我が聖域に開け扉〈上〉―魔術士オーフェンはぐれ旅

『魔術士オーフェンはぐれ旅 我が聖域に開け扉(上)』
 これも久々。ついに次の巻で完結だそうで。長かったけれど、終わりと言われるとちといきなりだなあと思わなくもない。もうちょっと続くものだと思ってたから。
 でも、メインの登場人物たちはある程度成長、もしくは自分なりの結論を見つけているようなので、終るのも仕方ないのかな。
 終わりの形は想像も出来ないけど、いい感じで終わる事を望むだけだ。なにより、好きなシリーズだったしね。あと、続きはお早めに。ハーティアが置いてけぼりにならなかったのは嬉しかった。