【英雄と賢者の転生婚 5 ~かつての好敵手と婚約して最強夫婦になりました~】  藤木わしろ/へいろー HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
最強夫婦、時空を超えて敵地へと殴り込み!?

『英雄』ディアン率いる別世界からの侵略者たちを打ち負かし、無事に交渉のテーブルへとつかせることに成功したレイドたち。
そこで魔王となったエルリアにより滅亡の道を辿っている相手側の事情を改めて知り、さらに敵の背後には英雄レイドがかつて仕えていた皇帝ヴィティオスの存在が確認された。
かくして様々な因縁に決着をつけるべく、レイドとエルリアは時空を超えて別世界への遠征を決断!
少数精鋭での奇襲ということで人選も限られる中、何故か平凡田舎娘ミリスが選出されて――!?


これはもうミリスの独壇場、ミリス・オン・ステージだ!
以前からもう出てきて喋ってるだけで面白い田舎娘ミリスが今回はほぼ主役。つまり、全編に渡ってミリス節が炸裂しまくるという事態に。
確か、こちらとは違う時間軸を辿っていて侵略してきた未来世界に少数精鋭で乗り込んでいって逆襲を食らわそう、という敵地の真っ只中に突っ込んでいく緊迫感ある展開のはずなんだが、その未来世界で拠点として活用できそうな場所「楽園」と呼ばれる人類生存領域がどうやら異世界のミリスが初代となって残した場所らしく……異世界で自分が歴史的人物になっている事を知ったミリスが有頂天状態に。
偉大なる私、とか言い出したぞこの娘w
あくまで異世界の彼女の功績であって、今ここにいるミリスの功績でもなんでもないのだけれど、堂々と「私は全力で他人の威を借りますがねっ!!」とのたまい、それでこそミリス嬢だ、となぜか褒められるあたり、もうみんなこの娘の扱い方に習熟していることが伺えますw
やたらと自分を田舎者と定義して自己評価低いくせに、やたらと調子の乗る乱高下の激しい娘さんなのですがこの愉快なあんぽんたんの娘さんのノリに、肝心の最強夫婦は全力でノッちゃうわりとイケイケ夫婦なので、ミリスの絶好調は窘められることもなく、どんどん愉快なことに。
何しろ、今回の滞在先はミリスの末裔であるランバット一族が収めて閉鎖環境にも関わらずずっと平和を保ってきた土地、つまりわりと頭にお花畑が咲き誇ってるタイプの人達の村なので、さらに愉快なことにw
でもミリスってトラブルメーカーというよりも純粋にムードメーカーでもあり、どこが平凡な田舎娘だよ、というくらい実は天才肌であると同時に、人誑しでもあり……。
人間に完全に絶望して魔王として世界を滅ぼすことになる異世界……第一世界のエルリアに唯一友達として認められ、楽園と呼ばれるこの生存領域を託されたほどの人物ですからね。
実際、歴史的偉人なんだよなあ。ただのおもしろキャラではないのだ。でも、まず第一に重要なのが居るだけで喋ってるだけで面白いおもしろキャラなのだ。

今回はミリスが目立った立ち位置にいるから、ってわけじゃないんだろうけれど、いつもにもまして全体的にコメディのノリが強くてこれが楽しかった。いや、敵地に侵入してるという緊張感ほんとなかったんだけどね! なにしろ、この最強夫婦が本気で最強すぎて敵なしなので、むしろ何だかんだとある程度渡り合えた前回の英雄デュランがそれだけすごかったのだ、というのが伝わってくるくらいである。
だいたいレイドとエルリア、ほんと正式にお付き合いするようになってから本気で遠慮なくなってきて、シリアスな話をしていたり今後のことについて相談していたり、と真面目な場面でもなんかいつの間にか自然にいつの間にか惚気話に移行していて、イチャイチャしてるからなあ。話題のスライドがナチュラルすぎて、はっコイツラ気がついたらイチャイチャしてるぞ!? 状態だったからなあ、だいたい。
アルマ先生も、今回ちょっとデタラメじゃないの?!っという能力を解禁して、レイドとエルリアの前世の仲間たちを受肉させて呼び出す、なんて真似をしてる功績第一の活躍をしているはずなのに、なんでか呼びたしたご先祖さまたちの方が立場強くて、馬車馬のように働かされてる件w
召喚者使役者のはずなのに、一番下っ端扱いじゃないですかね。トドメに、全員呼び出すために魔力補填薬を大学の新入生歓迎会のアルハラの如くグイグイ飲まされて泣かされてましたし。
何気に今回一番かわいそうだったの、アルマ先生じゃないの?
レイドにとっては前世の主であり、因縁の相手でもある皇帝も、所詮はレイドをちゃんと遇せなかった以上小物でしかなく、狡猾に立ち回れるような器ではなかったんだよなあ。思ったよりも波乱なく、決着ついてしまいましたね。ほんと、この皇帝に関しては寄り道くらいの意味合いしかなかったのかもしれない。
それよりも、代々田舎者の鑑みたいな存在だったランバット家がえらいことになってしまう方がとんだ面白展開なんですが。
都会に憧れ上京してきたポンコツ娘の成り上がり、ってタイトルで劇場版上映してもいいんじゃないでしょうか。
にしても、どう転んでもミリスってヴィゼルとぶつかっちゃうんですね。ある意味意図あって同じ時代に生まれ変わったレイドとエルリアよりも、運命を感じさせる二人じゃないですか。
まあ今のところミリスがアレすぎて、全然色っぽい話にならなさそうなのがアレなんですがw
でもこの件のガールズトークが盛り上がってて、あのエルリアが目を輝かせてはしゃいでる姿にはほっこりでありました。