【【相談スレ】ワイ悪の組織の科学者ポジ、首領が理不尽すぎてしんどい】  西 基央/塩かずのこ エンターブレイン

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
誰かワイの愚痴と恋愛相談にのってくれ

日本を侵略しにきた神霊結社デルンケムと四大幹部の一人で神霊工学者のハルヴィエド・カーム・セイン。侵略を阻む正義の変身ヒロイン・ロストフェアリーズと戦いを繰り広げる中、清流のフィオナの可愛い姿に恋したハルヴィエドは彼女と敵対しつつも裏では推しとして陰から支える日々を送っていた。そんなある日、元デルンケム幹部が経営する喫茶店で学校帰りのフィオナたちと遭遇したハルヴィエド。今まで恋愛経験がなく異性との会話の仕方が分からない彼は常日頃から首領の愚痴を聞いてくれている『にゃんJ』のスレ住人達に恋愛相談するのだが……。


四大幹部なのに既に二人が組織から脱退して残ってるのハカセと猫耳忍者の二人だけな件について。
しかも本来はその四大幹部の上、組織首領の下に副首領的な統括責任者がいたのに、その人ももう組織から抜けて喫茶店のマスターになってしまっている件について。
つまり主人公のハカセ、副首領代行兼他の抜けた二人の幹部が担っていた役職も代理として引き受けている。おまけに首領は最近代替わりして、ハカセが昔から妹同然に可愛がっていた先代の娘さん。まだ小さい。なので、あんまり仕事できない。まあ先代も頭脳筋で親分肌の人誑しだったけれど考えなしの勢い任せの人だったので大体の仕事はハカセがまかなっていたご様子。
……つまり、ほぼハカセひとりのワンマン組織じゃん!

或いはワンオペ組織ともいう。

ちゃんと戦闘員という名の職員は雇っていて、最近は戦闘活動はハカセが作っている怪人や人造の戦闘員みたいなのが担っているので彼らが前に出ることは少ないらしいのだけれど、後方支援というか組織運営の方ではそれなりの規模で働いているようなので、小さい組織ってわけじゃなさそうなんですよね。
しかし、幹部はほぼハカセだけなのであらゆる仕事がハカセに回ってくる。そして、首領からの無邪気な無茶振り。
ブラックである。
でも、これをイヤイヤやっているなら辞めてしまえ、と言えるんだけれど、ハカセ好きでやっている節もあるからなあ。首領のことも本当に可愛がっていて、無茶振りに対しても愚痴りながらもわりあい嬉々として妹のわがままを聞いてあげるお兄ちゃん的に頑張っちゃってますし。
おまけに、資金不足に関しては独自にちゃんとした会社を設立してそこで稼いだ分からまかなっているし、何なら組織から離脱した面々の生活基盤を確保するために利用していたり、と勝手に仕事増やしている節もありますし。ってか連結決算でけっこうめんどいことになってそうだぞ、そのフロント企業。マネロンもせねば、というのも全部ハカセがやらんといけんし。

