【ミリしら転生ゲーマー ~1ミリも知らないゲームの世界に転生したけど全力で原作を守護ります~ 01】 ウスバー/瑞色 来夏 エンターブレイン

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
うっかりミスから始まる予測不能な英雄譚!

怪しいメールから届いた「理想の世界への転生権」。
昔やり込んだゲーム世界に行けるなら、と生まれ変わったその先は……全く知らないゲームの世界!?

たった一文字の入力ミスから、1ミリも知らないゲームの1ミリも知らないキャラクターになってしまった僕。
必死に手がかりを調べるうちに、「ゲームの攻略に失敗すると魔王が復活して世界が滅ぶ」と気づいてしまって……。
こうなったら原作のストーリーを予想して、全てのイベントを完璧にこなすしかない!

「絶対原作守護(まも)るマン」と化した主人公がミリしらな世界で暴れまわる新感覚英雄譚、開幕!!
いやいやいや、そんな超有名ビッグタイトルとわずか一文字違うだけのゲームとか一般流通ルートで販売されます!? 絶対同人版とか海賊版とかパクリとか、そもそも同じ世界じゃない異なる次元の世界のゲームとかじゃないと訴えられるんじゃね?
でも制作会社はちゃんとした所みたいなのよね。って、世界一云々ってそれってディスガイア作ってる会社じゃ……w

というわけで、酒に酔った勢いで神様からの転生希望者へのアンケートに、熱烈な作品への思いの丈をぶちまけて送ってしまったが為に当選、ゲーム世界に転生することになってしまった主人公。
ただし泥酔していたので肝心のゲームタイトルを一文字だけ書き間違えていたがために「ミリしら」なゲーム世界へと転生してしまった主人公の、なにこれ全然知らないんですけど!? と狼狽えながらも必死に世界と自分たちの身の回りの人たちを守るために原作絶対守護るマンとして戦う日々の物語である。
でも、そもそも遵守すべき原作のシナリオを知らないのにどうやって守るの? というお話でもある。
そこはそれ、ちゃんと根拠はあって……根拠? 根拠と言えるのかはちょっと自信がないのだけれど、ゲームの内容への熱い想いを語ったアンケート答案が、タイトルが間違えているにも関わらず、神様感動した!と通ってしまったことから、元の良く知っているタイトルと内容の傾向は似ていると踏んで、ゲーム廃人らしくこういう展開ならこういうシナリオだよね、こういう環境ならこういう流れが用意されているよね、という経験からくる展開予想で原作の流れ、ストーリーラインを想定しているわけです。
その想定したストーリーラインを踏み外さないように、自分の公に見せる能力のラインや他人への手助けなど、調整を施しつつ、どんどん情に流されてあれこれと要らん事をして反省しながら、なんやかんやと原作を守って世界がヤバいなバッドエンドの大惨事を防ぐのだ、と必死こくお話である。
……うん、改めて考えて見るとやっぱり根拠らしい根拠全然ないまま、1ミリも知らないシナリオを遵守しようとしてらっしゃるわ。その思い描いている話の流れ、本当に合ってます?てなもんで。
いやまあ、そこを疑問に思ってしまうと主人公なにも動けなくなってしまうので、当人もどこかしら疑念はあるかもしれないのだけれど、そこは目をつぶって信じて突き進んでいる感じですね、あんまり余裕もなさそうですし。
だいたい、自分の立ち位置がゲームの主人公である! というのもこれ希望的観測ではなく、自分の能力や家庭環境、周囲の情勢や力関係などを鑑みたうえで、これって主人公ポディション以外のなにものでもないよね!? という危機感を抱いて判断を下しているのだけれど。
ええ〜〜? 本当でござるかぁ〜?
最近、主人公アルマくんみたいな能力や立ち位置で実は悪堕ちする悪役だったり、ライバル役だったり、中ボスラスボスになるやつだったり、というケースは多々見ているだけに、果たしてその自分が主人公という判断、合っているのかね? とほくそ笑んでしまう。
そもそも、このアルマくんが転生したゲームのジャンルが、彼が愛していた超大作RPGと同じジャンルかどうかさえ定かではないんだから。ゲームシステムなどから、そう判断しているみたいだけれど。
でも、恋愛ゲームなどでもRPG要素があったりするからなあ。ってこれアルマが本来希望していたゲームも恋愛ゲームなのか。

ともあれ、比較してその乖離が見えてくる原作ゲームシナリオがさっぱりわからんだけに、本当に手探り手探りなのが面白い。わからないのは読者側も同じなんだけれど、なんとなく雰囲気的に「これやらかしたよね?」というのがちゃんと伝わってくる描き方がされているのは、やっぱり作家さんベテランだけあってうまいよなあ、と感心するし、読んでいるこっちも何が合っていて何が原作崩壊選択なのかわからないという、その場その場のライブ感があって楽しい。素直に楽しいのである。

とりあえず、幼馴染の年下の少女に無理やりツンデレの概念を植え付けてしまい、養殖ツンレデ幼馴染にしてしまったのは、これ絶対元のキャラ崩壊してるだろw 
でも、ゲームシステムもミリしら、つまり原作知識がない状態から現地では知られていないような強化プロジェクトを本当に手探りで見つけ出していくあたり、さすがは根っからのゲーム廃人というべきか、検証勢というべきか。
あと、某石田彰似の声をしているというアルマのお兄さん。天才の名を恣にしていて、性格も温厚、そして弟のアルマとも仲が良く…そして声の通り腹黒、性格の裏表有りって、このお兄さんのポディションもわからなくて怪しさ満載なんだけれど。一応アルマとは仲が良い、どころかちょっと偏愛入ってるっぽい所も垣間見えるんだけれど、そこに負の感情が混じってるのかひたすら愛情に狂っているのかもわからないし、なにか企んでいるポディションの人なのか、純粋に助けになる強力キャラなのか、はたまた裏切るパターンなのかも、ミリしらだと何もわからなくてちょっとワクワクしてきますね。
まあ両親とも愛情通った関係ですし、変なことにはならないと思うのだけれど。

って、ラストにアルマが転生してしまったゲームの本当のタイトルとジャンル、キャッチフレーズが明かされることになったんだけれど……乙女ゲーム、そっちかーー!
つまり、アルマくんが自分が主人公だと思い込んでるのはやっぱり間違いなのか。メイン攻略対象なのね、そりゃ能力高いわ。それどころか、ジャンル自体勘違いしてシナリオをいじくりまくってしまっている以上、1ミリも原作守護れていませんよ!? 
って、これだと本来の主人公でヒロインなのってレミナさん?