吹け、南の風〈1〉星戦の熾天使(セラフィム)

…買ったのはいいんですけど、ちょっと人様に持ってかれて読んでなかったこの作品、やっと読めました。
今回は状況展開とあとがきでも書いてありました通りで…でも、こういう前振り的展開は嫌いじゃなかったりします。『ペリペティアの福音』では最後の怒涛の展開に圧倒されましたしね。かなり期待してる作品だったりします。