昔は柔道って見ていてなんだか冗長で面白くなかったんだけど、今見るとなんですかこれ、めちゃくちゃ面白いじゃないですか。
マテが掛かるのが早くなったのと、反則を取るのが厳しくなったせいか、お互いに技が出るようになっていて、これはK−1なんかより見ていて楽しいんではないだろうか。
次々に決まる技の数々は迫力を伴いつつ華麗ですらあり、いつ何が起こるかわからないドキドキ感は初期のK−1にも通じるものがある。
いやいや、柔道の視聴率が高いのは谷亮子や野村忠宏のネームバリューだけではないのかもしれない。
正直知らない外国の選手同士の試合でも面白いもん。