お試しで付き合う一か月間で私を好きにさせてあげる」なんて言いだしてきて……。俺は絶対お前なんかに落とされないからな!
イケメン美少女に毎日くどかれる、一方通行ラブコメ!


なにこの、寝取られ系エロ漫画の教科書みたいな導入はw 彼女を寝取った相手が女、という所から普通の寝取られものとは違っているのだけれど。
というかタイトルですよ、タイトル。凄くないですか、彼女を寝取った女がお前も自分のものにしてやるぜ、と襲ってくるんですよ。男も女もどっちもイケるからどうせならカップルごといただいてしまおうってやつですか!? 
モンスターだっ、恋愛モンスターがおる! いや恋愛じゃねえな、性的に肉食過ぎるモンスターだ! あ、いやこれがもし恋愛方向にアグレッシブが過ぎる、本当にこの主人公カップルをカップルとして欲する純愛系肉食モンスターという可能性もあるぞ。そうなると、話がぶっ飛んでえらいことになるそうだ。と、色んな意味でドキドキしながら読んでみたのですが。
そ、そうか。さすがにそんな野生のラスボスみたいなヒロインではなかったか。
そもそも、ナニカ事情があって主人公の颯太とその彼女である江奈の間に件のイケメン美少女静乃が割って入ってきたらしきことは、奪ったはずの江奈を放置して静乃がやたらと颯太にちょっかいを掛けてきた事……というよりも、江奈が静乃からほったらかしにされているようなのに静乃に構われない事に対して全く気にした様子がない事からも、なんかあるんだろうなというのは伺い知れたんですよね。
しかし、理由がさっぱりわからない。
颯太の方もこれ本当にまるで心当たりがないようで、当たり前に傷ついて落ち込んでしまっているのがかなり可哀想なのである。
これ颯太視点からなのでもしかしたら客観性に欠けるのかもしれないですけれど、少なくとも江奈の言動からは付き合い始めから、突然NTRビデオメールのテンプレかよ、というような内容の動画が送られてきて別れを告げられるまでは、仲睦まじいカップルの様相を呈していました。普通にお互い好きという気持ちを握りしめ合いながら付き合っている、初々しくも気持ちのつながった彼氏彼女に見えたんだけどなあ。
この時点で江奈から別れを切り出す理由が見えてこないんですよね。本当に恋人同士として上手く行っているように見えましたし。家の事情みたいな背景も今のところは一切ない。
じゃあ本当に心が颯太から離れてしまったのか、というとどうも別れたあとも颯太に対して微妙に意味深な態度……というかこれは、凄く気にしていて何か颯太の様子をこっそり伺っているような仕草を垣間見せているわけですよ。颯太くんは気づいてないみたいですけれど。
じゃあ、江奈が静乃に何かを頼んで、別れを告げるきっかけとなる相手役を頼んだ上に、颯太に対しても何らかの理由でアプローチしてみてくれ、みたいな依頼をしたのかな? とも考えたのですが。
それにしては、静乃の方が颯太に対して随分と本気なんですよ。態度は妙に演技臭いところはあるんですが、それがむしろ懸命さというか必死さを感じさせるところがあって、経験豊富そうな上から目線の余裕たっぷりの攻めの姿勢を見せながら、意外となんか余裕なさそうな気配も薄っすらと感じられて、その必死さに奇妙なほど颯太への本気さが垣間見える気がするのである。
ちょっと、人から頼まれてやっているような風には見えない。
じゃあ逆に考えて、これは静乃から江奈にお願いして今の状況を作ったとしたら? ……いや、それはさすがにおかしい。それだと、颯太にアプローチしたいので自分と付き合うふりをして別れてください、と静乃が江奈に頼んだことになってしまいます。さすがにそれはゲスがすぎるし、江奈が受ける意味がわからん。

それにしても、静乃さんである。イケメン美少女とあらすじでも語られていますし、作中でも同性に人気の高い、スマートで女性が困っているところにさっと助けに入ったりするので、王子様系ヒロインなキャラクターとして認知されているみたいですし、颯太に対してもそういうキャラクターで迫りつつギャップで女の子らしいところを見せて、みたいな感じで距離感を詰めていくのかなー、と思ってたのですけれど。
……導入があれ、寝取られビデオメール、みたいな入りをしたせいか、なんか静乃さん全般的にウザい系のチャラ男みたいなキャラクターになってる気がするんだが、これ本人的にもしっくり行ってるんだろうかw
颯太に対して迫ってくる態度にしても、あんまり乗り気じゃない女性にしつこく絡んで約束を取り付けて無理くり強引に距離詰めてくるチャラ男っぽいんですよね。
ナチュラルにそれをやっているかというとそうでもなくて、何とか格好つけようとしたら下手こいてチャラ男みたいになっちゃってる、みたいな感じでそこが余計に余裕の無さみたいなのを感じ取ってしまう要因の一つだったりして。
この強引すぎると言って良いくらいのアプローチに、最初邪険にしつつも断れなくなってきてしまう颯太って、かなりちょろい系男子なんじゃないだろうか。仮にも幸せだった恋人関係をぶっ壊した相手なのだから、お試しで付き合えという静乃からのアプローチに逆らいきれないどころじゃなく、もっと感情的になってしまっても不思議ではないのだけれど。
獲った相手を恨むより自分が足りてなかったんじゃないか、と悩むほうに比重が偏ってしまうあたり、颯太くんヘタレとも言えるし優しいとも言える。人の責任にして自分を顧みないよりも男の子として良いとも言えるし、もっと自分に自信を持てたら良いのにと悪いようにも思えるし、まあ総じていい子だなあとは感じる男の子なんですよね。
順調に静乃にほだされてしまうところは、やっぱりどうかと思うのですけれど。かといって、離れていった江奈に執着しすぎてしまうとそれはそれでヤバいですしねえ。未だ未練ありあり、なのは当然と思いますが。
傍目にもいいカップルでしたからねえ、江奈と颯太くんは。果たして、何がどうしてこうなってしまっているのか。
1巻ではそのあたりの謎が手がかりも見えてこず、ともあれ静乃の外見の印象と異なる儚さと女の子らしさという、それらしい素の顔を見せて颯太のなかに存在感を植え付ける、という第一段階的な進展があった、という具合ですね。
もう少し背景の事情が見えてこないことには、物語としてもどう受け止めるべきか判断し辛いところもあるだけに、何もわからない状態はもう少し取っ掛かりでも与えておいてほしくはありましたけれど。
いずれにしても、二巻以降ですね。