3歳以上 オープン (国際)(特指) 別定 函館競馬場1,200メートル(芝・右)

サマースプリントシリーズの開幕です。歴代の勝馬にはナムラクレアやダイアトニックなど名うてのスプリンターたちが名を連ねるレース。スプリンター戦線で戦う馬たちは夏場も積極的に出走してくるので見逃せないんですよね。

んで、今回は単勝人気を見るに二頭に人気が集まっていました。
前前走阪急杯でウインマーベルの2着。前走モルガナイトSの完勝で1200への適性をみせたアサカラキング。
そして1200では5戦4勝2着1回と圧巻の成績を残していたサトノレーヴ。5歳でこれでまだ8戦目。爪が弱かったりだったらしく、なかなかレースに使えなかったんですよね。
でもそれだけ大事に使われてきた、という事でもありようやくスプリントの最前線に参戦してきたレースとなります。

レースはアサカラキングじゃなくカイザーメランジュが先頭に立って逃げることに。アサカラキングはゲートの出自体は悪くなかったのですけれど、行き足がつかなかったですね。2番手にはつけたものの、思ったより主導権を握れず。
ペースが前半33.4の後半35.0という前傾型の流れたレースになったんですが、アサカラキングは直線途中で力尽きて脱落。あれはスタート直後に押して押して前に行く際にスタミナ使っちゃってたのか、それともサトノレーヴに躱され突き放されたことでやる気なくしてしまったのか。いずれにしても残り100も無い所から急速に失速して9着。
勝ったのは浜中騎手鞍上のサトノレーヴ。早い流れながらも3番手4番手の柵際にピタリとつけて、直線わずかに空いた隙間に体ねじ込んで一瞬で突き抜ける非常に強いと思わせる競馬をしてくれました。
あの一瞬のキレは素晴らしかったし、他馬の圧力をもろともしない根性。これは、このレース足がかりに過ぎず、どんどん上に行く馬ですよ。次走もう1回サマースプリントシリーズに使うのか、それとも秋まで空けるのかわかりませんけれど、スプリンターズS楽しみな馬が出てきました。
血統は半兄にあのハクサンムーン。無双を誇ったロードカナロアに土をつけた屈指の短距離走者で、G1を2つ3つ取ってもおかしくない実力馬だったんですよね。
ちなみにこのレーヴのお父さんがそのロードカナロア。自分を下したライバルのお母さんに種付けって競馬界ではまあまあよくある話で、先日もキタサンブラックのお母さんにドゥラメンテをつけて青葉賞勝ったシュガークンがいましたけど、なんか凄いね!

2着にはサウジ帰りのウイングレイテスト。実績ある実力馬なんだけれど、さすがに年齢も7歳。しかも海外帰りでトドメに斤量59キロ背負わされてマイナス材料てんこ盛り、近2走はいい成績残せてない、と実績上位ながら5番人気にとどまっていたのですけれど、きっちり2着に入ってくるあたり本当に強いんだなあ、この子。
3着はビッグシーザー。淀短距離勝ってオーシャンで2着、と今年こそ重賞勝ちたいんだけれど、もう一つ最後の壁を突破しきれないもどかしさがありますねえ。本来ならスプリント戦の主役の一頭になれる逸材だと思うのですが。
4着には条件戦を上がり最速を記録しつつ3連勝で駆け上がり初重賞挑戦だったサウザンサニー。あ、3歳の時にファルコンSに出て3着もぎってるのか。ずっと2着3着で勝ちきれなかったのが、ようやく勝ち方を覚えて実地の強さを身に着けた、という感じで挑戦してきましたけれど、このメンツで4着は重賞の壁に跳ね返されたとも言えるし、惜しかったとも言えるし。3着までに入っていれば、次回もっと人気集まりそうだった気もするのですが。