さすがに愚痴りたくもなるでしょう。というわけで、場末の掲示板スレッドでぜんぶぶちまけてストレス発散する悪の組織幹部の姿が。

ところでこのハカセことハルヴィエド・カーム・セイン氏は超絶美形のイケメン青年である。マジで顔だけなら逆ナンもされそうなカッコよさなんですよね。
しかし、中身はというと掲示板スレにたむろしているような連中と似たようなもの。社会不適合者の側面在り。イケメン台無しの堕落した生活態度という、実に掲示板スレの連中に共感と親愛をもたら同類項なのである。
一方で責任感が強い社畜でも在り、だめ人間に対する共感と理解も高く、けっこうポンコツで純粋なところもあり、人格的になかなか出来た人物。倫理観も高く、いや悪の組織なのに倫理観て、と思うところだけれど、対人の気遣いの丁寧さ深さに関しては頭が下がるところすらあるんですよね。
立派な人物、それでいて愛されキャラ。
そんな彼が掲示板の仲間たちに愚痴ったり、実は敵である魔法少女の一人にガチ恋してしまい、真剣に相談したりするのを、掲示板スレではやしたりしながらわりとみんなで真剣に応援する、というお話である。かつて電車男という話がありましたけれど、そして自分はそれちゃんと見たこと無いのですけれど、そっち系統の話かもしれない。
ちなみに、先代の死によって彼のカリスマで悪の組織としてまとまっていた神霊結社デルンケムは、彼の娘である新首領の穏健派への方針転換に反発して、幹部の半分以上が出ていってしまったわけですけれど、内部分裂したにも関わらず、出ていった連中と残ったハカセたちと未だに普通に凄く仲良くて、定期的に集まって飲み会したり、遊んだりしているという、なにこの……なにアットホーム?
抜けた三人ともカタギとして普通に日本の中で暮らしてますし。一番武闘派だったゴリマッチョとか、今は既婚者で子供二人いるパパさんですしねえ。
統括幹部で今は喫茶店のマスターしてる兄貴なんか、一緒に組織抜ける時ついてきた女戦闘員の女子高生と同居してるわ、同じく幹部のセクシーさんにも言い寄られて、女性陣二人でタッグ汲んでお嫁さん状態になってるわ。
わりと男みんなモテてる界隈だけに、ハカセが異性関係挙動不審になるのもわからなくはないw

いやしかしマジで全然人間関係に険悪さがないんですよね。元大幹部の兄貴がマスターやっている喫茶店の常連で普通に両方入り浸ってるし。そして何気に敵対している変身ヒロイン・ロストフェアリーズの面々も普段はこのお洒落でケーキが美味しい喫茶店の常連なのである。普通に交流してるし! 外では兄妹ということにしている残った幹部のもう一人の猫耳忍者も、ロストフェアリーズの面々と普通に学校の友だちしてるしw
全体的にギスギスしたところが全然出てこない、ほんわかアットホームで笑顔のたえないお話です。
なんかブラック企業の典型的な宣伝文句みたいだけれど、実際ハカセ的にはブラックなんだよなあ。まあ半分以上、自分でブラックにしてしまっているのは前述したとおりでありますけれど。
実のところ、組織の人望は既にハカセに集まってしまっているので、独裁をはじめても全然大丈夫そうなのだけれど、被害を出さないようにしつつそれでも先代の遺志を守って地球征服を目指す首領の方針に、ハカセ黙って従ってるんですね。被害を出さない方針は彼としても望むところだったみたいですし。おまけに、ロストフェアリーズのメンバーの一人である沙雪嬢に対しては彼自身ご執心ということもあり、双方に大きな被害が出ないように細心の注意を払って調整を行い続けているハカセ。そりゃブラック環境にもなりますて。
まあハカセもわりと迂闊でポンコツだし、ロストフェアリーズの子たちにも段々と正体バレてきちゃうわけですけれど……それまでの好青年っぷり、誠実さ、嘘をついているけれど正体以外では全然嘘つきになれず、親身になって彼女たちの悩みや問題にアドバイスしてくれたりする、というかパワーアップにもがっつり協力しているし。むしろ、悪の組織裏切ってない? というぐらい力入れて支援している気もするのだけれど。ともあれ、彼女たちの方もなんかガチで重い感情をハカセに対して抱き出しちゃうんですね。
いや、まじでクール美少女の沙雪ともうひとりの天然少女な萌が……重い女すぎるw 考え方が人との関わり方、恋愛の受け止め方がナチュラルに重い!
ただ、ハカセもこれ重たい系の人間なんで、彼女らの重い感情を重いとも感じずにがっつり噛み合って受け止めちゃってるんですよね。そりゃ、みんなの思いを組織ごとあんな抱え込んじゃってる人が重くないわけないよね。相性はバッチリ合いすぎるくらい合っちゃっているのだけれど、大丈夫なんだろうかこれ。
正体もバレ、しかしお互い立場を譲ることが出来ずに敵同士のままでいくことを受け入れあった上で、最終的には敵としてぶっ倒した上で、捕まえて自分のものにしてあげます宣言を堂々としてのけた沙雪さん、つよいです。ってか重いです。
それはそれとして普段に関しては、交際はしていないけれど友達以上の両想いイチャラブ関係は続けましょう、てな感じで普通に交流続いているのは、平和で良きカナ。