『カーマリー地方教会特務課の事件簿』というWEB小説をご存知でしょうか。以前、雑記でも紹介した作品で、私に一神教への考え方を一変させるほどの影響を与えてくれた、一級のファンタジー小説です。
先日、当のHP『荒野の二人』を覗いたところ、閉鎖のお知らせが。驚いて詳しい内容を見てみれば

これ

うひゃあ。マジですかー。
電撃文庫からデビューなんだそうです。
応募作品の中にカーマリーがあったのは存じていたのですけど、いやー、いやー。
はっきり言ってそこらの商用作品でも滅多に遭遇できない類の感動を受けた作品を書いていた人なので、全然おかしいことはないのですが、やっぱり驚いた。
あーあー、9月が楽しみだ。